>マツダ(MAZDA) ■ニュース

【動画】ロータリーエンジンはこう作動する!3DプリンタでマツダRX-7のエンジンを製作し、わかりやすく解説

ロータリーエンジンほどメリットとデメリットが顕著なエンジンもそうそうない いつもためになる動画を公開してくれるユーチューバー、Engeneering Explained氏。今回はロータリエーンジンを3Dプリンタで再現し、その構造を紹介してくれています。 なお、このロータリーエンジンはマツダRX-7に積まれる13Bをそのまま1/3サイズにスケールダウンしたもの。 同氏は以前にも、スバルに搭載される水平対向エンジンを3Dプリンタにて製作し、そのメリットを解説していますね。 水平対向エンジンと直列エンジンのメリ ...

ReadMore

>ポルシェ・ケイマン関連 ■新型車情報/スパイフォト/噂など ■ニュース

【動画】ポルシェ718ケイマン”T”のプロトタイプが走行中。このサウンドはやはりNAではなくターボエンジン?

718ケイマンTは2〜2.5リッターターボエンジン搭載というウワサだが ポルシェ718ケイマンTと見られるプロトタイプがニュルブルクリンクを走行中。718ケイマンTは、サーキットにフォーカスしたモデルといえども「ケイマンGT4」ほどハードコアではなく、パワーよりも「ハンドリングに特化した」と考えられるモデル。 ポルシェからはまだ何のアナウンスもありませんが、エンジンは2.5もしくは2リッターターボ採用にて360馬力を発生し、ケイマンSに比較して30キロほど軽量化される、というウワサ。 この記事のあとによく ...

ReadMore

>アウディ(Audi)

0-100キロ加速2秒!アウディPB18 e-tron市販化に向けてアウディ幹部が動き始める

| アウディPB 18 r-tron市販の可能性がわずかながら浮上 | アウディのエクステリアディナー統括責任者、アンドレアス・ミント氏が英国Autocarに語ったところでは、ペブルビーチにて公開したコンセプトカー「PB18 e-tron」の市販化に向け、現在本社に強力に働きかけている、とのこと。 なおPB18 e-tronの大きな特徴はインテリアにあり、ステアリングコラムとシート、その他操作系が一緒になったユニットが右に左にと動き、つまり「右ハンドルにも、左ハンドルにも、センターハンドルにも」なる、とい ...

ReadMore

>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) ■ニュース

ブラバスが新型メルセデス・ベンツAクラスのカスタム「B25」公開。ベースはAMGではなくA250、これはいいかも

| ブラバスがなぜかメルセデスAMG A35ではなくA250をチューンした | ブラバス(BRABUS)がメルセデス・ベンツA250のチューニングプログラム「B25」を発表。 AMGモデルの”A35”ではなく、通常ラインのA250をベースとしたところがミソとなっています。 エンジンはブラバスの「PowerXtra」パッケージによってノーマルの224馬力から46馬力アップの270馬力となり、0-100キロ加速は5.9秒、最高速度は時速250キロをマーク。 なおメルセデスAMG A35は306馬力、0-100 ...

ReadMore

■近況について ■服や小物、時計、雑貨など ■ニュース

「セイコー×ジウジアーロ」復刻腕時計を買ってみた!イタ車乗りには「イタリアンカラー」バージョンだ!

| 予約していたセイコー・ジウジアーロがやってきた | さて、先日”19年ぶり”に復刻されると紹介した「セイコー×ジウジアーロ」デジタル腕時計ですが、予約していた”エストネーション”モデルが早速やってきたので紹介したいと思います(セイコー本体が販売するものに比較すると発売が1ヶ月近く遅く、おそらくはセイコーがオリジナルモデルとの競合を避けるためにデリバリーを遅らせたのだと思われる)。 このセイコー×ジウジアーロはもともと35年前に「スピードマスター」として発売されたものですが、その後商標の関係か「スピード ...

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) >ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA) >マツダ(MAZDA) >韓国の自動車メーカー ■ニュース

【統計】最も壊れにくいのはトヨタ、修理費が最も安いのはマツダ。疑惑の韓国勢も上位にランクイン

故障のカウントはチェックランプベース。韓国車はチェックランプが簡単に点かないのか 今回、「CarMD」が各メーカーの自動車に発生するトラブル(エンジンチェックランプの点灯回数をカウント)をまとめ、かつ修理コストについて統計をとった結果を発表。これは1996年式から2018年式までの560万台を調査した大々的なもので、その母数を考えるとけっこう「アテにしていい」データかもしれません。 こちらもオススメ、関連投稿2018年品質調査。韓国勢が1-3位独占、もっとも改善したのはマツダ、一番信頼できるクルマはポルシ ...

ReadMore

>ポルシェ911関連 ■新型車情報/スパイフォト/噂など

新型ポルシェ911カブリオレには蛍光っぽいグリーンも追加?新しい形状のヘッドライトも

ポルシェは1990年代風の明るいボディカラーを復活させる? さて、すでに新型ポルシェ911カレラSが発表されていますが、続々とそのバリエーションがテスト中。これまでにも911カブリオレ、911ターボ、911GT3といったバリエーションが目撃される中、今回はそのうちの911カブリオレ、しかし「これまでに無い「新ボディカラー」を身にまとったプロトタイプが激写されることに。 そのボディカラーはなんと「蛍光グリーンっぽい」明るい緑で、マカンに採用された「マンバグリーンメタリック」も驚きではあるものの、このグリーン ...

ReadMore

>ポルシェ911関連 ■ニュース

ニュル最速、ポルシェ911GT2RS「MR」の価格が公開。7秒を削るのに1226万円の「MRキット」装着が必要

「標準の」911GT2RSは3656万円、つまり合計で4882万円 現在、ニュルブルクリンクの「王座」争いはランボルギーニとポルシェによって行われており、まず2017年に、2013年以来王座にあったポルシェ918スパイダーの記録(6:57.00)を、ランボルギーニが「ウラカン・ペルフォルマンテ」で更新(6:52.01)。するとその直後にポルシェが「911GT2 RS」にてさらにタイムを短縮し(6:47.03)、さらにランボルギーニは6:44.97にてこれを破ることとなっています。そして問題は「その後」で、 ...

ReadMore

>フォード(FORD) >ランボルギーニ・ガヤルド関連 ■ニュース

まさかの「ランボルギーニをマスタングに」改造したクルマ。見た目はFR、実はミドシップ

ポルシェ911ターボのパーツも使用、この仕上げは驚くべきレベル アメリカンマッスルカーとイタリアンスーパースポーツとは「パフォーマンスは似ていても」その性質は大きく異なり、それぞれにファンが付いている、という状況かと思います。そしてイタリアンスーパースポーツにはミドシップが多く、アメリカンマッスルにはFRが多いようにも思いますが、なんと今回登場するのは「その両方」をかけあわせてしまったクルマ。 こちらもオススメ、関連投稿これまで見たカスタム・マスタングの中でNo.1。英国空軍モチーフのマスタングGTが登場 ...

ReadMore

>フェラーリ(Ferrari) ■ニュース

フェラーリはパーツだけでもやっぱりフェラーリ!399台が限定販売されたエンツォフェラーリのエンジン単体が4100万円で販売中

フェラーリのパーツは「腐っても(腐ってないけど)」鯛。どんな状態でも最高の価値を発揮する ebayにて、エンツォフェラーリ(2003)のエンジン単体が販売中。6リッター自然吸気V12、出力は650馬力というスペックですが、販売者の掲げる即決価格はなんと「4100万円」。フェラーリ812スーパーファストの新車価格が3910万円ということを考えると「異常」とも言える価格設定とも考えられそう。 ただ、エンツォフェラーリは現在3億円近い価格で取引されるクルマでもあり、その価格を考えると、クルマの中でも大きな価値を ...

ReadMore



>ミッションE/タイカン関連 >その他ポルシェ関連/ニュース

ポルシェの工員「ミッションE生産のためなら給与が減っても構わない」

更新日:

2015-PorscheMissionE-02

VWディーゼル不正問題のためにグループ全体において経済危機に陥っており、アウディのいくつかの車種(オフロード版TTなど)は計画が押し戻されるなど新車攻勢にも影響が出ています。








それはポルシェにとっても例外ではなく、しかしポルシェはVWアウディグループにとってはドル箱であるためここに頼りたいところですが、「新車を出したいがその費用を捻出できない」のが問題。

そこでポルシェは工場の工員と話し合いを持ち、労働時間を引き上げる(相対的に所得は減る)ことで合意。
ポルシェは毎年調子の良い時に臨時ボーナスを気前よく払ってきたので、その恩返しということなのかもしれませんね。
また、これまで投入してきた新型車が好調であり、ミッションE投入によって業績が好転すればさらに臨時ボーナスも増えるだろうと容易に想像できる環境があったためかもしれません。

いずれにせよ、ポルシェ社員の忠誠心は非常に高い、ということですね。

関連投稿:ポルシェ「ミッションEコンセプト」市販へ。2020年登場予定

ポルシェの最新コンセプトカー、ミッションEが生産される模様。
2020年に市販が開始されるとのことですが、完全EVとなり、ポルシェEV時代の幕開けとなりそうです。

ミッションEコンセプトは2015年のフランクフルト・モーターショーで発表。
600馬力、0-100キロ加速が3.5秒というポルシェらしいパフォーマンスを持ち、そのうえ4ドアで大人が4人乗れる、というパッケージング。
さらには15分でバッテリー容量の85%までチャージでき、4輪駆動、4輪操舵というかなり未来っぽい車です。

パっと見たところデザイン学校の学生がデザインしたような奇異なルックスですが、パナメーラっぽいフロントバンパー、クワッドLED採用のヘッドライト、918スパイダーや911カレラ、ボクスターやケイマンにも通じる段差付きリアデッキ、内装ではマカン/918スパイダー風のステアリング/センターコンソール、としっかり「ポルシェ」していますね。

関連投稿:ポルシェはミッションE開発のため社員を増強。2010年比で社員数は倍に

ポルシェがミッションEコンセプトの市販化に向けてさらに人員を強化。
すでに1000名を採用する予定を公表していますが、IT技術者100名を含む400名を追加採用する見込み。

なおポルシェでは2010年に比較して社員数が倍の26,200人に。
この増加にあたっては実に毎年14万人もの応募から選ぶこととなった、とのこと。

人員の増加に加えてポルシェはミッションEのために7億ユーロの投資を行っており、これらは工場や塗装用施設も含んでいるそうです。

ミッションE市販モデルの開発は好調で、2020年には生産に移せる見込みですが、現時点では掲げているターゲットである「600馬力、0-100キロ加速3.5秒位内」を達成できる目算が高いようです。
コードネームは「J1」で、プラットフォームはEV用に新設計されたものを使用し、航続可能距離は531キロ。
専用の「ポルシェ・ターボ・チャージング・システム」を採用し、15分でバッテリーの80%(これで400キロ走れる)まで充電できるという実用性の高さもウリのひとつ。

走行性能や実用性を考えると「最高レベル」のEVとなることは間違いなく、あとは「価格」がどれくらいになるのかが気になるところですね。


関連投稿:ポルシェの新型EVのコードネームは「J1」。登場は2020年か

ポルシェがEVの開発に本格着手し、「J1」というコードネームにて開発中。
登場は2020年とされ、新しく開発されたプラットフォームを採用すると言われます。

このプラットフォームがEV専用のものであるのか、はたまたグループ内のサルーン間で共有するものであるのかは不明。
EV開発においてはポルシェ内で1000人以上の雇用をもたらし、1兆円規模の投資によって経済への貢献が考えられており、非常に期待のかかるプロジェクトとなっています。

現時点でこのJ1のスペックは不明ですが、およそミッションEコンセプトに準ずるものと思われ、2個のモーターは合計600馬力を発生し航続可能距離は530キロ、0-100キロ加速は3.5秒程度ということになりますね。
なお15分でバッテリーの80%まで充電できるとされており、充電システムも既存のものとは異なる可能性も大きそうです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



->ミッションE/タイカン関連, >その他ポルシェ関連/ニュース
-,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.