>ランボルギーニ・アヴェンタドール関連 >ランボルギーニ・ウラカン関連 ■近況について ■ニュース

【動画】ランボルギーニのツーリングに参加してきた!空港滑走路を借り切ってゼロヨン大会を走ってきたぞ

合法にてフル加速できる機会はそうそうない さて、ランボルギーニ大阪/神戸さん開催のツーリングに参加してきましたが、今回はそのレポート「二回目」。ツーリングの目的地は和歌山県にある「南紀白浜空港」。ここの旧滑走路を借り切って、公道では試すことが出来ない、ランボルギーニの持つ加速性能を体感しようというのがこのツーリングの主な目的となります。 こちらもオススメ、関連投稿ランボルギーニのツーリングに参加!なんと納車直後のアヴェンタドールSVJも登場ポルシェ718ケイマンのキーホルダーを「作って」みた。ボッテガ・ヴ ...

ReadMore

>その他ポルシェ関連/ニュース

最新レストア事情。ポルシェ356のレストアついでに「あえて」58年を過ごした風の褪色カスタムを

なにもピカピカの新車に戻すだけがレストアじゃない ちょっと新しい、いや古い「レストア」を施したポルシェ356B(1961年製)が登場。レストアというとすべてのパーツを新品状態に戻し、ピカピカの新車状態へと組み上げる作業を想像しますが、この356Bは修復すべきところは修復しながらも、「当時から今までそのまま時を経ていたらどうなっていたか」という想定のもと、あえて「古く」レストアしたもの。なお、こういったレストアはちゃんとした一つのジャンルとして存在するようで、「Patina Restoration(パティー ...

ReadMore

>日産/インフィニティ(Infinity) >ランボルギーニ・アヴェンタドール関連

タイ発、ランボルギーニ・アヴェンタドールのリバティーウォークカスタム。ほかにもGT-R×JPSカラー、S660×マールボロカラーを公開

このボディカラーは刺激的 タイのチューニングショップ、インフィニティ・モータースポーツがなんとも格好良いランボルギーニ・アヴェンタドールのカスタムカーを公開。これはリバティーウォークのオーバーフェンダーキットを装着した上でレーシングカーのようなグラフィックへとラッピング。なお装着されるエアロキットはフロントバンパー、フロント/リアのリップスポイラー、ワイドフェンダー、リアウイング、フロントフードだと報じられています(車高が落ちており、かつロゴがあることからもエアサスペンションも装着していると思われる)。 ...

ReadMore

>ブガッティ(BUGATTI)

20台のみの限定モデル、ブガッティ・シロンスポーツ110Ansが転売。その価格5億円、納車は10月28日

どうしても転売だけは抑えることができない さっそくブガッティの限定モデル、シロンスポーツ110Ans エディションの生産枠が転売に。これはブガッティ設立110周年を記念して20台のみが発売されたレアカー。今回販売情報が掲載されているのはMobileですが、ここではこれまでにもメルセデスAMG ONE、アストンマーチン・ヴァルキリー、マクラーレン・セナ、ブガッティ・ディーヴォ等の生産枠が転売されています。 はじめてブガッティ・ディーヴォの転売が登場。12/28に生産が完了する「生産枠」が2.3億円増しの8. ...

ReadMore

>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) ■外国ネタ・旅行など ■ニュース

メルセデス・ベンツがいい動画を公開した!ベンツ婦人が自動車の有用性を知らしめるために「人類で初めて自動車で旅行した女性」となった様子を実写化

当時、自動車は邪魔者扱いでだれもその有用性を理解していなかった メルセデス・ベンツがこれまでとは一風変わった動画を公開。これはメルセデス・ベンツのルーツに触れるもので、まるで映画のような仕立てを持つものとなっています。内容としては「自動車を発明した」メルセデス・ベンツ創業者(当時の社名は今とは異なる)であるカール・ベンツの妻、ベルタ・ベンツが「女性で、かつ世界で初めて」自動車によって旅行したときの様子を再現したもの。 当時は自動車自体の存在が知られておらず、知っている人にとっても「うるさく、馬よりも遅い」 ...

ReadMore

>フェラーリ(Ferrari) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

フェラーリが香港のオーナー向けにワンオフ「プロトティーポ」を製作。フェラーリ史上、”もっともエクストリームなクルマ”に

香港には高名なコレクターが多数存在する フェラーリが明日に「史上もっともエクストリームなワンオフプロジェクトを発表する」と公開。今回Facebook上にてその予告がなされていますが、プロジェクト名は「Prototipo(プロトティーポ)」。なお、このプロジェクトをフェラーリに依頼したのは「Blackbird(ブラックバード)」で、これは香港の正規フェラーリディーラーでもあり、つまりこのワンオフモデルは香港のオーナーがオーダーしたものだということになりそう(TK Makなる人物だと言われている)。

ReadMore

>ランボルギーニ・アヴェンタドール関連 ■近況について ■ニュース

ランボルギーニのツーリングに参加!なんと納車直後のアヴェンタドールSVJも登場

限定車とはいえ、まさかこれが市販車とは さて、先日アップしたとおり、ランボルギーニ大阪/神戸さん主催のツーリングへ参加。画像や動画、内容が盛り沢山なので、数回に分けてお送りしたいと思います。まず今回は、ツーリング前日に納車になったばかりという、アヴェンタドールSVJ。目にするのは今回二度目ですが、何度見ても驚きを隠せない迫力、そして遠目からでも「何かが違う」と一瞬でわかるオーラを持っていますね。 こちらもオススメ、関連投稿ランボルギーニ大阪/神戸新サービス工場へ。限定ムルシエラゴ、アヴェンタドールを画像に ...

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS)

トヨタがまたまたトンデモ特許出願。「クルマを盗もうとしたヤツには催涙ガスを噴射してやる」→事故して自分に噴射されるとちょっと嫌だ

さすがに催涙ガスを積んだクルマを運転する気にはなれない これまで数々の奇っ怪な特許を出願してきたトヨタ自動車ですが、今回はなんとも驚くべき盗難防止装置を考案。トヨタはアメリカと日本では「盗難車ランキング上位」にあり、その対策としての意味合いもありそうですが、その内容はなんと「不法にクルマをスタートさせようとすると催涙ガスが噴射される」。 英国で最も盗まれるのはBMW X5!トップ10はBMW、ベンツ、ランドローバーのみ。日本とアメリカの盗難車ランキングも見てみよう その名は「ビークル・フレグランス・システ ...

ReadMore

>アルファロメオ/フィアット/アバルト(Alferomeo/FIAT/ABARTH) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

フィアットの格好良いコンセプトカー「ファストバック」。デザイナーが「アバルト版」、しかも市販バージョンのレンダリングを作成

たぶん市販時には「ファストバック」という名前ではなくなりそう FCA(フィアット・クライスラー・オートモビル)は2018年のサンパウロモーターショーにて「ファストバックコンセプト」を発表していますが、フィアットはこれを南米市場向けとして2020年に市販する、とアナウンス。つまり、残念ながら南米以外では発売されないということになり(実際にFCAは南米向けに「トロ」なるピックアップトラックも販売中)、しかし今回レンダリングアーティストがその「市販モデル」、そして「アバルトバージョン(アバルトと言うからには南米 ...

ReadMore

>ベントレー(Bentley)

今度は中東。ベントレーに「真珠テーマ」のベンテイガを5台も同時注文したオーナーが現る

その名も「ベントレー・ベンテイガ・パール・オブ・ガルフ・バイ・マリナー」 ベントレーが中東市場向けにベンテイガのスペシャルエディション「パール・オブ・ガルフ・バイ・マリナー(Pearl of the Gulf by Mulliner)を5台のみ生産した、と発表。これは文字通り中東の真珠産業への歴史へのオマージュとなり、内外装は「パール」をイメージした仕様を持っていますが、驚くべきはベントレーが設定した限定モデルではなく、中東のオーナーがベントレーに(5台も)注文したものだそう。 こちらもオススメ、関連投稿 ...

ReadMore



>ポルシェ911関連 >トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) >ジャガー(Jaguar) >マクラーレン(McLaren) >その他ポルシェ関連/ニュース

【まとめ】どんなものがある?CGアーティストによる「もしも系」レンダリング

投稿日:2016/03/29 更新日:

おなじみKhyzyl Saleem氏によるレンダリング。現実にありえない姿が魅力的

khyzyl-saleem-lexusfuturehr

おなじみKhyzyl Saleem氏によるレンダリング。
現実味や法規を無視したレンダリングが面白いアーティストで、今回も多くの作品をリリースしています。
上記は宙に浮くレクサス。
レクサスはホバーボードを発表しましたが、車自体も宙に浮く時代が来るかもですね。

こちらは空冷ポルシェ911に巨大なタービンを装着。
現実にあるとトンデモなく運転が難しそうですね。

khyzyl-saleem-porsche

ストーム・トルーパーをイメージした車。

khyzyl-saleem-stormtrooperlo

ダーティーなイメージのポルシェ918スパイダー。

khyzyl-saleem-918driftlow

ブガッティ・ヴィジョン・グランツーリスモをダース・ヴェーダー風にカスタム。

khyzyl-saleem-bugvader

宙に浮くフェラーリ。
背景の吉野家がシュールですね。

khyzyl-saleem-ferrarigtofinal

全然エコでもサステイナブルでもなさそうなBMW i8。
現実の「逆」をゆくセンスが秀逸です。

khyzyl-saleem-i8web

ポルシェ911(993)にワイドフェンダー+JPSカラー。

khyzyl-saleem-jps-rwbfinallow








これはイカス。CGアーティストがレクサスLC「ワゴン」のレンダリング作成

lexus-lc-500-shooting-brake-rendering

RainPriskによる、レクサスLC500の「ワゴン化」レンダリング。
レクサスLCはLFA以来のアグレッシブなスタイリングが話題となった待望の新型車ですが、登場後はかなりのチューナーがカスタムを手がけそうな車ですね。

実際にワゴンが登場する可能性は高くはないと思いますが、現在の自動車メーカーにおいては「次」を考える必要があり、もしかするとワゴンブームもあるんじゃないかと考えたり。

ちょっと前は4ドアクーペが人気となり現在はSUV。
そしてSUVのクーペ版、そしてカブリオレも各社検討していますが、こうなると次はワゴンかもしれない、と考えるのですね。

スポーツカーのワゴン化というとフェラーリFF、そして後継のGTC4ルッソを思い浮かべますが、次期ポルシェ・パナメーラにおいてもワゴン(シューティングブレーク)が登場する可能性があるようで、もしかするとスポーティーなワゴン、というカテゴリがクローズアップされるのではないかと考えたりします。

もしもマクラーレンF1がオフローダーになったら?というレンダリング

mclaren-f1-109433_1a

Kd Kalim DesignがマクラーレンF1をオフローダーに変身させたレンダリングを公開。
「墓掘のランボルギーニ」など現実にはありえないようなカスタムを施すレンダリングが増えてきていますが、最初はKhyzyl Saleem氏の作品が発端であったと記憶しており、その後にこう言った路線を得意とするアーティストが増加したという感じですね。

このマクラーレンF1については各種ガードやフォグランプが装着され、一方では幅広のスリックタイヤや巨大なリアウイングといったミスマッチがなかなか面白いと思います。
バハ・ビートルのようにリアエンドが切り落とされているのもナイスですね。

もしもジャガーFタイプに4ドアバージョンがあったら?というレンダリング

Jaguar-F-Type-sedana

Rain Prisk Designsによる、ジャガーFタイプ4ドアのレンダリング。
けっこうというかかなり魅力的なデザインで、もしかするとこのほうが2ドアよりも売れるんじゃないかと考えたりします。

ジャガーは現在スポーツ系(Fタイプ)とそれ以外でデザインを分けていますが、現在のサルーン系の顔つきやFペースの顔つきをFタイプ風にしても面白いかもしれない、と考えたりします。

もしもポルシェが919ハイブリッドをロードカーに転用したら?という画像

8c32f430076467.561292886aaf3

ブラジル人デザイナー、Guilerme Kataoka氏が「もしポルシェが919ハイブリッドLMP1(レースカー)をロードカーに仕立て上げたら」というコンセプトでレンダリングを作成。
この人は以前にもブガッティがロードスターをつくったら、というコンセプトの画像を作成していますね。

ロードカーということで918にも似たルックスとなっていますが、着座位置はセンターで、足を上に上げる、まさにレーシングカースタイル。

そういえばポルシェがアウディR8とランボルギーニ・ウラカンと共通のプラットフォームを使用してスーパーカーを作るという話がありましたが、どうもそれは消えてしまったのか最近全く聞かなくなりましたね。
VWのディーゼル不正事件が影響しているのか、それともポルシェはハイパフォーマンスカーを今後EVにて実現する方向へシフトしたのかは不明ですが、後者の線が強そうですね。

a6439130076467.561292886ba94

もしも登場したら。ボクスター”GT4"のレンダリング(非オフィシャル)

X-TOMI DESIGNによる、ボクスターGT4のレンダリング。
ケイマンGT4を下敷きにしたものですが、登場するとしたらこうなるだろうなあ、というイメージです。

ボクスターには「GT4」は設定されず、かわりに「RS」が設定されると言われていますが、まだまだ真偽は不明。
今のところはパワーはGTSと同じと言われ、ここでもケイマンと差を付ける戦略のようですね。

ボクスターRSスパイダーのような過激なモデルになるのか、もしくはGTSに快適性をプラスしたようなモデルになるのか方向性も不明ですが、もし「RS」の名を持つのであれば、軽量化されたスパルタンなモデルになるのかも、と考えます。

フェラーリ・カリフォルニアにシューティングブレークがあったら?という画像

California-Fastback00

フェラーリ・カリフォルニアにシューティングブレークがあったら?というレンダリング。

FFと被りそうですが、オープン機構を排して荷室を拡大したV8フェラーリの需要はけっこうあるのかもしれない、と考えたりします。
このレンダリングではワゴンというよりはクーペに近く、スタイリッシュな美しさが見られると思います。

一時期、こういった「スポーツカーをシューティングブレークに」といった風潮がありましたが、いつの間にか下火になりましたね。

アルファロメオ・ジュリアがDTMに参戦したら?というレンダリング

10984617_411547109029222_4184686848508993089_n-640x426

アルファロメオ・ジュリアはレンダリングアーティストたちの格好の標的となっており、様々なレンダリングが作成されています。

ハイパフォーマンス版のQVから発表されたので「標準モデル」のレンダリング、ワゴン、SUV版など。

今回はLPデザインによるレースカーで、DTM参戦をイメージしたもの。

アルファロメオジュリアは基本設計が後輪駆動であり、そのパフォーマンスの高さが一つの特徴でもあるので、今後なんらかのレースに参加してくる可能性も大きい、と考えています。

11705103_412089772308289_6551987148944944212_n-640x426

レクサスLFAがステーションワゴンに。意外とイケる恰好良さ

12063657_888215394602589_2879677314239052671_n

Rain Prisk DesignsがレクサスLFAをワゴン風にしたレンダリングを発表。

最近は複数のアーティストがこういった「実際にはありえない」レンダリングを発表していますが、こうやって見るとなかなかに恰好良く、実際にあっても良いのに、と考えたりします。

ワゴンのメリットはモノが載る、ということですがロングルーフは空力的にも多少有利かもしれず(しかし重心は高くなる)、しかしスローピング&フローティング(Cピラーをウインドウと連続させてルーフが浮いているように見える。最近だとレクサスRX)デザインとすればかなりスタイリッシュになり、もしかするとクーペよりも恰好良くなる可能性も。

なお現在のところワゴン形状のスポーツカーはフェラーリFFのみで、もっとほかに出てきても良さそうなものですね。
フェラーリFFは「唯一」の存在であるせいか中古相場はかなり高値で安定しており、一定の需要と人気があることもわかります。

とりあえずお約束。レクサスRC500のGT3版レンダリング(非オフィシャル)

wcf-lexus-lc-500-rendered-as-gt3-race-car-lexus-lc-500-race-car-render

YasidDESIGNによる、レクサスRC500のGT3バージョン。
もちろん非オフィシャルのレンダリングですが、過激なエアロパーツを身にまとっており、けっこうイケてますね。

こちらはいつもブっとんだレンダリングで楽しませてくれるKhyzyl Saleemですが、世紀末っぽいレクサスRC500を作成。

12540832_824122321029854_5887407567106451235_n

おそらくこの後は「オープン」「ワゴン」「ベースモデル」のレンダリングが流れから言って登場しそうですね。

登場なるか?ベントレー・コンチネンタルGT「ワゴン」のレンダリング

Bentley-Continental-GT-Wagon

一時期ブームになったハイパフォーマンスカーのワゴン。
きっかけとなったのはフェラーリFFですが、その後マクラーレンもワゴン投入かという噂が出たりしています。

今回はベントレー・コンチネンタルGTをワゴン化したレンダリングですが、CGアーティストの作成によるもの。
実際に登場する可能性は高いと言えなさそうですが、優雅なライフスタイルの実現と、それをサポートできる走行性能(ハイパワー+AWD)というところを考えると、意外と「アリ」なんじゃないか、とも思えます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



  • この記事を書いた人

JUN

新しいモノ、テクノロジー好き。「クルマ好き」に分類されるはずだが、一般にはそれを隠して生きている。クルマだと軽自動車、スーパーカー、電気自動車まで興味を広く持つ。どんなクルマにも作られた人の魂が込められていると信じていて、そのため「よりデザイナーが情熱を注いだであろう」珍車がとくに好き。座右の銘は「情熱と愛情さえあればなんとかなる」。職業は(それが職業と言えるならば)投資家、ブロガー。

->ポルシェ911関連, >トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS), >ジャガー(Jaguar), >マクラーレン(McLaren), >その他ポルシェ関連/ニュース
-, ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.