ad-728





>ポルシェ・カイエン関連 >ロールスロイス(Rolls-Royce)

デザイナーがロールスの新SUV”カリナン”について語る。「マハラジャの乗っていた旧いロールスをイメージ」

2017/07/19


RR-Cullinan-2

ヴィラ・デステ・コンコルソ・デレガンツァにて、BMWグループのデザインダイレクター、エイドリアン・ホーイドンクがメディアに語ったところでは、ロールスロイスの新しいSUV、「Cullinan(カリナン)」はかつてマハラジャがロールスロイスにオーダーした車高の高くタイヤの大きな車がデザインインスピレーションのもとだ、とのこと(モーターショーやイベントの場では、公式コメントの他にこういった裏話的なものも引き出せるようです)。

当時は道路が悪かったためにそういったパッケージングになったようですが、そこにCullinanの源流があるとすると、クラシカルで優雅な車になるのかもしれませんね。

なおCullinan(カリナン)はアフリカの地名で、かつて世界最大級のダイヤモンドを出したことでも有名。
欧州の人々にとっては「アフリカ」はなんとなく憧れと冒険を予想させるようで、ポルシェ「カイエン」もアフリカ原産のカイエンペッパーが語源ですし(ポルシェはそこからアフリカへの郷愁ならびに冒険心を駆り立てると発売時に説明)、フォルクスワーゲン「トゥアレグ」も北アフリカの遊牧民「トゥアレグ族(高価とされる藍色の衣類を身につける、比較的裕福な民族)」から、「ギブリ」「シロッコ」もアフリカから欧州に向かって吹く風(つまり言語が異なるだけで意味は同じ)、となっています。

->ポルシェ・カイエン関連, >ロールスロイス(Rolls-Royce)
-, ,