ad-728

>韓国車

デザイナー獲得の成果?現代がなかなかイケてるミドシップ・コンセプトを公開

2016/09/30

Pocket
LINEで送る

hyundai-rm16-n-concept-1

ヒュンダイが2014年のRM14、2015年のRM15に続き、2016年モデルとして「RM16」を発表。
エンジンは2リッター4気筒ターボですが出力は300馬力と非常に強力。
エンジンはミドシップにマウントされ駆動輪は後輪のみ、トランスミッションは6速マニュアル。
なお前後重量配分はフロント43、リア57パーセントとされています。
その他電制デフ、可変エキゾーストを備えるなど走りに特化した装備が自慢ですが、やはり何と言っても大きく変化した外観がトピック。

現代はランボルギーニ・ムルシエラゴをデザインし、その後ベントレーに移ってEXP10スピード6などをデザインしたルク・ドンカーヴォルケを獲得し、他にもベントレーのエクステリア・デザイナーも獲得。
今まで以上に現代はデザインに注力してゆくと思われますが、市販車においても相当に大きな変化があるかもしれません。

なお今回のRM16は新型ヴェロスターのプレヴューとも言われますが、ヴェロスターはフロントエンジン、フロントドライブなので、これがミドエンジン、リアドリアブに変更されるかどうかは不明。

hyundai-rm16-n-concept-2

hyundai-rm16-n-concept



->韓国車
-,