ad-728





>アウディ(Audi) >ベントレー(Bentley) >VW(フォルクスワーゲン/Volkswagen) >その他ポルシェ関連/ニュース

これはマズい。最悪の場合、VWはランボルギーニを売却か

2017/09/01


b1e7ce0d-s

VWはディーゼル不正問題に絡み、そのリコール費用20億ユーロを複数銀行から借り入れることになりますが、その返済期限は1年、とのこと。

もしこの返済ができそうにない場合、VWはベントレー、ランボルギーニ、ドゥカティを売却する可能性があるとロイターが指摘しています(ロイターだけに信ぴょう性は高い)。

ベントレー、ランボルギーニともVWアウディグループ入りしたのちにそのスケールメリットや技術を活かした製品開発が可能となり、おかげで安定した業績を残しているわけですが、そのぶん「高く売れる」ということなのかもしれません。

一方ポルシェは現在の「ドル箱」であることに間違いなく、そのために他を切り捨ててでも残しておきたいのでしょうね。

VWアウディグループはこれまでブランドを買収することはあっても放出することは(たぶん)無く、またランボルギーニはデザインハウス「イタルデザイン」の株式をほぼすべて保有しておりVWアウディグループのデザインに大きな影響を持っていることや、カーボンの製造設備を持っていること(そしてVWアウディはこれをグループ全体に波及させたいこと)を考えると、売却はまさに「非常手段」なのでしょうね。

また、いったん売却してしまうと今度はランボルギーニ、ベントレー、ドゥカティが「敵」にまわることになるわけで、直接アウディとランボルギーニとは競合しないものの、売却した後にランボルギーニを購入した会社がいまや「ほぼアウディ」となったランボルギーニの技術を手にすることは自社のテクノロジー流出を意味し、その意味でもやはり売却は現実的ではないだろう、と考えます。
とくにBMWがランボルギーニを購入したりすると、アウディの持つ車体制御技術や4WD技術、アルミやカーボンに関するノウハウが全部BMWに漏れることにはなりますね。

これはベントレーにも言えることで、ベントレーはVWアウディグループの他ブランドと重複しない車種構成をもち、また利益率の非常に高いブランドであるためにVWアウディグループへの貢献度も高く、やはり「売りたくはない」と考えられます。

関連投稿
2013年におけるポルシェ1台あたりの利益は232万円、ランボルギーニは52万円



->アウディ(Audi), >ベントレー(Bentley), >VW(フォルクスワーゲン/Volkswagen), >その他ポルシェ関連/ニュース
-, , ,