ad-728





>アストンマーティン(Astonmartin)

アストンマーティンCEO語る。「そもそも美しいSUVはデザイン的に無理」

2017/09/26

アストンマーティンCEO、アンディ・パーマー語るところによると、最近拡大しつつある高級SUV市場において、デザインで訴求できるようなSUVを作るのは無理、とのこと。

アストンマーティンはDBXを生産に移す予定ですが、それは「どう見てもアストン」という特徴を備え、他ブランドとの差別化が図られると言われます。
ですが、アンディ・パーマーによると「SUVの存在意義はスペースの最大化であり、それは”箱”うを意味する。箱に美しさを求めるのはそもそも無理がある」とのこと。

たしかにそれも一理あり、欧州の人々は長いバカンスをSUVで旅行することも多いと考えられ、SUVに数週間分の荷物を積み込む、ということがけっこうあるのかもしれません。

そこで、リッチな人々にどうやってアストンマーティンのSUVを買わせるのかということになりますが、そこでずいぶん頭を悩ませているようですね。

DBXは非常に美しく、このまま発売できれば差別化が図れ、それなりの販売を確保できるようには思います。
スペース効率を求める顧客はレンジローバーやメルセデス・ベンツを購入するでしょうし、すべての人々がそうではないことはBMW X6のようなクーペスタイルSUVの普及がそれを証明しているのではないか、とも考えるのですね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



->アストンマーティン(Astonmartin)
-, ,