>ウラカンの仕様/インプレッション/近況 ●ポルシェ718ケイマン(982) ■カメラ、携帯電話などガジェット系/PC系 ■ニュース

スポーツカー/スーパーカーにも楽々積める折り畳み自転車「ストライダ」とは!?

ディーラーにクルマを預けた時の帰りの「足」はこうやって確保している さて、今日はぼくが時おり乗っている自転車「ストライダ(STRIDA)」を紹介したいと思います。これは子供用の「ストライダー」とは全く別のブランドで、もとはイギリスのエンジニア、マーク・サンダース氏が開発した製品。特に同氏は「自転車専門」というわけではなく、この「ストライダ」を単独の自転車ラインアップとしてリリースしています(ダイソン博士が掃除機を発売したような感じ)。 最初に日本に入ってきたのは1989年頃だと記憶していますが、けっこう高 ...

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) ■ニュース

仕上げはサテンマット!トヨタがクリスマスに向け、新型A90スープラに採用されたカモフラージュ柄の包装紙を発売

トヨタが「あの」新型スープラの「戦艦モチーフ」カモフラージュシートをクラウドファンディングにて公開 トヨタUKが現在クラウドファンディングにて、「A90スープラのカモフラージュ(偽装)柄の包装紙」の実現に向けて活動開始。見ての通り、「第一次大戦時の戦艦をモチーフにした」あのカモフラージュ柄をそのまま再現し、「A90」の文字も健在です。 このカモフラージュシートについては、「一般公開すること」を前提にしていて、そのため「ちょっとでも格好良いものを」とトヨタが考えてデザインしたものだそうで、実際にグッドウッド ...

ReadMore

>スズキ(SUZUKI)

スズキ・ジムニーのカスタム続々。今回はH&Rが「ローダウン&アーバンカモ」仕様のジムニーシエラを公開

ウインカーもブラックアウトし「モノトーン調」へ さて、世界的な盛り上がりを見せるスズキ・ジムニー。日本では2年待ちとも言われ、欧州においても(日本以外ではジムニー”シエラ”のみの展開)やはり納車までに2年は待たねばならないと言われるほど。 そういった状況を鑑みてか、これまでジムニーのカスタムに手をつけなかったような会社もここへ参入しており、先日はアストンマーティンなど高級車のカスタム/チューンで知られるカーン・デザインもジムニーのカスタムパーツを発表したのは記憶に新しいところです。 スズキ・ジムニーのカス ...

ReadMore

>BMW(ビー・エム・ダブリュー)

やはりBMW 8シリーズは大人気!またまた納車がはじまっていないのにチューナーが「621馬力チューン」を公開

マンハートは「マンハートらしい」ブラックとゴールドで攻めてきた まだ納車が開始されていないにも関わらずチューナー各社がチューニングメニューを発表しているという異例のニューモデル、「BMW 8シリーズ」。エンジンやトランスミッション含むドライブトレーンが既存モデルと共通ということからチューン/カスタムの予測を行いやすいためだとも思われますが、やはりその人気の高さがこれらチューナーを動かしている、と言えそう。 BMW 8シリーズはBMWにとって久々のラグジュアリークーペであり「ビッグネームの復活」。メルセデス ...

ReadMore

>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) >レンジローバー/ランドローバー(RangeRover)

メルセデス・ベンツのトラック「Xクラス」が6輪化!外装フルカーボン、ブレーキはカーボンセラミック

内装チューナーがトラック専門ブランドを立ち上げ。メルセデス・ベンツXクラスをハードにカスタム 内装スペシャリスト、「カーレックス」が新たにトラックにフォーカスしたチューニングブランド「ピックアップデザイン」を立ち上げ。そして今回その第一弾としてメルセデス・ベンツ初のピックアップトラック「Xクラス」のカスタムを公開しています。 ただしその内容は「ただのXクラスのカスタム」ではなく、なんとメルセデス・ベンツG63 AMG 6×6ばりに「6輪化」。たしかに以前カーレックスはXクラスのカスタムカーを公開していたも ...

ReadMore

>マクラーレン(McLaren) ■ニュース

【動画】1000万円チョイで格安のマクラーレン12Cを購入した男。トラブルを乗り越えて幸せになれるか?

| トラブルを承知で格安マクラーレンを購入したユーチューバー。果たしてどうなる? | ユーチューバー、Tyler Hoover氏が格安のマクラーレンMP4-12Cを購入。 MP4-12Cはマクラーレンの市販車部門、マクラーレン・オートモーティブ初の量産ロードカーで2011年に発表されています。 発表時は「MP4-12C」という名称で、その後スパイダー版が2012年に登場した際に「12C」へと改名。 そして650S登場にあわせて生産の一時休止が発表され、そしてそのまま「二度と戻らぬ人」となっています。 なお ...

ReadMore

>マセラティ(Maserati)

その名は「高貴」。マセラティがギブリ、レヴァンテ、クワトロポルテに貴族的なスペシャルモデルを追加

| マセラティが見るからに高貴なスペシャルエディションを発表 | 残念ながら北米市場専用にはなるものの、マセラティがギブリ、クワトロポルテ、レヴァンテに対してスペシャルモデル「Edizione Nobile(エディツィオーネ・ノービレ)」を設定。 これは高級グレードの「グランルッソ」のみに選択可能なオプションという扱いになるようですが、これを選ぶとボディカラーは3層コートの「Blu Nobile」、20インチホイール、シルバーのブレーキキャリパーが専用装備として与えられることに。 こちらもオススメ、関連投 ...

ReadMore

>BMW(ビー・エム・ダブリュー) ■ニュース

内装チューナーがBMW M3をカスタム。非レザーを使用した新感覚インテリアに

内装だけじゃなく外装もしっかりカスタム ブルガリアの内装スペシャリスト、VilnerがE30世代のBMW M3の内外装をカスタム。Vilnerはリマック・コンセプト・ワンの内装を担当するなどその高い技術が認められたショップですが、外装をカスタムするケースは非常に希。しかしながら内装で培った高いカスタムセンスが遺憾無く発揮され、外装も非常に美しい仕上がりに。 こちらもオススメ、関連投稿BMW135iにM3のV8エンジンを積んだ挙句ボアアップしたツワモノ登場(動画あり)BMW M3に超アメリカンな30周年記年 ...

ReadMore

>フォード(FORD) ■ニュース

現代風にカスタムされた初代フォードGT。ハードカスタムで1000馬力を発生

フォードGTの発売は意外と新しくて2005年だった 先代フォードGTはアメリカ初のミドシップスーパースポーツとして知られますが、その生産は1,500台のみという希少車。ただし、それでもフォードGTをカスタム/チューンするオーナーは多く、このオーナーもその一人、ということになりますね。 なお、フォードGTについては、クライスラーにて「ヴァイパーのミドシップ化計画を進めていた人物がフォードに移籍して実現させたプロジェクト」である、という衝撃の事実も明かされています。 知られざる過去。ダッジ・ヴァイパーもミドシ ...

ReadMore

>アストンマーティン(Astonmartin) ■ニュース

内外装はモノトーンで統一。世界で28台のみ、アストンマーティン・ヴァンキッシュ・ザガート・スピードスターが2億円で販売中

| あまりに美しいアストンマーティン・ヴァンキッシュ・ザガート・スピードスター | アストンマーティン・ヴァンキッシュ・ザガート・スピードスターが中古市場に登場。 走行わずか17キロの個体がJames Editionに登録されていますが、その価格はなんと2億円。 アストンマーティン・ヴァンキッシュ・ザガート・スピードスターは「クーペ」「ヴォランテ」「シューティングブレーク(ワゴン)」とともにリリースされた限定シリーズのひとつで、その中でも最も少ない限定台数「28台」を誇るレアカーです。 「2億円」というと ...

ReadMore



>ポルシェ911関連 >トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) >ジャガー(Jaguar) >マクラーレン(McLaren) >その他ポルシェ関連/ニュース

【まとめ】どんなものがある?CGアーティストによる「もしも系」レンダリング

更新日:

おなじみKhyzyl Saleem氏によるレンダリング。現実にありえない姿が魅力的

khyzyl-saleem-lexusfuturehr

おなじみKhyzyl Saleem氏によるレンダリング。
現実味や法規を無視したレンダリングが面白いアーティストで、今回も多くの作品をリリースしています。
上記は宙に浮くレクサス。
レクサスはホバーボードを発表しましたが、車自体も宙に浮く時代が来るかもですね。

こちらは空冷ポルシェ911に巨大なタービンを装着。
現実にあるとトンデモなく運転が難しそうですね。

khyzyl-saleem-porsche

ストーム・トルーパーをイメージした車。

khyzyl-saleem-stormtrooperlo

ダーティーなイメージのポルシェ918スパイダー。

khyzyl-saleem-918driftlow

ブガッティ・ヴィジョン・グランツーリスモをダース・ヴェーダー風にカスタム。

khyzyl-saleem-bugvader

宙に浮くフェラーリ。
背景の吉野家がシュールですね。

khyzyl-saleem-ferrarigtofinal

全然エコでもサステイナブルでもなさそうなBMW i8。
現実の「逆」をゆくセンスが秀逸です。

khyzyl-saleem-i8web

ポルシェ911(993)にワイドフェンダー+JPSカラー。

khyzyl-saleem-jps-rwbfinallow








これはイカス。CGアーティストがレクサスLC「ワゴン」のレンダリング作成

lexus-lc-500-shooting-brake-rendering

RainPriskによる、レクサスLC500の「ワゴン化」レンダリング。
レクサスLCはLFA以来のアグレッシブなスタイリングが話題となった待望の新型車ですが、登場後はかなりのチューナーがカスタムを手がけそうな車ですね。

実際にワゴンが登場する可能性は高くはないと思いますが、現在の自動車メーカーにおいては「次」を考える必要があり、もしかするとワゴンブームもあるんじゃないかと考えたり。

ちょっと前は4ドアクーペが人気となり現在はSUV。
そしてSUVのクーペ版、そしてカブリオレも各社検討していますが、こうなると次はワゴンかもしれない、と考えるのですね。

スポーツカーのワゴン化というとフェラーリFF、そして後継のGTC4ルッソを思い浮かべますが、次期ポルシェ・パナメーラにおいてもワゴン(シューティングブレーク)が登場する可能性があるようで、もしかするとスポーティーなワゴン、というカテゴリがクローズアップされるのではないかと考えたりします。

もしもマクラーレンF1がオフローダーになったら?というレンダリング

mclaren-f1-109433_1a

Kd Kalim DesignがマクラーレンF1をオフローダーに変身させたレンダリングを公開。
「墓掘のランボルギーニ」など現実にはありえないようなカスタムを施すレンダリングが増えてきていますが、最初はKhyzyl Saleem氏の作品が発端であったと記憶しており、その後にこう言った路線を得意とするアーティストが増加したという感じですね。

このマクラーレンF1については各種ガードやフォグランプが装着され、一方では幅広のスリックタイヤや巨大なリアウイングといったミスマッチがなかなか面白いと思います。
バハ・ビートルのようにリアエンドが切り落とされているのもナイスですね。

もしもジャガーFタイプに4ドアバージョンがあったら?というレンダリング

Jaguar-F-Type-sedana

Rain Prisk Designsによる、ジャガーFタイプ4ドアのレンダリング。
けっこうというかかなり魅力的なデザインで、もしかするとこのほうが2ドアよりも売れるんじゃないかと考えたりします。

ジャガーは現在スポーツ系(Fタイプ)とそれ以外でデザインを分けていますが、現在のサルーン系の顔つきやFペースの顔つきをFタイプ風にしても面白いかもしれない、と考えたりします。

もしもポルシェが919ハイブリッドをロードカーに転用したら?という画像

8c32f430076467.561292886aaf3

ブラジル人デザイナー、Guilerme Kataoka氏が「もしポルシェが919ハイブリッドLMP1(レースカー)をロードカーに仕立て上げたら」というコンセプトでレンダリングを作成。
この人は以前にもブガッティがロードスターをつくったら、というコンセプトの画像を作成していますね。

ロードカーということで918にも似たルックスとなっていますが、着座位置はセンターで、足を上に上げる、まさにレーシングカースタイル。

そういえばポルシェがアウディR8とランボルギーニ・ウラカンと共通のプラットフォームを使用してスーパーカーを作るという話がありましたが、どうもそれは消えてしまったのか最近全く聞かなくなりましたね。
VWのディーゼル不正事件が影響しているのか、それともポルシェはハイパフォーマンスカーを今後EVにて実現する方向へシフトしたのかは不明ですが、後者の線が強そうですね。

a6439130076467.561292886ba94

もしも登場したら。ボクスター”GT4"のレンダリング(非オフィシャル)

X-TOMI DESIGNによる、ボクスターGT4のレンダリング。
ケイマンGT4を下敷きにしたものですが、登場するとしたらこうなるだろうなあ、というイメージです。

ボクスターには「GT4」は設定されず、かわりに「RS」が設定されると言われていますが、まだまだ真偽は不明。
今のところはパワーはGTSと同じと言われ、ここでもケイマンと差を付ける戦略のようですね。

ボクスターRSスパイダーのような過激なモデルになるのか、もしくはGTSに快適性をプラスしたようなモデルになるのか方向性も不明ですが、もし「RS」の名を持つのであれば、軽量化されたスパルタンなモデルになるのかも、と考えます。

フェラーリ・カリフォルニアにシューティングブレークがあったら?という画像

California-Fastback00

フェラーリ・カリフォルニアにシューティングブレークがあったら?というレンダリング。

FFと被りそうですが、オープン機構を排して荷室を拡大したV8フェラーリの需要はけっこうあるのかもしれない、と考えたりします。
このレンダリングではワゴンというよりはクーペに近く、スタイリッシュな美しさが見られると思います。

一時期、こういった「スポーツカーをシューティングブレークに」といった風潮がありましたが、いつの間にか下火になりましたね。

アルファロメオ・ジュリアがDTMに参戦したら?というレンダリング

10984617_411547109029222_4184686848508993089_n-640x426

アルファロメオ・ジュリアはレンダリングアーティストたちの格好の標的となっており、様々なレンダリングが作成されています。

ハイパフォーマンス版のQVから発表されたので「標準モデル」のレンダリング、ワゴン、SUV版など。

今回はLPデザインによるレースカーで、DTM参戦をイメージしたもの。

アルファロメオジュリアは基本設計が後輪駆動であり、そのパフォーマンスの高さが一つの特徴でもあるので、今後なんらかのレースに参加してくる可能性も大きい、と考えています。

11705103_412089772308289_6551987148944944212_n-640x426

レクサスLFAがステーションワゴンに。意外とイケる恰好良さ

12063657_888215394602589_2879677314239052671_n

Rain Prisk DesignsがレクサスLFAをワゴン風にしたレンダリングを発表。

最近は複数のアーティストがこういった「実際にはありえない」レンダリングを発表していますが、こうやって見るとなかなかに恰好良く、実際にあっても良いのに、と考えたりします。

ワゴンのメリットはモノが載る、ということですがロングルーフは空力的にも多少有利かもしれず(しかし重心は高くなる)、しかしスローピング&フローティング(Cピラーをウインドウと連続させてルーフが浮いているように見える。最近だとレクサスRX)デザインとすればかなりスタイリッシュになり、もしかするとクーペよりも恰好良くなる可能性も。

なお現在のところワゴン形状のスポーツカーはフェラーリFFのみで、もっとほかに出てきても良さそうなものですね。
フェラーリFFは「唯一」の存在であるせいか中古相場はかなり高値で安定しており、一定の需要と人気があることもわかります。

とりあえずお約束。レクサスRC500のGT3版レンダリング(非オフィシャル)

wcf-lexus-lc-500-rendered-as-gt3-race-car-lexus-lc-500-race-car-render

YasidDESIGNによる、レクサスRC500のGT3バージョン。
もちろん非オフィシャルのレンダリングですが、過激なエアロパーツを身にまとっており、けっこうイケてますね。

こちらはいつもブっとんだレンダリングで楽しませてくれるKhyzyl Saleemですが、世紀末っぽいレクサスRC500を作成。

12540832_824122321029854_5887407567106451235_n

おそらくこの後は「オープン」「ワゴン」「ベースモデル」のレンダリングが流れから言って登場しそうですね。

登場なるか?ベントレー・コンチネンタルGT「ワゴン」のレンダリング

Bentley-Continental-GT-Wagon

一時期ブームになったハイパフォーマンスカーのワゴン。
きっかけとなったのはフェラーリFFですが、その後マクラーレンもワゴン投入かという噂が出たりしています。

今回はベントレー・コンチネンタルGTをワゴン化したレンダリングですが、CGアーティストの作成によるもの。
実際に登場する可能性は高いと言えなさそうですが、優雅なライフスタイルの実現と、それをサポートできる走行性能(ハイパワー+AWD)というところを考えると、意外と「アリ」なんじゃないか、とも思えます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう






->ポルシェ911関連, >トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS), >ジャガー(Jaguar), >マクラーレン(McLaren), >その他ポルシェ関連/ニュース
-, ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.