ad-728





>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) >AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) >日産/インフィニティ(Infinity) >BMW(ビー・エム・ダブリュー) ■自動車・バイクの購入検討/比較など

なぜ画像で見ると輸入車の内装は国産よりダサく、実際に目で見るとその逆なのか

2016/12/22

Lexus-RC_F_Sport_1

画像だけを見ると国産車の内装はイケていて、輸入車の内装はチープなように思えます。
しかしながら実際に車に乗ってみると、輸入車の内装の方が高級に感じることのほうが圧倒的に多いわけです。

それはなぜか?と思い理由などを考えてみることに。
まず上の画像はレクサス(RC)のもの。

こちらはトヨタ・ハリアー。

harrier_in011

こちらはBMW。

03_l

これはメルセデス・ベンツ。

2014-s-class-reveal-live-24-1368967735

主観の差はあるかと思いますが、たしかに画像で見ると国産車のほうが豪華に見えますね。
よくネット上では輸入車の内装がチープと言われますが、それもわかるような気がします。

ただ、実際に輸入車と国産車を乗り比べると、”実際の見た目”の質感については”画像で見た時”と逆に輸入車のほうが高い、とぼくは感じるのですね。
それはなぜかと考えるのですが、第一には素材の質感によるところが大きい、と考えています。
ダッシュボードやレザー部分についてですが、輸入車は「艶がない」、国産車は「微妙な艶がある」ところがその差だと考えており、国産車の微妙な艶がなんとなく安っぽさを感じさせるのではないかと思います。
※画像だと輸入車の内装において「艶が無い」のが、逆により一層地味に見せるのかもしれない

同時にダッシュボードなどの「シボ」の深さも輸入車の場合はけっこう深く、つまりはダッシュボードやドア内張りの貼り材が「分厚い」と言えますね。
これはBMW i3の内装ですが、けっこうシボが深く細かい柄となっています。

DSC05020

これに加え、各パーツの立体感もかなり大きな要素なのではと思うのですね。
レクサスRCだと、たとえば(デザイン上意図したものであることは理解できますが)①の部分は平面、②の部分のパネルの厚みも均一、③の部分のスイッチパネルやスイッチも平面、という感じです。
さらにはシフトレバーのあるパネル、ダッシュボード上面もけっこう平坦ですね。

Lexus-RC_F_Sport_61

これが輸入車だと比較的抑揚のある構成となっていて、いわゆる三次曲面を使用している場合が多くあります。
これはBMW i8ですが、平坦なところやパネルの厚みが均一な部分はあまり無いんですよね。

これが視覚的に抑揚を感じさせ、面が変化することで高級感を感じさせるのでは無いかと思わけです。

ca83eda0

なおこちらはBMW i3のシフトレバー(ステアリングコラム上にある)ですが、シルバーのパーツを見て欲しいと思います。
これは連続するパーツですが、①の部分と②の部分の幅や盛り上がりの角度が異なるのがわかると思います。
ですが、日本のメーカーがこのパーツをデザインしたと仮定すると、①も②も同じ幅と高さになると思うのですね。
こういったシンプルなパーツにこそデザイン力の差が現れると思われ、日本のメーカーはシンプルなデザイン、というのがどうも苦手なのかもしれません。

DSC05022

なおバブル期とそのちょっと後にはけっこう優れた内装の国産車があり、ユーノス・コスモ、二代目トヨタ・ソアラは素晴らしい内装でしたね。
なお同世代でもあるスバル・アルシオーネSVXスバルが高級車を作り慣れてい無いこともあり、価格に見合わ無い内装がちょっと残念であったと思います。

さらには「高級車」だけではなく低価格車においても輸入車と日本車はけっこう差があり、たとえば低価格帯(現地では)に位置するシトロエンC4カクタスの内装はこちら。
使用する素材やシートの切り返しがなかなか効果的で、安さを感じさせないデザインだと思います(シトロエンはこの内装はかなりコストダウンを行ったと発言している)。
※日本のメーカーは「安くてデザイン性に優れる」ものを作るのが苦手で、安いものをつくるとやすいなりのデザインになるのかも。それは文房具屋雑貨でも同じかもしれない

citroen-c4-cactus-3

こちらはフィアット500。
ダッシュボードとスイッチパネルの交差、シートの切り返しなどはかなり秀逸だと思います。

こちらは日産キューブ。
かなりいい線を行っていると思いますが、フランス車、イタリア車には負けるかもしれません。

017_o

ちなみにおしなべて輸入車の内装が優れる、国産車の内装が劣るというわけではなく、BMWやメルセデス・ベンツはエントリークラスの内装がかなりプアだと思います。
ミニは造形こそこだわっていますが、質感という点では(現在の価格帯を考えると)ちょっと物足りないようには感じますね。
ポルシェはその価格帯を考えると物足りないように思いますし、そう考えるとドイツ勢は質実剛健すぎるのかもしれません。
なおアメリカ車も日本での価格を考えるとちょっと内装はキツいかもですね。

日本車においても優れた内装の車は多々存在しますが、上述の通り、樹脂パーツやレザーの光沢を抑えたりシボを深くするだけでもずいぶん質感が向上するのに、と考えたりします。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



->トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS), >AMG/メルセデス(Mercedes-Benz), >日産/インフィニティ(Infinity), >BMW(ビー・エム・ダブリュー), ■自動車・バイクの購入検討/比較など
-, , , , , ,