ad-728





>テスラ(TESLA) >ランボルギーニ・ウラカン関連

けっこう差があった。テスラ・モデルS P85Dとランボルギーニ・ウラカンLP610-4とのドラッグレース

2017/12/18


名称未設定-1

テスラ・モデルSとランボルギーニ・ウラカンLP610-4という「4WD」同士の対決。
ただしモデルSはフルエレクトリック4WD、ウラカンはガソリンエンジン(NA)をミドにマウントする4WDとパッケージングは完全に異なります。

馬力だとモデルS P85Dは503馬力、ランボルギーニ・ウラカンLP610-4は610馬力となっていますが、出だしの時点からモデルS得意のトルクを発揮できないままに終わっています。
なおこのP85Dは「ラディキュラス・モード」搭載とのことですが、P90D+ラディキュラス・モードであればもうちょっと違った結果となったかもしれませんね。

関連投稿:ダッジ・ヴァイパーSRT TAとランボルギーニ・ウラカンとのドラッグレース。圧倒的速さでウラカン勝利

スクリーンショット 2016-06-05 15.01.02のコピー

ダッジ・ヴァイパーSRT TAとランボルギーニ・ウラカンLP610-4とのドラッグレース。
ヴァイパーは640馬力、ウラカンは610馬力となっており出力の点ではヴァイパーに分がありますが、実際に走ってみると圧倒的なさでウラカンの勝利。

なおヴァイパーSRT TAは生産台数わずか33台のヴァイパー最強モデルで、「公道走行可能なレーシングカー」という位置付け。
SRTヴァイパーをベースにしてサーキット走行にフォーカスしたモデルではありますが、ちょっと残念な結果ではあります。

関連投稿:ランボルギーニ・ウラカンとマクラーレン650Sとのストリートレース。サウンドがナイス

スクリーンショット 2016-06-05 14.51.29のコピー

マクラーレン650Sとランボルギーニ・ウラカンLP610-4とのストリートレース。
ローリングスタートと成っており、特に両者本気で競争しているわけではなさそうですが、かなり高回転まで回しており、双方のサウンドを楽しめる動画となっています。

ランボルギーニ・ウラカンLP610-4の詳細(スペック)は下記の通り。
全長(ミリ):4459
全幅(ミリ):1925
全高(ミリ):1165
車重(キロ):1422
価格(万円):2970
最高速度(時速):325
馬力:610
0-100km/m加速(秒):3.2
エンジン:5.2L/V8
駆動方式:4WD
変速機:7速ツインクラッチ

マクラーレン650Sのスペックは下記の通り。
全長(ミリ):4512
全幅(ミリ):2093
全高(ミリ):1199
車重(キロ):1330
価格(万円):3400
最高速度(時速):333
馬力:650
0-100km/m加速(秒):3.0
エンジン:3799CC V8ツインターボ
駆動方式:MR
変速機:7速SSG(ツインクラッチ)


関連投稿:マクラーレン650Sとウラカンとの加速対決。サウンドもよく分かるメーターの動画

McLaren-570S-Is-No-Match-For-The-Lamborghini-Huracan-In-Acceleration-Test

ランボルギーニ・ウラカンLP610-4とマクラーレン650Sとの加速を比較した動画。
室内にてメーターのみのものですが、それぞれのサウンドを個別に収録しており、その比較もできます。

マクラーレン650SはMRで650馬力、ウラカンは4WDで610馬力ですが、ほぼ変わらない加速性能を持っているように見えますね。

->テスラ(TESLA), >ランボルギーニ・ウラカン関連
-,