ad-728





>ポルシェ911関連

一気に最先端になった2016年モデルのポルシェ911発表。動画も公開に

Pocket
LINEで送る

2016-porsche-911-facelift

ついにポルシェが2016年モデルのポルシェ911カレラを発表。
正式デビューはフランクフルト・モーターーショーですが、まずは画像と簡単なスペック、動画の公開です。

前後バンパーが変更され、それに伴いデイライトも変更。
ヘッドライトも変更を受け、内部構造が変わっていますね(デイライトはヘッドライト内部に移動しているように見える)。
面白いのはリアコンビランプで、マカンのような立体的な形状に。
今まで911のテールランプレンズの表面はずっと平坦で、「この発想はなかった」という感じですが、けっこう良いですね。

2016-porsche-911-facelift4

なおデイライトとリアブレーキランプに採用されるLEDは「4ポイント」と表現されており、ポルシェはこれから「クワッド」をひとつのキーワードにしてゆくのかもしれません。

その他外観で変わったのはドアハンドルとリアのエンジンフード。
ドアミラーはターボミラーのものと既存と同じデザインのものがあり、どちらがスタンダードになるのか不明(ターボミラーが標準で、電動可倒式ドアミラーを選ぶと従来同様になるのかも)。

PCMも予想通り変更を受けてApple Carplay、そしてアンドロイド・オート・コネクティビティ両方へ対応に(ディスプレイサイズは7インチ)。
日本仕様はどうかわかりませんが、欧州仕様のナビは劇的に改善されリアルタイムの渋滞情報を表示とあります(日本のVICSのようなものかも)。
なおこのカーナビはGoogleマップとGoogleストリートビューに対応。
これは先日発表された新型アウディTTと同じですが、ポルシェ911においては日本仕様でも採用されるのか、採用されるのであれば通信費用はどうなるのか(アウディの場合は車体購入費用に込みとなる)気になるところ。

2016-porsche-911-facelift6

内装ではほかにスマートフォントレーと充電デバイスがあるといい、この分野ではかなり遅れていたポルシェが一気に挽回してきたという印象はありますね。

機能面でも様々な進化があり、クルーズコントロールはブレーキとの統合制御が可能に。
オプションのアダプティブ・クルーズ・コントロールはコースティング(PDKのみ)も使えるようになったとのこと。
レーンチェンジアシスト、ブラインドスポットアシストも用意され、ここも一気に最先端になった感があります。

今までは快適性やドライバーアシスト、コミュニケーション/インフォテイメントシステムは二の次という印象がありましたが、もはやそれを完全に払しょくした形に。

2016-porsche-911-facelift10

スポーツクロノパッケージ刷新され、新しいステアリングホイールにはこれもアウディのドライブセレクト同様「ノーマル」「スポーツ」「スポーツプラス」「インディビジュアル」のスイッチが装着。
なおPDKには「スポーツレスポンス・ボタン」が追加され、これは文字通りレスポンスがよりシャープになる模様です(これを押すと、20秒の間、加速に最適なギアを自動でセレクト)。

オプションでは今までターボやGT3などハイパフォーマンスモデルにしか装着できなかった後輪操舵も用意されるとのことで、運動性能は飛躍的に向上していそうですね。
さらにはPASMがついに標準装備となり、VWアウディグループのほかの車同様、エンジンマネジメント、サスペンション等の統合制御が進んでいると思われます(その過程でポルシェはPASMの標準化を必須だと判断した、と捉えられる)。
ほか新しいオプションとしては、これもGT3では用意されていたフロントのリフティングシステムが911/911Sでも選択可能に。

エンジンはもちろんターボで、3リッターツインターボは911カレラで370馬力、911カレラSで420馬力を発生。
これによってPDK(スポーツクロノ装着時)では0-100キロ加速において、911カレラでは4.2秒、911カレラSでは3.9秒にそれぞれ向上。
911においてはニュルブルックリンクのタイムがこれまでよろ6秒短縮さて7分34秒に。
なお燃費は性能が向上したにも関わらず12%改善しているそうです。

発売は本国では12/12とのこと。
正直なところ思ったよりも変更の範囲が広く、とくにドライバーアシストやオプション/標準装備の拡大は衝撃的。
フェイスリフトの範囲を超えてモデルチェンジといっても良いレベルではないかと考えており、かなり魅力的なモデルとなっていますね。

気になる価格については英国において911カレラが76,412ポンド(前モデルは73,059ポンド)、911カレラSで85,857ポンド(同じく83,545ポンド)。
もちろん値上げとなっており、それぞれ4.6%、2.6%の上昇幅。
装備の充実を考えると実質値下げと考えても良いかもしれません。
おそらく数日中には日本の価格も発表されるものと思われます。

マフラーエンドに関しては中央寄り二本出しと左右4本出し両方の画像がありますが、どちらもリアのエンブレムを見ると「Carrera S」となっており、911カレラと911カレラSとでマフラーエンドの位置を変えているわけではなさそうですね。
ドアミラーともども、このあたりはちょっと気になります。
※追加公開された情報によると、スポーツエキゾーストを装着するとマフラーエンドが中央寄りになる模様

追記:早くもポルシェ・ジャパンのホームページにて新型911の情報が公開されました。

->ポルシェ911関連
-, , , ,