ad-728





>ウラカンの仕様/インプレッション/近況

ランボルギーニ・ウラカンに常備しておくと良いもの〜養生テープ

2016/04/23


IMG_0855

ぼくはランボルギーニ・ウラカンのフロントトランク内に養生テープをいつも入れています。
トランクを開けると右上にパンク修理用のポンプが入っていますが、そのケースの中に忍ばせているわけですね。

なぜに養生テープ?ということですが、ウラカンのフロントフードを開け、再度閉じるときに必ず塗装面を押して閉めることになるのですが、このとき塗装面に指紋や傷がつくのが嫌で、「押す」場所に養生テープを貼り、そこを押してフードを閉めてから養生テープを剥がすようにしているわけです。

こうすれば塗装面に指紋や傷がつかずにフードを閉じることができるわけですが、ガレージ内の開閉だとガレージ内に養生テープがあるので(養生テープを)持ち歩かなくても良いものの、外出先でフードを開け閉めするときは養生テープがないと上記のようなプロセスを経ることができず、従ってぼくはフロントトランク内に養生テープを忍ばせているわけです。

IMG_0856

ちなみにガヤルドはフード側にエンブレム(ランボルギーニ・クレスト)がついており、フードを閉じるときにこれを押して閉じれば塗装面に触れることはなかったのですが、ウラカンではエンブレムがバンパー側に移動しているので上記のような対応を行っています。

トランクの底の方に見える赤いものは折りたたみ式のコーンで、これは外出先でウラカンを駐車した際、車の横にコーンを置いておくことで隣接する車に対して心理的障壁を設けることができ、これによってドアパンチなどを防ごうという意図(あくまでも自車の駐車枠の中に置くもので、その外に置くものではない)。

もう一つ見えるベージュ色のものは撮影用のナンバープレート。
靴を購入したときについてくる保存袋に入れて(これがぴったり)フロントトランク内に常備しています。

->ウラカンの仕様/インプレッション/近況
-,