ad-728



>ボクスター購入記・インプレッション・近況等 >ウラカンの仕様/インプレッション/近況

信号が変わる瞬間を知っているかのような、アイドルストップのタイミングについて

2015/11/07

Pocket
LINEで送る

DSC01206

ランボルギーニ・ウラカンにはアイドリングストップ機能が備わるのですが、これはあまり知られていません。
今やこういった車でもアイドリングストップが常識になっているのはさておき、問題はその作動のタイミング。

ウラカンは停車してすぐエンジンがストップするのではなく、停車してしばらくしたのちにエンジンがストップします。
それ自体は問題ではないのですが、赤信号で停車し、青信号に変わろうかというそのタイミングでなぜかエンジンが(アイドルストップで)停止することが多いのです。
さあスタートしようとした時にエンジンがいきなりストンと落ちることになるので、そうなるとちょっと焦ったりしますよね。
まさに「起こるべくことは起こるべくして起こる」マーフィーの法則のようですが、偶然というには出来すぎたそのタイミングにはいつも驚かされます。

一方、ポルシェ・ボクスター(981)のアイドリングストップは「車が停車するとすぐにエンジンが停止する」タイプ。
こちらは逆に赤信号で停車→エンジンストップ、その後に信号が青に変わる直前になぜかエンジンが(自動的に)再始動、というタイミングが多いですね。
ウラカンとは正反対に「信号が青に変わるタイミング」を見計らったかのように、スタートしようと考えたその瞬間にエンジンが始動するところがなんとも優等生っぽく、ウラカンとの差異が微妙に面白く感じられます。

同じアイドリングストップでもまったく性質が変わるのは興味深いですね。

->ボクスター購入記・インプレッション・近況等, >ウラカンの仕様/インプレッション/近況
-, , , ,