ad-728





>ポルシェ911関連

ポルシェ911全世代のRSモデルが集合。それぞれ走りを比較する動画

2015/11/24

名称未設定-1

よく集めたなあと思いますが、各世代のポルシェ911、しかも「RS」モデルを集めて比較する動画が登場。

1973年の2.7RS(車内のロールバーがイカツイ)、1991年の964RS(ほとんど内装がない)、1995年の993RS(これはけっこう普通。ドライバーの着ているシャツの柄が気になる)、2005年の996GT3RS、997世代のGT3RS,そして最新の991GT3RSが勢揃い。
2.7RSは非常に希少な車で、走らせるのものもったいないほどですが、しかし動画では気前よくそのポテンシャルを披露しています。

なお964RSは日産GT-R(R32)が登場した時期の車で、当時同じトルクスプリット4WD機構を持つ車としてポルシェは「959」を発表。
しかしながらその機構は「高価過ぎて一般の市販車には搭載できない」としていたわけですが、同様の機構を日産はあっさりと市販車に搭載してきており、これはかなり衝撃でしたね。
加えてツインターボという特性上、ブーストアップによるパワーアップが容易であり、当時の「速く走るならポルシェ」という常識が一気に崩れた時代でもあります。
そこで964RSの登場ですが、これは複雑な機構やパワーアップにて対抗するのではなく、「軽量化と足回りのセッティング、つまり自動車としての基本性能を追求する」方向の車であり、ここにポルシェと日産との考え方が決定的なものとなったようにぼくは考えています。

それは現代におけるポルシェ911GT3RS、日産GT-R(R35)にも見ることができ、この時代はひとつの分かれ道であったと思うのですね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



->ポルシェ911関連
-, , , ,