>ポルシェ911関連

ゲンバラが0-100km/h加速2.38秒の「911GTR 8XX Evo-R」発表!前後リベット留めのオーバーフェンダーを持ち「993GT2」風のルックス

ボディパネルはフルカーボン ポルシェチューナーとして知られるゲンバラ(Gemballa)が991世代の911ターボをベースにチューンした「ゲンバラGTR 8XX Evo-Rの実車を公開。ゲンバラはすでに昨年、「構想」としてのGTR 8XX Evo-Rを公開していますが、この時点での「目標」出力は828馬力、0-100キロ加速2.3秒というスペック。今回発表された実車はこれに少し届かず「810馬力」「2.38秒」とやや目標に遅れるものの、ノーマルの911ターボの出力「580馬力」はもちろん、911GT2RS ...

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) ■ニュース

CG職人がいい仕事をした。新型スープラがオープンになるとこうなる、というレンダリング

トヨタは間違いなく新型スープラにオープンモデルを設定したいと考えているはずだが 新型車が発表されると必ず出てくる、「もしも」系レンダリング。今回もおなじみのX-TOMI DESIGNが「スープラ・コンバーチブル(カブリオレ)」のCG発表一番乗りとなっていますが、なかなかに完成度の高い作品となっており、オフィシャルフォトといっても通用しそう。そしてこの後も続々と同様のレンダリングが登場し、中には「タルガ(エアロトップ)」「ワゴン」「トラック」「オフローダー」といったレンダリングが登場するのは想像に難くないと ...

ReadMore

>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz)

【動画】”世界最速の女性”が教える、メルセデス・ベンツGクラスで「水の中を渡るにはこうする」3つのポイント

この3つを理解しておけば無事に水中を走行可能 様々なメディアに登場し、極限下でのドライブテクニックを披露することで知られる、”4輪を走らせると世界最速の女性”ジェシー・コムズさんがメルセデス・ベンツGクラスにて「簡単に水の中を走る3つの方法」を公開。使用するのは新型メルセデス・ベンツGクラスで、実際にこれでザブザブと水中を走ってみようということですね。 こちらもオススメ、関連投稿【動画】キー上で車両の情報確認や機能の操作を行える、日産GT-R向けの全面ディスプレイ採用「スマートキー・コンセプト」登場ありそ ...

ReadMore

>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) >BMW(ビー・エム・ダブリュー) >韓国の自動車メーカー ■その他自動車関連ニュース・ネタなど

BMWとノースフェイスとのコラボ、キャンパーコンセプトが公開。世界で最も進んだ”布”を使った、「テントとクルマの融合」

ただし誰がどういったシーンで使用するのかは謎 BMWがアウトドアブランド、ノースフェース(ザ・ノース・フェイス/THE NORTH FACE)とコラボした「キャンパーコンセプト」を発表。これはラスベガスで開催中の家電見本市「CES」で発表されたもので、なぜ家電のショーで発表されたかというと「素材に”物質”と”デジタル”」とを融合したから(説明を見てもよくわからない)。 こちらもオススメ、関連投稿【動画】キー上で車両の情報確認や機能の操作を行える、日産GT-R向けの全面ディスプレイ採用「スマートキー・コンセ ...

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) ■ニュース

とても純正とは思えない!チューンドカー並の派手なエアロを持つレクサスRC F”パフォーマンスパッケージ”発表

トヨタはときどきこういった派手なクルマを出す会社でもあった すっかり話題はスープラ一色となってしまったデトロイト・モーターショーですが、その影でトヨタは新型レクサスRC Fを公開。もちろんこれはフェイスリフト後の新型RCをベースにしたハイパフォーマンス版ですが、標準モデルのRC Fに加え、カーボン製パーツやセラミックブレーキ、チタンマフラー等を装備する「パフォーマンス・パッケージ(Performance Package)」もあわせて発表しています。 左がRC F パフォーマンスパッケージ、右が通常のRC ...

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) ■ニュース

あの人気ユーチューバーも早速注文!新型トヨタGRスープラのレビュー続々登場。リアハッチ開口部はボディ剛性確保のためかなり狭いつくりに

やはり細かいところは動画でないと伝わりにくい さて、発表されたばかりの新型トヨタ・スープラですが、国内外から動画レビューが続々登場。このタイミングでの公開ということは、事前に各メディア向けには発表が行われ、1/14の「解禁」にあわせて一斉にアップが始まった、ということになりそうです。 こちらもオススメ、関連投稿新型トヨタ・スープラの試乗レポート初登場!「室内に流れるエンジンサウンドはフェイク」「ブレーキには改善余地がある」【動画】レクサスUXの試乗レビュー到着!「レクサスUXは売れる要素を備え、ライバルよ ...

ReadMore

>スバル(SUBARU) ■ニュース

スバルが北米限定「S209」発表。WRX STIベースでSTI史上最高の341馬力、オーバーフェンダーで殴り込み

北米市場専用なのが残念。日本での発売も期待 スバルが予告していたとおり、デトロイトモーターショーにて「SUBARU WRX STI S209」を発表。これまでの「S207」「S208」同様、スバル・テクニカ・インターナショナルがエンジンやシャシーをチューンしたもので、ドライブトレーン、そして内外装含めた特別仕様となっています(スバルの北米法人による”なんちゃって”ではなく、ちゃんとSTIが手を入れたクルマだと思われる)。 こちらもオススメ、関連投稿スバルが東京モーターショー詳細を公開。「S208/BRZ ...

ReadMore

■新型車情報/スパイフォト/噂など >ランボルギーニ・ウラカン関連

【動画】一般人が偶然ランボルギーニ・ウラカンEVOスパイダーに遭遇し、初めて走行状態を捉える。そのリヤの迫力は想像以上

今までのどんなスパイフォト/動画よりも鮮明 ランボルギーニはつい先日ウラカンのフェイスリフトモデル、「ウラカンEVO」を発表していますが、今回早くも「ウラカンEVOスパイダー」のプロトタイプが目撃に。過去にも一度スパイフォトが公開されているものの、「動画」としての走行状態が捕らえられたのは今回が初めてです。なお、動画を撮影したのはプロのスパイフォトグラファーではなく、偶然これを目撃した「一般の人」。 新型ランボルギーニ「ウラカンEVO」発表!640馬力、加速はフェラーリ488GTB以上、価格は2984万円 ...

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) ■ニュース

欧州仕様の新型スープラも発表!ベースグレードでも鍛造ホイール、ハイパフォーマンスブレーキ装着。90台のみの「マットカラー」限定モデルも登場

欧州仕様のスープラは走りに一切の妥協はない デトロイト・モーターショーにて発表されたA90世代の新型スープラですが、北米仕様に続き「欧州スペック」が公開に。現時点で北米ではその限定台数に言及していないものの、欧州仕様のスープラは初年度につき「年間900台」に供給が制限される、と公式発表がなされています。加えて、初回限定モデルとして、90台限定の「スープラA90エディション(Supra A90 Edition )」の発売もアナウンスされており、こうなると日本市場向けの価格や詳細についても発表が待たれるところ ...

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) ■ニュース

新型トヨタGRスープラの北米仕様は6気筒のみ。初回限定モデル「ローンチエディション」はこんな装備を持っている

トヨタは各国向けに限定モデルを用意する? トヨタは新型GRスープラを発表したばかりですが、その0-100キロ加速は「4.3秒」とトヨタ車史上最速。なお、日本の自動車メーカーが0-100km/h加速を公開することは非常に稀で、それだけトヨタは今回の新型スープラに自信がある、ということなのでしょうね。現在のところ日本での発売時期は「春」とだけ発表され、その詳細や価格は不明ですが、北米では「3.0」「3.0プレミアム」「ローンチエディション(限定)」の3つとなり、日本で導入される「2リッター4気筒」は販売されな ...

ReadMore



■その他自動車関連ニュース・ネタなど ■駄文(日々考えること)

輸入車=高級を引き摺った価格設定はそろそろやめどき?日本の購買力と輸入車の価格を考える

更新日:

名称未設定-1

最近、欧米の自動車メーカーにおける日本の地位が低下しており、日本が市場として切り捨てられはじめているのがちょっと懸念。
オペルは撤退済みでフォードも徹底しており、そのほかにも撤退を検討している自動車メーカーも多いかもしれません。








かつて日本は欧米の自動車メーカーにとっても重要な地位を占めていたはずですが、いつの間にかこういった状況になってしまいましたね。

日本市場における輸入車は基本的にオプションが多く装着され、本国仕様に比べて割高になっているものが多く見られますが、この現状を打破するにはいっそのことオプションを省いて安価な設定にして販売台数を確保する方向に走っては、と考えたりします。

というのも輸入車が高級、という概念はバブル期に発生したもので、その頃の日本の(世界における)所得水準は高かったわけですが、そこから日本の平均所得は低下し続けているのが現実(下は1993年からの平均年収推移)。

1993年 452万円
1994年 456万円
1995年 457万円
1996年 461万円
1997年 467万円※ここがピーク
1998年 465万円
1999年 461万円
動きがないので中略
2009年 412万円
2010年 409万円
2011年 408万円
2012年 414万円
2013年 409万円
2014年 414万円
2015年 415万円

これを見るとバブル崩壊後の1993年と比較しても2015年は88%に目減りしており、物価上昇率は1993-2015ではだいたい6%程度なので、これを考慮すると2015年の年収は1993年に対して86%程度にまで減っていることになります。

しかしながら実際の物価上昇はこんなものでは済まされないと考えており、初代のトヨタ86(レビン/トレノ)が150万円程度であったものが現代の86では290万円くらいになっていることを考えると、相当に国産製品の価格は上昇していると言えますね。
一方為替の関係で輸入品の価格は下がっており(メルセデス・ベンツCクラスだと当時より100万円程度安い)、加えて日用品も中国製のものが大量に入っているので、それらとの相殺であまり物価は上がっていないように統計として現れるのかもしれません。

上の例だとAE86が150万円だった時代にメルセデス・ベンツCクラスは500万円で、今だとトヨタ86が290万円でメルセデス・ベンツCクラスが480万円となっており、国産品と輸入品との価格差が小さくなっている、ということです(国産品は値上がりしており、輸入品は値下がりしている)。

日本は自給率が低くエネルギーを海外に依存していること、土地の価格がバブル期に上昇してしまったことが(国内の)製造業にとってコスト上昇を招く結果になってしまっていますが、賃金が上がらないままに物価が上昇しているのが問題で、加えて世界的な経済の成長に日本が追いついていなため、世界的に見た日本の購買力はけっこう下がっているのではないか、と考えるわけです(世界における年収ランキングでは日本は11位あたり)。

とにかく、日本では実際に生活に掛かる費用が上昇していて、その割に所得が上がらず、モノに対して支払える額というのは年々減ってきており、このあたりで輸入車も装備を省いてもっと価格を下げ、台数を売ってトータルで利益を考えるようにしてはどうかと思うのですね(国産車の価格が上がっていることを考えると、輸入車は価格を下げることで国産車のパイをかなり獲得できる可能性がある)。

でないと、欧州メーカーが以前の日本市場のイメージを引きずったままで「日本は利益を取れる国だからオプションつけて高く売っとけ」という設定だと、ますます現実との乖離が大きくなり、欧州の自動車メーカーにとっても「現実を理解する機会のないまま」日本市場に対する興味を失う結果になるだろうと考えるのですね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



-■その他自動車関連ニュース・ネタなど, ■駄文(日々考えること)
-, ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.