■近況について ■服や小物、時計、雑貨など ■ニュース

「セイコー×ジウジアーロ」復刻腕時計を買ってみた!イタ車乗りには「イタリアンカラー」バージョンだ!

| 予約していたセイコー・ジウジアーロがやってきた | さて、先日”19年ぶり”に復刻されると紹介した「セイコー×ジウジアーロ」デジタル腕時計ですが、予約していた”エストネーション”モデルが早速やってきたので紹介したいと思います(セイコー本体が販売するものに比較すると発売が1ヶ月近く遅く、おそらくはセイコーがオリジナルモデルとの競合を避けるためにデリバリーを遅らせたのだと思われる)。 このセイコー×ジウジアーロはもともと35年前に「スピードマスター」として発売されたものですが、その後商標の関係か「スピード ...

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) >ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA) >マツダ(MAZDA) >韓国の自動車メーカー ■ニュース

【統計】最も壊れにくいのはトヨタ、修理費が最も安いのはマツダ。疑惑の韓国勢も上位にランクイン

故障のカウントはチェックランプベース。韓国車はチェックランプが簡単に点かないのか 今回、「CarMD」が各メーカーの自動車に発生するトラブル(エンジンチェックランプの点灯回数をカウント)をまとめ、かつ修理コストについて統計をとった結果を発表。これは1996年式から2018年式までの560万台を調査した大々的なもので、その母数を考えるとけっこう「アテにしていい」データかもしれません。 こちらもオススメ、関連投稿2018年品質調査。韓国勢が1-3位独占、もっとも改善したのはマツダ、一番信頼できるクルマはポルシ ...

ReadMore

>ポルシェ911関連 ■新型車情報/スパイフォト/噂など

新型ポルシェ911カブリオレには蛍光っぽいグリーンも追加?新しい形状のヘッドライトも

ポルシェは1990年代風の明るいボディカラーを復活させる? さて、すでに新型ポルシェ911カレラSが発表されていますが、続々とそのバリエーションがテスト中。これまでにも911カブリオレ、911ターボ、911GT3といったバリエーションが目撃される中、今回はそのうちの911カブリオレ、しかし「これまでに無い「新ボディカラー」を身にまとったプロトタイプが激写されることに。 そのボディカラーはなんと「蛍光グリーンっぽい」明るい緑で、マカンに採用された「マンバグリーンメタリック」も驚きではあるものの、このグリーン ...

ReadMore

>ポルシェ911関連 ■ニュース

ニュル最速、ポルシェ911GT2RS「MR」の価格が公開。7秒を削るのに1226万円の「MRキット」装着が必要

「標準の」911GT2RSは3656万円、つまり合計で4882万円 現在、ニュルブルクリンクの「王座」争いはランボルギーニとポルシェによって行われており、まず2017年に、2013年以来王座にあったポルシェ918スパイダーの記録(6:57.00)を、ランボルギーニが「ウラカン・ペルフォルマンテ」で更新(6:52.01)。するとその直後にポルシェが「911GT2 RS」にてさらにタイムを短縮し(6:47.03)、さらにランボルギーニは6:44.97にてこれを破ることとなっています。そして問題は「その後」で、 ...

ReadMore

>フォード(FORD) >ランボルギーニ・ガヤルド関連 ■ニュース

まさかの「ランボルギーニをマスタングに」改造したクルマ。見た目はFR、実はミドシップ

ポルシェ911ターボのパーツも使用、この仕上げは驚くべきレベル アメリカンマッスルカーとイタリアンスーパースポーツとは「パフォーマンスは似ていても」その性質は大きく異なり、それぞれにファンが付いている、という状況かと思います。そしてイタリアンスーパースポーツにはミドシップが多く、アメリカンマッスルにはFRが多いようにも思いますが、なんと今回登場するのは「その両方」をかけあわせてしまったクルマ。 こちらもオススメ、関連投稿これまで見たカスタム・マスタングの中でNo.1。英国空軍モチーフのマスタングGTが登場 ...

ReadMore

>フェラーリ(Ferrari) ■ニュース

フェラーリはパーツだけでもやっぱりフェラーリ!399台が限定販売されたエンツォフェラーリのエンジン単体が4100万円で販売中

フェラーリのパーツは「腐っても(腐ってないけど)」鯛。どんな状態でも最高の価値を発揮する ebayにて、エンツォフェラーリ(2003)のエンジン単体が販売中。6リッター自然吸気V12、出力は650馬力というスペックですが、販売者の掲げる即決価格はなんと「4100万円」。フェラーリ812スーパーファストの新車価格が3910万円ということを考えると「異常」とも言える価格設定とも考えられそう。 ただ、エンツォフェラーリは現在3億円近い価格で取引されるクルマでもあり、その価格を考えると、クルマの中でも大きな価値を ...

ReadMore

■近況について ■服や小物、時計、雑貨など ■ニュース

こんなものを買った。ナイキのテックパックダウンベスト、テックフリース ジョガー

ナイキは誕生月には15%オフのクーポンを送ってきてくれる さて、最近買ったもの三連発。すべてナイキの製品ですが、これはナイキオンラインストアに会員登録しておくと、誕生月に「全ての製品を15%引きで購入できる」ため(そう、ぼくは12月が誕生月)。よって、安く買える機会を狙って購入したということになりますが、この「15%引き」は誕生月であれば何度も利用できるのがいいですね。 こちらもオススメ、関連投稿最近買ったもの。ナイキのテックフリースパンツ、プーマ ×STAMPDコラボパーカーナイキがテックフリースの新作 ...

ReadMore

■新型車情報/スパイフォト/噂など >ロータス(Lotus)

ロータスがまさかの「1000馬力級エレクトリックハイパーカー」計画中。コードネームは「オメガ」、2019年にコンセプト発表とのウワサ

| 中国企業にとってエレクトリックハイパーカーは「未来」そのもの | なんとロータスが3億円クラスのハイパーカーを計画している、というウワサ。 これは英国Autocarが報じたもので、現在ロータスではコードネーム「オメガ(”究極”という意味がある)」にてその計画が進められ、2019年にもそのコンセプトカーが公開されるだろう、とのこと。 そして報道によれば、この「オメガ」はピュアエレクトリックカーとなるとのことですが、現在エレクトリックカーを推し進めているボルボのサブブランド「ポールスター」を同じグループに ...

ReadMore

>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) ■ニュース

メルセデス・ベンツが生き残る道は誕生時と同じ「高級」路線のみ?コンセプトモデル二連発

メルセデス・ベンツはやはり優雅でラグジュアリーでないと レンダリングアーティスト、Dahye Jeong氏が「メルセデス・ベンツ・ノスタルジア・コンセプト(Mercedes-Benz-Nostalgia Concept)」を発表。ノスタルジアと名がつくものの、未来を強く意識したコンセプトカーであり、サイドの窓の視認性を鑑みるにおそらくは「自動運転」。なお、車体後部のデザインは「ヴィジョン・メルセデス・マイバッハ」の影響が強く見られるようです。 メルセデス・ベンツが「ヴィジョン・メルセデス・マイバッハ6」の ...

ReadMore

>ミッションE/タイカン関連

ポルシェ「タイカンの受注は洪水のように押し寄せてくる。大半はテスラからの乗り換えだ」

ポルシェ・タイカンの受注は予定を大きく上回る水準で推移 ポルシェ北米の社長、クラウス・ツェルマー氏がロサンゼルス・モーターショー会期中にCNETに語ったところによると、「タイカンの予約は文字通り”溢れかえって”いる。予想を遥かに超える反応だ」。以前にも欧州で受注好調だという話はあったものの、ポルシェは目標販売台数や受注台数を公開しておらず、よって「どの程度の受注があったのか」は現時点で全く不明です。 ポルシェがタイカンの受注をこっそり開始。「受注は予想より多い」←買うのはどんな人? こちらもオススメ、関連 ...

ReadMore



■自動車・バイクの購入検討/比較など >ロータス(Lotus)

エスプリどうなん?ペッタンコで格好良い、ロータス・エスプリの中古車を探してみる

更新日:

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

時々欲しくなる中古車、ロータス・エスプリ。
ぼくはウエッジ・シェイプの車が大好きで、さらには角ばった車が大好きです。
となるとエスプリに魅力を感じるのは至極当然のことで、ぼくがロータスでもっとも格好良いと思うのはなんといってもエスプリ(次いで同じデザインテイストを持つエラン)。
エキシージでもエヴォーラでもエリーゼでもなくエスプリなわけですが、定期的に欲しくなったりするのですね。








なお中古相場は最近ちょっと上昇気味、さらに台数は減少気味。
円安が進んだ際に海外のバイヤーがかなり買って行ってしまったようで、カーセンサーの登録は現在わずか5台。
価格帯は300万円台前半〜後半といったところで、かなり高くなってしまっています。

エスプリは1976年登場のS1、1978年登場のS2、1980年のターボ、その後もS2.2、HC、ターボHC、ターボSE、スポーツ300、S4、V8など多彩なバリエーションが登場。
なんと2004年まで生産された息の長いモデルです。

現在中古車として出回っているのは主にターボSEですが、新車価格1000万円程度であったことを考えると今でも300万円台の価格を維持しているのはかなり優秀と言えます。

最終モデルのV8だとそのサイズは長さ4369、幅1883、高さ1150ミリ、とランボルギーニ・ウラカンよりわずかに小さい寸法。

なお購入になかなか踏み切れないのはやはり「故障」。
この年代の車や英国車、ロータスは故障を恐れては乗れないと認識してはいますが、やはり故障は歓迎できるものではありません。
最低限、故障したとしてもしっかり直せるショップさんの確保がまず先決と言えるでしょうね。
ロータスに乗っている方はストレートかつストイックな方が多く、「エスプリの購入を考えているが故障が怖い」と伝えると、たいていの場合「故障を気にするならば乗るべきではない」という正直な答えが返ってくるのもぼくを怯ませるところ。

ぼく的にもっともルックスが気に入っているのはターボSE(これ以降になると下半分が近代的かつ立体的になってしまい、上半分の直線/平面とのバランスが微妙に)。
このあたりがまだエスプリの角ばったイメージが残っていると考えています。

dscn0020

なおエスプリを一気に有名にしたのは映画「007」に登場した、潜水艦に変形するボンドカーでしょうね。

lotus_esprit_007_The_Spy_Who_Loved_Me_1977

こちらはエスプリ・コンセプト。
ダニ・バハールがCEOを務めていた時代の産物ですが、これはこれで実現して欲しかったですね。

espritreadybut

関連投稿:初代ロータス・エスプリのレストア済み車両がe-bayで販売中。現代のパーツも装備し価格は600万

lotus-esprit-s1-ebay-2

レストア済みのロータス・エスプリS1が600万円のプライスにてe-bayで販売中。
ロータス・エスプリはジウジアーロによるデザイン、そして映画007に登場したことで有名ですが、初代である”S1”は1975年のパリ・モーターショーにて発表され、1976年から1978年の間に718台のみ生産。
個体数が少ないこともあり中古市場で探すのは非常に困難とされ、さらに程度の良い個体は非常に少なくなっています。

今回販売されているのは1978年に製造されたもので、S1としてはほぼ最後の世代となり、いくつかS2に採用された装備が前倒しで与えられているのも特徴、とのこと。
外装はダークグレーメタリックでKONI製のショックアブソーバーを装着し、ステンレス製のエキゾーストパイプ、グリフィン製アルミラジエターが与えられるなど機能的にも向上。
サスペンションやシャシーについては耐久性を高めるために粉体塗装が施されており、これからも長く乗ることができそうです。

lotus-esprit-s1-ebay-1

内装も完全に張り替えられ、アルカンターラ調の素材を用いておりオリジナルのステアリングホイール、シフトノブ、メーター類を装備(ドライビンググローブがいい雰囲気を出していますが、これは演出用とのこと)。
エンジンは2リッター4気筒のままですが完全にリビルトされており、そこから走ったのはわずか4828キロのみ(オドメーターの距離は53,156キロ)。

外観はノーマルですが中身は信頼性のあるものへと置き換えられたりリビルトされており、実際に乗ることを考えても面白い選択となりそうです。

lotus-esprit-s1-ebay-3

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



-■自動車・バイクの購入検討/比較など, >ロータス(Lotus)
-, , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.