ad-728





>その他イタリア車 >その他の国の車

マヒンドラがピニンファリーナ・デザインにてプレミアムカーへ進出か

2017/07/24

MAHINDRA-00

ピニンファリーナを買収したインドのマヒンドラが、ピニンファリーナ・デザインのプレムアムカーをインド市場へ投入したい意向。

これはデリーにて開催されているオート・エキスポにてマヒンドラがロイターに語った内容とのことで、インドという土地柄を考慮してスポーツカーではなくSUVを想定しているようです。

ただしピニンファリーナというネームバリューだけでは成功は約束されているとは言えず(だからこそ破産の危機に陥ったわけですが)、マヒンドラがどういった戦略を立てているのかは不明。
マヒンドラはピニンファリーナの独立性を維持して今後もこれまでと同様に他社のデザインを引き受ける方向ですが、これもまた茨の道かもしれませんね。

関連投稿:マヒンドラによるピニンファリーナの買収計画が最終段階に。年内には完了

2008-595109pininfarina-sintesi

インドのマヒンドラ&マヒンドラによるピニンファリーナの買収計画がついに最終段階に。
一度は出資銀行の承認が下りずに頓挫した計画ですが、かんとか実現しそうですね。

なおピニンファリーナの負債の肩代わりを入れると200億円程度が必要となるそうで、ピニンファリーナはここ10年以上にわたり黒字化したことがないそうです。

ピニンファリーナはフェラーリのデザインで有名ですが、フェラーリですら救済の手を差し伸べなかったところを見るとその価値はあまり高くないのかもしれない、と考えたりします(だからこそ10年以上も赤字)。

そのような状況においてマヒンドラがピニンファリーナをどう立て直すのかは興味のあるところで、デザイン力を買って自社製品のデザインを中心に担当させるのか、もしくは積極的に営業活動を行い他者のデザインも引き受けるのか、どういった戦略を取るのでしょうね。
おそらくは後者と思われますが、現在においてピニンファリーナのネームバリューにおいて、200億円の元が取れるのかについても注目の集まるところです。


関連投稿:マヒンドラ&マヒンドラがピニンファリーナを買収予定。とりあえず消滅は免れる

2015-564396-sem-dx7

ベルトーネは買い手がつかず消滅の憂き目にあいましたが、ピニンファリーナはマヒンドラ&マヒンドラが買い取ることで決着がつきそう、というニュース。

数週間のうちには最終の調整が終わり買収の発表があるようですが、とりあえず存続が決まり良かった、と思います。

インドの会社が由緒あるメーカー(ピニンファリーナはカロッツェリアですが)を買収した例としてはタタがジャガー・ランドローバーを購入したケースがありますが、インドの会社はビジネスが非常に上手で、それらブランドの資産を活かす形で運営しており(中国企業はローバーの買収の例など、自身の色に染めてしまうケースが多い)、ピニンファリーナもマヒンドラ&マヒンドラの豊富な資金を得て今まで以上に素晴らしいデザインができるかもしれませんね。

なおピニンファリーナは中国の自動車メーカーのデザインも手がけており、直近のピニンファリーナの仕事は中国車「DX7(画像)」となります。

関連投稿:マヒンドラ&マヒンドラがピニンファリーナ買収間近との報道

Pininfarina

ピニンファリーナを買収しようとしていたマヒンドラ&マヒンドラですが、いったんは銀行から資金が下りずに買収を断念したものの、ここへきて再度買収の話が出ているようです。

どうやら水面下で買収の話を進めており、それが合意間近とされているという話ですが、これがうまく行くとピニンファリーナは存続ができることになり、タタのもとで持ち直したジャガーやランドローバーのように、うまく今までの資産を活用して生き残ることができるかもしれませんね。

なおフェラーリとピニンファリーナは密接な関係にありますが、ピニンファリーナがインドの会社になってしまうと、なんとなく妙な雰囲気ですね(フェラーリはピニンファリーナを助けなかったところを見ても今後関係を持つことはなさそうですが)。

関連投稿:マヒンドラがピニンファリーナを買収か。実現すると大変なことになる予感

1177409741885278744

ロイターによると、インドのマヒンドラ&マヒンドラがピニンファリーナを買収する意向とのこと。
両者の話し合いはすでに数週間前から持たれており、ほぼ合意と報じられています。

マヒンドラは韓国のサンヨンをすでに買収しており、プジョーのモーターサイクル部門も取得予定。
さらにはサーブの親会社も買収する意向と言われ、そして今回のピニンファリーナと続きます。

もしもマヒンドラによるピニンファリーナの買収が実現すると、「世界一醜い車」と言われたサンヨンのあの車をピニンファリーナのものとにデザインする、ということもありうるということですね。

そうなると今後はフェラーリのデザインを担当しない可能性も出てきますが、現在フェラーリはデザインのインハウス化を進めているので(フェラーリ488GTBはインハウス)問題はないのかもしれません。
VWアウディによるジウジアーロの買収のように、フェラーリがピニンファリーナを買収すればいいのに、と思いますがフェラーリにはフェラーリの意向があるのでしょうね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



->その他イタリア車, >その他の国の車
-,