>BMW(ビー・エム・ダブリュー) ■自動車・バイクの購入検討/比較など

アルピナどうなん?数年落ちで1000万円の車が300万円台に

投稿日:2015/12/01 更新日:

2007

最近、けっこう中古車検索にハマっています。
以前もポルシェ996ターボ、日産GT-T、ホンダNSX、アウディR8あたりは新車価格との乖離が大きく、しかし現在でも第一級のパフォーマンスを持っており、かつちょっと乗って売ったとしてもさほど値下がりしない(損しない)んじゃないかという記事をUPしましたが、ふと「アルピナはどうなんだろう」と思った次第です。

あまりに大きな車は持て余してしまうので3シリーズベースの車両あたりになるかと考えていますが、アルピナB3 3.3リムジン(E46ベース)だと250-300万円を切るくらい(2002年)。

新しいものだとD3ビターボ(2011年)で375万円、B3ビターボ(2011年)で450万円くらい。
この相場を見る限り、300万円台でB3/D3を購入できたとして、数年乗ってもその中古相場が大きく下がるとは考えにくく、あまり損せずに売れるのではないかと考えるのですね。

アルピナといえば、見た目こそはBMWですが「アルピナ」という独立したメーカーであり、その上品なカラーやストライプ、エアロパーツが特徴。
内外装やエンジン、足回り、トランスミッションはアルピナによって改修もしくはオリジナルのものへ入れ替えられ、そのために価格はベース車の倍以上。
B3だと新車価格で1000万円程度の車であり、それが数年経っただけで300万円台になるというのはお得としか言いようがありません。

なおアルピナの生産台数のうち20%は日本で販売されており、日本はアルピナの人気が非常に高く、つまり年式が低くなったとしても価値が「ゼロになる」事はありえないわけです。

300万円台でも中古車としては高価ですが、アルピナの上質な内外装や走り、その価値を考えると「安すぎる」とも考えられ、一度手を出してもいいかもしれない、と考えているのですね。

アルピナは知名度こそ高くはありませんが、「アルピナに乗っている」という人にはちょっと一目置いてしまいますし、「あの」アルピナにこの価格で乗れる、というのはちょっと驚きでもあります。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

こちらもどうぞ。人気記事

1

| 乗ってゆくクルマでディーラーの対応は間違いなく変わる | 高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、 ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

フロントバンパーレス、悪魔のZっぽい インテリアのカスタムで知られるVilnerがフェアレディZの内外装をカスタムして公開。なんとも魅力的なボディカラーを持つフェアレディZですが、この個体にはちょっと ...

4

「オレ、ランボルギーニ買うわ」 (一般的な収入の人が)そう言ったときの、奥さんもしくは彼女さんの反応はほぼ一様だと思うんですよね。 あきれたり、「絶対無理」と一蹴されるよりも先に、結婚前だと「あたしと ...

5

ランボルギーニ・アヴェンタドールSの購入を検討開始。 ぼくはガヤルド、ウラカンと二台ランボルギーニを乗り継いだ割にはV12モデルには疎く、その標準装備やオプションについてはほとんど無知。 まずは見積も ...

->BMW(ビー・エム・ダブリュー), ■自動車・バイクの購入検討/比較など
-, , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.