ad-728

■その他自動車関連ニュース・ネタなど

どうなる自動運転。人間の判断や予測を越えることができるようになる?

Pocket
LINEで送る

DSC01360

最近は急激に自動運転への注目が集まっているように思います。
各メーカーが技術を先行発表したり、テスラがアップデートにて自動運転機能を追加したり、とにわかに現実味を帯びていますね。

Googleのテストにおいては、「事故はすべて他の車の(人間が)操作を誤ったことによるもので、自動運転車には非はない」としていますが、まずは自動運転車と人が運転する車が混在することが問題ともいえますね。
自動運転車は人の運転を予測できるかもしれませんが、人間が自動運転車の動きになれるまでは時間がかかりそうです。

自動運転については、自動車は各種センサーによって最適な動きをすることになり、これによって「最適な速度で」運転ができるようになるわけですね。
ポルシェは現在コーナリングのみ自動運転となる技術を開発中ですが、これは「コーナリング時に速すぎる速度で侵入してしまいブレーキを踏む」「遅すぎる速度で侵入し、アクセルを踏んで加速する/渋滞を巻き起こす」という”無駄”を排除しようというもので、スムーズなコーナリング、ひいてはそれによる交通の流れの最適化が目的です。

しかしながら、最適な速度で自動走行する車の前を「遅い(人が運転する)車」が走っていたり、急にブレーキを踏まれたたりすると自動運転車にも影響が出ますし、「最適な」速度で曲がる車(とくにポルシェ)に免許取り立ての人が運転するミニバンがついて行こうとすると事故になりかねません。

要は、自動運転車は「それだけで機能するものではない」ということですね。

ほかにも、信号停車時に前の車と距離をあけて停車し、赤信号なのにジリジリ前に進む車が前方にいた場合、同じように自動運転車がジリジリ進むのか。
横の車線で並走する車が速度を落としてこちらの前に車線変更しようとする動きを(人の経験であれば判断できるが)自動運転車は判断できるのか。
こちらが交差点で直進、対向車が右折の場合に、自分の前の車がトラックで自分がそのトラックの影に隠れて対向車から「死角」となる場合に自動運転の対向車はその「死角」を予想できるのか、という疑問はありますね。

また、走行中に目の前に猫さんが飛び出してきて、しかし急ブレーキを踏むと後続車に衝突される可能性が高い場合はどうするんだろう、とも考えます。
「障害物」と認識して急停止しようと試みるのか、追突される危険性を考慮し、動物は「人命よりも軽い」と判断して轢いてしまうのか、ということです。

「もしもこの車が自動運転だったら、コンピューターはどういった判断をするか」と考えながら走行しているとけっこう判断が難しい場面があり、現実的にはやはり自動運転の普及は「まだまだ先」になるのかもしれません。

そういったことを考えると、「シンギュラリティ問題」、人工知能が人類の知能を超えて人類がコンピューターに支配される、というのはちょっと起こりにくいようには思えますね。
むしろ、未発達なコンピューターの判断によって人命が失われる機会のほうが多そうではあります。

-■その他自動車関連ニュース・ネタなど
-, ,