>マツダ(MAZDA)

マツダ「マツダ3のマツダスピード版を作るだけの技術は既にある。だがやらない」。しかしボクがマツスピ版を必要だと思うワケ

| ハイパフォーマンスカーはひとつの「夢」であり、「夢」を持たない自動車メーカーにはついて行けない | 近年のマツダに対する評価は非常に高く、とくにそのデザイン言語、内装のフィニッシュ、高い環境性能を持つエンジンについては国内外から称賛の声が上がるほど。ただ、その高い評価と販売とはシンクロしないようで、2019年3月期においては前期比で43.3%の減益を記録しています。ただ、これは2018年4月~2019年3月の数字なので、マツダ3はじめとする新しい世代の製品群へと切り替わるにつれ、その内容も評価に連動し ...

ReadMore

>日産/インフィニティ(Infinity)

デザインがGT-Rっぽくなった新型日産スカイライン発表。伝統の丸4灯テールランプが復活し、スカイライン史上最強の「400R」も登場

| 日産はGT-Rのイメージ、スカイラインという資産を積極活用することにしたようだ | 日産が新型スカイラインを発表。キャッチコピーは「これが、未来だ。」。そして「未来」という言葉を採用しているとおり、最大のウリは日産の誇る先進運転支援技術の最新バージョン「プロパイロット2.0」の搭載。そしてこのプロパイロット2.0は「同一車線内でのハンズオフ」、つまりステアリングホイールから手を離すことが可能です。日産によると「プロパイロット 2.0は、高速道路の本線走行中、ドライバーが常に前方に注意して道路・交通・車 ...

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

トヨタがハイパーカー投入、レース参戦の意図を語る。「人を育てる」「モータースポーツで儲ける」。その割にはル・マン優勝を大々的に広告しないナゾ

| トヨタだけではなく、ホンダも「モータースポーツ色」を市販車販売の現場に反映したくない? | 東洋経済にて、「トヨタが超高級「スーパーカー」を投入する意味」という記事が掲載に。これはつまり、トヨタはなぜ「GRスーパースポーツ」という高価なクルマを発売するのか、という内容です。一般に、自動車メーカーはモータースポーツ活動を縮小する傾向にあり、スポーツカーもそのラインアップから縮小もしくは消してゆくというトレンドに逆行しているのでは?という問題提起でもありますね。

ReadMore

>シボレー(CHEVROLET) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

新型コルベットの愛称が「スティングレイ」となること、そしてロゴが正式発表。日本だと「スティングレイ」はスズキの商標なのでコルベットはこれを使用不可

| アメリカのスティングレイは”マッスルカー”、日本のスティングレーは”軽自動車” | シボレーが新型C8コルベットのペットネームが「スティングレイ」となることを公式に発表し、あわせてそのロゴも公開。コルベットに「スティングレイ(Sting Ray=アカエイ)」という名称が用いられたのはC2(第二世代)からですが、これはコルベットの主要開発メンバーであったビル・ミッチエル氏が釣りを好んでいたためだと言われています(シボレーからは公式に由来が示されていない)。なお、ビル・ミッチェル氏そしてマイク・シノダ氏両 ...

ReadMore

>マクラーレン(McLaren) >BMW(ビー・エム・ダブリュー)

マクラーレンF1のV12エンジンを載せたBMW M5ワゴンが存在していた!おそらくは世界で最も高額なエンジンスワップ

| 想像通り、一瞬でクラッシュし今は存在してない | 驚くべきことに、かつてBMWは「マクラーレンF1のV12エンジンを積んだM5エステート(ワゴン)」を試作していた、という事実が明らかに(画像のM5はまた別のM5。該当のM5は一瞬で事故ってしまって資料が残っていない)。これはカーメディア「Collecting cars」のポッドキャストにて判明したもので、クリス・ハリス氏、そして前マクラーレンの役員であるデビッド・クラーク氏が語った内容だとされ、「まず間違いない」と考えて良さそうですね。 こちらもオスス ...

ReadMore

>フェラーリ(Ferrari)

フェラーリのワンオフモデルを注文できるのは上位250人のVIPのみ。価格は3億円から、それでも納車されるまでには「5年待ち」

| ワンオフモデル製作依頼は増加傾向 | 現在フェラーリの車種構成について、F8トリブートや812スーパーファストが該当する「SPORT」、そしてGTC4 Lusso/GTC4 Lusso T、ポルトフィーノで構成される「GT」、先日発表された「モンツァSP1/SP2」等の超限定モデルをリリースしてゆく「ICONA」、488ピスタのようなスペシャルモデルが核となる「スペシャルシリーズ」で成り立っていますが、それ以外に「フォーリ・セリエ」つまりシリーズ外と呼ばれるワンオフモデルが存在します。※販売比率でいう ...

ReadMore

■新型車情報/スパイフォト/噂など >BMW(ビー・エム・ダブリュー)

やっぱり5シリーズもキドニーグリルが大きくなるようだ。フェイスリフト版BMW 5シリーズの試作車が目撃される

| 3シリーズ以上、7シリーズ未満のサイズになるのは覚悟しておいたほうがいい | 新型BMW 5シリーズ(フェイスリフト/マイナーチェンジモデル)のスパイフォトが登場。先日は「新型5シリーズワゴン(ツーリング)」のプロトタイプが目撃されていますが、セダン、ツーリング揃ってのフェイスリフトとなりそうですね。なお、今回の5シリーズ・セダンのプロトタイプのドアには「ハイブリッド・テスト・ビークル」というステッカーが貼られており、現行の「530e」よりもさらにハイパワーな「545e」ではないか、とも見られています ...

ReadMore

>フェラーリ(Ferrari) ■ニュース

【動画】フェラーリF90ストラダーレのレビュー動画登場!その細部は488ピスタと大きく共通し、「さらに磨きがかけられている」!

| フェラーリは一貫してその方向性を見失わない | 先日発表され、大きな衝撃を世に与えたフェラーリの「1000馬力級」ニューモデル、SF90ストラダーレ。その機能についてはすでに詳細が公開されているものの、今回トップギアが改めて実車を紹介しています。なお、現在のところSF90ストラダーレについては市販モデルの生産がはじまっていないと思われ、この車両はプリプロダクションモデルなのかもしれませんね(そのためか試乗は行っていない)。 こちらもオススメ、関連投稿意外と出てくるのが遅かったな。「スープラ・シューティ ...

ReadMore

>ポルシェ911関連 >アルファロメオ/フィアット/アバルト(Alferomeo/FIAT/ABARTH) >フェラーリ(Ferrari) >ミニ(MINI) >ロールスロイス(Rolls-Royce) ■その他自動車関連ニュース・ネタなど

3人衆の中ではもっとも穏やかなジェームズ・メイ。これまではこんなクルマに乗ってきた

| ざっと見る限り、信頼性が高くシンプルで、かつ数字よりも「感覚的な楽しさ」を重視するようだ | これまでにも「ジェレミー・クラークソンの所有車」「リチャード・ハモンドの所有車」をお届けしましたが、今回は「ジェームズ・メイの所有車」。旧トップギア、現グランド・ツアーのホストを務める3名の中ではもっとも(ずば抜けて)性格が穏やかで、運転も慎重なため「キャプテン・スロー」と呼ばれることも。最近はDrivetribeの公開する動画の中で、自身のクルマに対する想いを語っていますね。 ジェレミー・クラークソンはこん ...

ReadMore

>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) >スバル(SUBARU)

【動画】ドバイ発!スズキ・ジムニーを「メルセデス・ベンツ純正パーツを使用して」Gクラスのレプリカにしてしまうキットが150万円で登場

|今まで登場したキットの中ではもっともGクラスに近い仕上がり | ドバイのカーパーツメーカー、「ファスト・カー・サービス」がスズキ・ジムニーをメルセデス・ベンツGクラス(AMG G63)のレプリカに仕上げるキットを公開。このキットの中にはフロントバンパー、フロントフード、ラジエターガード、前後オーバーフェンダー、ドアミラー、サイドステップ、リアバンパーそしてランプ類が含まれるようですね。 なお、これは先日ドバイで目撃された「Gクラスコンバージョン」を装着した2台のジムニーの「片方」だと思われます。 いった ...

ReadMore



>ランボルギーニの限定車関連 >ランボルギーニ・アヴェンタドール関連

【まとめ】どんなものがある?ランボルギーニ・アヴェンタドールSVのチューン/カスタム

投稿日:2015/12/25 更新日:

ランボルギーニ・アヴェンタドールSVのチューニングメニューが登場。ホイールはカーボン

Wheelsandmore-Lamborghini-Aventador-SV-1

Wheelsandmoreより、ランボルギーニ・アヴェンタドールSV向けのチューニング・プログラムが登場。

そもそもノーマル状態でも750馬力を発生する車ですが、これにバルブコントロール付きエキゾーストシステムを装着し、ECUも同時に書き換えて800馬力を達成。
これによって0-100キロ加速は2.7秒に向上。

特筆すべきはカーボンファイバー製のホイール(デザインは2タイプ)で、これによって1輪あたり2キロの軽量化を達成している、とのこと。
足回りの軽量化は運動能力の向上に対し非常に有効であり、かつもともと高性能なホイールを装着している車から更に2キロも削るのは難しく、そういった意味でもこのカーボン製ホイールはなかなか良さそうですね。

なお画像を見る限りではセンターロック対応ではなく、ノーマルハブ用のようです。

Wheelsandmore-Lamborghini-Aventador-SV-6

Wheelsandmore-Lamborghini-Aventador-SV-2

Wheelsandmore-Lamborghini-Aventador-SV-4








ビバリーヒルズにて、美しくカスタムされたランボルギーニ・アヴェンタドールSV

ビバリーヒルズにて目撃されたランボルギーニ・アヴェンタドールSV。
ポルシェ918スパイダーの「アシッドグリーン」のようなボディカラーですが、ドアミラーや前後スポイラーに同色ラインが入り、まるで元からこういった仕様であるかのように決まっています。

なおセンターロックホイールのキャップ部もボディカラー同色ですが、元はこの部分はアルマイトなので、ここも塗装しているのかもしれませんね。
タイヤにはホワイトでレターが入りますが、これは現在北米では大人気のカスタムであるようです。

アヴェンタドールSVをチップと触媒でチューン。42馬力向上に成功したチューナー現る

Mcchip-DKRがランボルギーニ・アヴァンタドールSVをチューン。
内容としてはチップ、そしてスポーツ触媒となっていますが、これによって792馬力、と実に42馬力もパワーアップ。
もともとハイチューンされているエンジンでもあり、しかも自然吸気エンジンからこれだけの馬力をひだすのは容易ではありませんが、なかなかの成果と言えますね。

チューニング内容についてはシャシーダイナモによるパワー測定のみであり、実際に0-100キロ加速を試してはいないようですが、もともと0-100キロを2.8秒で加速する車ですし、そこまで速くならなくとも「十分」なレベルではあります。

今回のアップグレードは「レベル2(ということは将来的にもっと高度なものが出る?)」とのことで、コストは約150万円ほど。
けして安くはありませんが、触媒を交換するのにはかなり手間がかかりそうで、「仕方のない」部分もあるのでしょうね。

なお外観に関しては一切手を加えていないものの、そこがまた「本気っぽくて」好感が持てます。
以下、意外と珍しいアヴェンタドールをバラした写真。

社外ホイールを装着した2台のアヴェンタドールSV。同デザインでセンターロック、通常固定式

PURデザインがランボルギーニ・アヴェンタドール用のホイールをリリースしていますが、今回SR AUTOがそのホイールを二台のアヴェンタドールSVにインストール。
ブラックの方は通常の5穴を持つホイールで、ホワイトのアヴェンタドールSVに装着されるのはセンターロック式ホイール。

現在センターロック式ホイールをプッシュしているのは主にVWアウディグループで、ポルシェ911GT系(ポルシェはカレラGTの段階で市販モデルに採用している)、ランボルギーニ・アヴェンタドール/ウラカンに用意がありますね。

センターロックホイールの特徴としてはセンターが出やすい、軽量、回転バランスに優れる等ありますが、市販車においてそのメリットがどれだけ体感できるのかは興味のあるところ(ぼくはセンターロック式ホイールを装着する車は運転したことがない)。

back-to-back-lamborghini-yaventador-sv-twins-sport-pur-wheels_2a

アド・ペルソナムでカスタムされたアヴェンタドールSV販売中。マットホワイト

13872660_1183093738401215_3063901276033687941_n

ただでさえ貴重なランボルギーニ・アヴェンタドーruLP750-4SV(スーパーヴェローチェ)ですが、そのアヴェンタドールSVをランボルギーニのパーソナリゼーション・プログラム、「アド・ペルソナム」でカスタムした車両。

ランボルギーニ・ニューポートビーチにて展示されているものですが、Aピラーとルーフはマット仕上げのカーボンファイバー。
さらにはレッドの「SV」ロゴ(オフィシャルフォトには標準のように付与されているものの実際はオプション)、そしてグロス仕上げのカーボン製エンジンカバーやマットグレーのサイドスカートも装着。

内装においてもグロス仕上げカーボンを用いたメーターパネル等各部カーボン化がなされていますね。

けっこうイケてる。ラッピングでカスタムされたアヴェンタドールLP750-4SVが目撃

ただでさえイカツいルックスのランボルギーニ・アヴェンタドールLP750-4スーパーヴェローチェですが、さらにイエローのラッピングをプラスした個体。
ドア部分にマットブラックのライン、リアディフューザーのエッジにはイエローのラインが入っていますが、よりコントラストが強くなって力強く見えますね。

NovitecがアヴェンタドールSV向けチューニングメニュー公開。出力は36馬力アップ

ノヴィテックによるランボルギーニのチューニングメニュー、「Torado」よりアヴェンタドールLP750-4スーパーヴェローチェ用が登場。
エキゾースト・システムとエンジンマネージメントを変更することで36馬力を獲得し、786馬力にまでパワーアップ。

外装に関してはもともとアグレッシブなものを持っているということもあって変更は最小限にとどまり、インテークなどがカーボン製に交換されています。
ホイールはVossenとのパートナーシップによって作られたものでセンターロック製。
これらパーツは標準のアヴェンタドールにも装着可能、とのこと。

南アフリカにて納車第一号のアヴェンタドールSV。Armytrixのエキゾースト装着

Aventador SV South Africa4

南アフリカにおけるアヴェンタドールSVの納車第一号。
Armytrixのチタン・エキゾーストシステムを装着し、ただでさえ軽量なアヴェンタドールをさらに23キロ軽量化。

さらにはルーフをブラック化し、フロントスポイラーやリアディフューザーにはレッドのアクセントが入るなど細かく手が入っています。

リアウイングには大きな「Lamborghini」のロゴ。

Aventador SV South Africa20

Cピラーには装着しているパーツやスポンサーのロゴがあります。
リアフェンダー上にはオプションの「SV」ロゴも。

Aventador SV South Africa22

奥にはウラカン。
グロスブラックのボディカラーにマットブラックでサイドステップとルーフをラッピングしており、ルーフにはアヴェンタドール・ピレリ・エディションのようなラインが入っているようですね。
タイヤにはレッドのレタリングが見えます。

Aventador SV South Africa19

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう




  • この記事を書いた人
  • 最新記事

JUN

新しいモノ、テクノロジー好き。「クルマ好き」に分類されるはずだが、一般にはそれを隠して生きている。クルマだと軽自動車、スーパーカー、電気自動車まで興味を広く持つ。どんなクルマにも作られた人の魂が込められていると信じていて、そのため「よりデザイナーが情熱を注いだであろう」珍車がとくに好き。座右の銘は「情熱と愛情さえあればなんとかなる」。職業は(それが職業と言えるならば)投資家、ブロガー。 現在は複数カーメディアにて記事を連載中。

こちらもどうぞ。人気記事

1

| 乗ってゆくクルマでディーラーの対応は間違いなく変わる | 高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、 ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

| レクサスLFAの相場はちょっと下降気味? | ちょっと前までは非常に高いプライスタグを提げていた、レクサスLFAの中古相場がやや下がり気味。6000万円くらいを記録していた時期もありますが、それが ...

4

フロントバンパーレス、悪魔のZっぽい インテリアのカスタムで知られるVilnerがフェアレディZの内外装をカスタムして公開。なんとも魅力的なボディカラーを持つフェアレディZですが、この個体にはちょっと ...

5

「オレ、ランボルギーニ買うわ」 (一般的な収入の人が)そう言ったときの、奥さんもしくは彼女さんの反応はほぼ一様だと思うんですよね。 あきれたり、「絶対無理」と一蹴されるよりも先に、結婚前だと「あたしと ...

6

ランボルギーニ・アヴェンタドールSの購入を検討開始。 ぼくはガヤルド、ウラカンと二台ランボルギーニを乗り継いだ割にはV12モデルには疎く、その標準装備やオプションについてはほとんど無知。 まずは見積も ...

7

一定以上から増えた年収は「余剰金」のようなものだ 収入について、ふと思うことが。 例えば、年収400万円から倍の年収800万円になったとして、使えるお金が倍ではなく「それ以上」になる、ということ。 一 ...

8

フェラーリ売却価格が高く、はある意味「もっとも割安な」車なのかもしれない 世の中には残価設定ローンというものがあり、ぼくはこれが大好きです。たとえば1000万円の車を購入する際、3年ローンで残価が50 ...

9

高額な腕時計(どれくらいから”高額”なのかは人によって意見が分かれるのでここではあえて触れない)をしていると周囲の反応が変わる、ということはよく聞きますよね。 レストランやホテルでの待遇が良くなったと ...

10

| フェラーリ=速い、という印象があるが | 「速い」と思われたものの、実際はそんなに速くなかった車ベスト(ワースト)8が公開に。その順位は下記の通りですが、フェラーリが8車種のうち2つ、ポルシェが1 ...

->ランボルギーニの限定車関連, >ランボルギーニ・アヴェンタドール関連
-, , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.