ad-728





>韓国の自動車メーカー

デザイナー獲得の成果?現代がなかなかイケてるミドシップ・コンセプトを公開

2017/05/23


hyundai-rm16-n-concept-1

ヒュンダイが2014年のRM14、2015年のRM15に続き、2016年モデルとして「RM16」を発表。
エンジンは2リッター4気筒ターボですが出力は300馬力と非常に強力。
エンジンはミドシップにマウントされ駆動輪は後輪のみ、トランスミッションは6速マニュアル。
なお前後重量配分はフロント43、リア57パーセントとされています。
その他電制デフ、可変エキゾーストを備えるなど走りに特化した装備が自慢ですが、やはり何と言っても大きく変化した外観がトピック。

現代はランボルギーニ・ムルシエラゴをデザインし、その後ベントレーに移ってEXP10スピード6などをデザインしたルク・ドンカーヴォルケを獲得し、他にもベントレーのエクステリア・デザイナーも獲得。
今まで以上に現代はデザインに注力してゆくと思われますが、市販車においても相当に大きな変化があるかもしれません。

なお今回のRM16は新型ヴェロスターのプレヴューとも言われますが、ヴェロスターはフロントエンジン、フロントドライブなので、これがミドエンジン、リアドリアブに変更されるかどうかは不明。

hyundai-rm16-n-concept-2

hyundai-rm16-n-concept

関連投稿:これは一体??ミッドエンジンと思われるヒュンダイ・ヴェロスター

韓国にて撮影されたという、ミッドエンジンと思われるパッケージング採用のヒュンダイ・ヴェロスター。
ぼくはヒュンダイがあまり好きではありませんが、ジェネシス・クーペとヴェロスターはけっこう格好良いんじゃないか、と考えています。

とくにヴェロスターはなかなかよくできており、ルノー・メガーヌに似ていなくもないですが、正直に「格好良い」と思います。

今回目撃されたヴェロスターはミドエンジンと思われ、これもルノー・クリオのホットバージョンを思わせるところですが、最近モータースポーツに力を入れているヒュンダイですので、なにか思うところがあるのでしょうね(パイクスピーク用とか)。

韓国車だと、ほかにキア・ポップも良いとは思いますが、やはりどう転んでも買うことはないだろうなあ、と思います。
なお、中国ではヒュンダイの車は多く見かけますが、香港ではまず見かけません(皆無ではない)。
同じ中華圏であっても、車文化の成熟している香港では、やはり受け入れがたいのでしょうね。

->韓国の自動車メーカー
-,