>ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど ■新型車情報/スパイフォト/噂など >ランボルギーニの限定車関連

その価格2.7億円なるもすでに完売済み、ランボルギーニの新型ハイパーカー「LB48H」は9月に公開?

その衝撃的な姿はフランクフルト・モーターショーでお披露目される? ランボルギーニはその価格約2億7000万円のハイパーカー「LB48H」をすでに有力顧客に対しプレゼンテーションを行い、限定台数の63台を売り切ったと報じられますが(”63”はランボルギーニの創業年、1963年に因んでいる)、そのLB48Hがフランクフルト・モーターショーにて公開される、というウワサ。このLB48Hは「ハイブリッド」を採用すると言われ、そのスタイリングはランボルギーニの新時代を示すコンセプトカー「テルツォ・ミッレニオ」風になる ...

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS)

日本発、「アーティシャンスピリッツ」によるレクサスLC500ワイドボディ!レクサス北米も公式に採用したエアロパーツを見てみよう

フロント、サイド、リアアンダーに加えオーバーフェンダー、ウイングも トヨタ/レクサス系のカスタムで知られる埼玉拠点の「アーティシャンスピリッツ(ARTISANSPIRITS)」がそのレクサスLCのカスタム”ブラックレーベルGT”の最新画像を公開。※レクサスLC500”ブラックレーベル”の紹介はこちら(アーティシャンスピリッツのページ)エアロパーツ自体はすでに発売済みのものですが、ブラックのレクサスLC500に装着された画像は「初」となります。 こちらもオススメ、関連投稿この内容でカスタム費用「680万円」 ...

ReadMore

>マクラーレン(McLaren)

マクラーレンが自社カスタムによる600LTスパイダーを公開。グレーに「MSOでしか選べない」グリーンのアクセント入り

グレーにブラックはやっぱりカッコイイ マクラーレンのカスタム部門、「MSO(マクラーレン・スペシャル・オペレーションズ)」が600LTスパイダーをカスタムしジュネーブ・モーターショーに展示する、と発表。この600LTスパイダーはショーのためのワンオフとなり、ボディカラーは「ダブ・グレー」に「ネピア・ホワイト」のアクセント。なお、「ダブ(DOVE)」は「鳩」の意味ですが、「なるほど」とうなずける色合いですね。ちなみにこういった「グレー」は2015年辺りから欧州にて流行中ではあるものの、日本ではイマイチ流行ら ...

ReadMore

>フェラーリ(Ferrari)

生産わずか10台、日本市場限定のフェラーリ「J50」の売り物(走行0キロ)が登場。価格や車輌情報は「身元が明らかな」顧客だけに公開

まさかJ50の売り物が出てくるとは なんとフェラーリの日本への正規輸入開始50週念を記念して製造された「10台限定の」超限定フェラーリ「J50」の売り物が登場。これはエキゾチックカーや高級品売買サイト、James Editionに掲載されているもので、なんと走行距離は「0キロ」。所在地はもちろん日本で価格は「ASK」、そしてこれ以上の情報を知るには販売者へとコンタクトを取るしか無いものの、販売者は問い合わせを行った人の審査を行うようですね(クルマの情報、売り主の情報を守秘したいのだと思われる)。 こちらも ...

ReadMore

■近況について ■服や小物、時計、雑貨など ■ニュース

オーデマピゲの仕掛け人が立ち上げた腕時計ブランド「ゴリラウォッチ」。その新作発表会へ行ってきた

場所は神戸、カミネ旧居留地店 さて、カミネ旧居留地店にて開催のゴリラウォッチ新作発表記念パーティー「Gorilla Watch New Timepiece Drift-in Party」へ。 これは新進気鋭の腕時計ブランド「ゴリラ」より発売となる新型ウォッチ「ドリフト」の新作発表会ですが、スペシャルゲストとしてゴリラウォッチ設立者であるオクタヴィオ・ガルシア氏、そしてルーカス・ゴップ氏が来場するという豪華イベントです。なお、オクタヴィオ氏はオーデマピゲにて2004年から2015年まで在籍しチーフ・アーティ ...

ReadMore

■新型車情報/スパイフォト/噂など >プジョー(PEUGEOT)

新型プジョー「208」公式画像がリーク。508よろしく「牙」的フロントマスクを持つ男っぽいデザインに変身

新型208のデザインは207、先代208から大きくシフト フルモデルチェンジ版となる新型プジョー208の公式画像がリーク。「プジョー208」はプジョーの発売するBセグメントに位置するクルマで、もともと205→206→207、そして先代208(というか2012年に登場した現行モデル)という流れでモデルチェンジ。つまりこれまではモデルチェンジの都度、一つづつ数字が増えていたものの、今回は「208→208」という同じナンバーの中でモデルチェンジを行うことに。この意図は不明ですが、単に「数字が足りなくなるから」な ...

ReadMore

>フェラーリ(Ferrari) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

【動画】フェラーリがジュネーブ・モーターショーにて、488GTB上位となる新型ハイブリッドスポーツカーを発表?

以前からフェラーリは488の「上」にみならず「下」にもスポーツカーを投入すると言われてきたが フェラーリがジュネーブ・モーターショーにおいて新型スーパースポーツを公開するのでは、というウワサ。これはカーメディアAutoNewsが報じたもので、488GTBの上位に位置し、ハイブリッドパワートレーンを持つ、と言われます。なお、ほかメディアの報道だとこれはフェラーリ488GTBの「別モデル」ではなく488GTBの後継だという説、そしてV6+ハイブリッドパワートレーンを搭載した「ディーノ」だとする説も。

ReadMore

■新型車情報/スパイフォト/噂など >プジョー(PEUGEOT)

プジョーがイケてる5ドアセダン「508スポーツエンジニアード・コンセプト」発表。ワイドボディに過激エアロ装備、市販化も検討中

プジョーが新型コンセプトカー、508スポーツ・エンジニアード・コンセプト(508 Sport Engineered Concept)を公開。実車はジュネーブ・モーターショーにてお披露目されるとのことですが、まずは大量の公式画像をリリースしています。この508スポーツ・エンジニアード・コンセプトは「508ハイブリッド」をベースにしたもので、より「エレクトリック」「パフォーマンス」にフォーカスしていることが特徴。

ReadMore

>BMW(ビー・エム・ダブリュー) ■ニュース

日本ではまだ展示車すら配備されていない新型BMW 3シリーズ。早速BMW正規ディーラーが公式カスタムを行う

やはり新型3シリーズのカスタム一番乗りは「BMWアブダビ」だった BMWアブダビが発表されたばかりの3リーズ(G20)、330iを早速カスタムして展示。BMWアブダビは、BMWはもちろんのことロールスロイス、ミニというBMWグループのブランドすべてを扱う正規ディーラーで、ロールスロイスに関しては「世界で最も台数を売る」と言われています(BMWブランド単体だと、アメリカのロングビーチにある正規ディーラーが最大という話)。 まだまだ新型3シリーズについてはディーラーへの配備はもちろん、メディアへの試乗車手配も ...

ReadMore

>アルファロメオ/フィアット/アバルト(Alferomeo/FIAT/ABARTH) ■近況について ■ニュース

アルファロメオ・ステルヴィオの最強モデル「クアドリフォリオ」を見てきた!標準モデル比5センチワイドなフェンダーはダテじゃない

標準(2リッターターボ)モデルのステルヴィオとはずいぶん違う印象 さて、アルファロメオ・ステルヴィオのトップレンジ「クアドリフォリオ」の展示車と試乗車が登場し、さっそく見にゆくことに(後に試乗レポートも公開)。ステルヴィオ・クアドリフォリオは「ジュリア・クアドリフォリオ」同様にフェラーリ設計による2.9リッターV6ツインターボエンジンを搭載して510馬力を発生。 ▲こちらは2リッターモデル アルファロメオは「このエンジンはフェラーリとは全く違う」と主張するものの、一気筒あたりの排気量、ボア&ストロークはカ ...

ReadMore



>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz)

AMG GT Rが正式公開。ワイドボディ装備ながらもマイナス90キロの軽量化

投稿日:2016/06/25 更新日:

mercedes-amg-gt-r-1

画像がリークされてしまったAMG GT Rですが、その詳細が正式に公開。
やはり先にリークされた画像はオフィシャルフォトの一部だったようで、今回発表された公式画像の一部に含まれています。








エンジン出力はすでに公表されている通り577馬力で、重量は標準モデルよりも90キロ軽い1554キロ。
ポルシェ911やアウディR8を仮想ライバルとしており、アグレッシブなフロントバンパー、リアバンパー、ディフューザー、そして固定式ウイングを持っています。
なお、グリルはAMG GT3と共通の「AMGパナメリカーナ・グリル」とのこと。
フェンダーは変更がないように見えますが1.8インチ広がっているとアナウンスされており、肉眼で見るとかなり迫力がありそうですね。

mercedes-amg-gt-r-8

トランスミッションは標準モデル同様デュアルクラッチですが、ギア比がよりオープンに変更される一方、7速は6速と近い設定に。

エキゾーストシステムは標準モデルよりも5.9キロ軽く、リアホイールステアリングが装備されるのも特徴。
これはポルシェ、そしてランボルギーニも装備するようになっており、今後ハイパフォーマンスカーにおいては必須の装備となるかもしれません。
時速100キロまでは逆位相、それ以上の速度だと同位相にリアホイールが動く、とのこと。

mercedes-amg-gt-r-10

ホイールはフロント19インチ、リア20インチでタイヤはミシュラン・パイロットスポーツ・カップ2。

その他の装備としては電制デフ、可変ステアリングレシオ、カーボンファイバー制トルクチューブ(マイナス13.8キロを実現)、セラミックディスクブレーキ(16.7キロ軽量化)など。

mercedes-amg-gt-r-2

内装ではブラックレザーとマイクロファイバーで覆われたAMGパフォーマンスシート、シートベルトなどイエローのコントラスト、ピアノブラックのトリムが装備される、と公表されています。

デリバリーは2017年夏から、価格は北米で131,200ドル。

mercedes-amg-gt-r-3

グッドウッドでのメルセデスAMG GT R発表の場ではルイス・ハミルトンも登場し、GT4やサーキット専用モデルなど今後のGTシリーズの展開についても発表があったそうです。

mercedes-amg-gt-r-4

mercedes-amg-gt-r-5

mercedes-amg-gt-r-6

mercedes-amg-gt-r-7

mercedes-amg-gt-r-9

mercedes-amg-gt-r-10

mercedes-amg-gt-r-11

mercedes-amg-gt-r-12

mercedes-amg-gt-r

こちらは発表の様子ですがなんとヘリで登場し花火、そしてF1のピットクルー風のスタッフによってアンヴェール。


関連投稿:メルセデスがAMG GT Rのスペック公開。577馬力、0-100キロ加速は3.6秒

メルセデスがAMG GT Rのスペックを公開。
エンジンは4リッターツインターボのままですが、馬力はAMG GT Sの503馬力から一気に577馬力へ。
これによって0-100キロ加速は3.6秒に短縮され、最高速度は時速318キロに向上している、とのこと。

すでに動画も二本公開されており、あとは6/24の実車公開を待つばかりですね。


関連投稿:メルセデスAMG GT Rに採用される空力効果の説明動画が公開に。フロントは可変エアロ装備

名称未設定-1

メルセデスAMG GT Rの空力性能を解説する動画が公開に。
時速80キロになるとフロントバンパー下のカーボンパーツが可変し、ベンチュリー効果によってフロントアクスルのリフトを50%軽減。
これは同時にブレーキのクーリングにも役立つようですね。

一方でリアディフューザーも当然ながら整流効果を発揮しリアアクスルの安定に貢献している、とのこと。
最近はハイパフォーマンスカーも競争が厳しくなり、フェラーリやアストンマーチンでも同じですが、空力性能の解説に力を入れることで他社に優位に立とうとする戦略が見られます。
以前はこういった車については一部のマニア(もしくは車に詳しい人)が買っていたために細かい説明は不要であったかもしれませんし、まずはディーラーで説明を受けるためにこういったネット上でのプロモーションは不要であったかもしれませんが、現代では様々な人が購入したり、ディーラーに出向く前に買う/買わないといった意思判断を行うことがあるので、やはりメーカー側からの情報発信が重要なのでしょうね。

関連投稿:ルイス・ハミルトン語る。「AMG GT Rのハミルトンモデルを出したい」

lewis-hamilton-mercedes-amg-gt-r-0

ルイス・ハミルトンはAMG GT Rのティーザー動画にも登場し、グッドウッドでの公開にも参加していますが、そのAMG GT Rについて「ルイス・ハミルトンモデルを作りたい」とコメント。

「はじめてAMG GT Rを見た時には既に完成されていて、自分としてはアイデアがあったがそれを反映させる機会がなかった」と語っており、ロードカーに対して自身のアイデアを盛り込みたいという意向をアピール。

なおハミルトンはパガーニ・ゾンダ760「LH」をワンオフで制作しており、バイクだとAMGと協力関係にあるMVアグスタと「Lewis Hamilton Brutale 800 Dragster RR」を共同開発していますね。

ハミルトンは生粋のレーシングドライバーというよりはマネジメントやセルフプロデュースにも長けたビジネスマンのように思われ、将来的にはそのネームバリューを活かしたビジネスをはじめるのでは、と考えています。

関連投稿
ルイス・ハミルトンがMVアグスタの限定バイク開発に協力

こちらはルイス・ハミルトンがAMG GT Rをドライブする動画。
例の「グリーンヘルの獣」の続編ですね。

こちらはメルセデスが解説する、AMG GT Rのエアロダイナミクス。

関連投稿:オイオイなんだこの音。AMG GT Rのティーザー動画公開。「グリーンヘルの獣」

名称未設定-1

メルセデスAMGがAMG GT Rのティザームービーを公開。
「グリーンヘルの獣」と題されており、警備員が怪しげな気配を感じてパトロール中の車から出てみると、AMG GT Rの轟音が鳴り響く、という内容。

手持ちカメラでわざとブレを出しており、このあたり「REC」「ブレア・ウィッチ・プロジェクト」「クローバーフィールド」などのホラームービー風の仕上がりとなっています。

動画ではすさまじい「唸り声」をあげていますが、AMGは最近の車としては相当に大きな音を出すブランドで、かつその音はぼく好みということもあってAMG GT Rには非常に期待しています(アメリカンV8のような低い轟音)。
エンジンはV8ツインターボ、585馬力を発生すると言われますが今のところ詳細は不明。

関連投稿:AMG GT R=「グリーンヘルの獣」プロモ動画第二弾。ハミルトンがジャングルを探検

スクリーンショット 2016-06-18 8.54.01のコピー

先日公開された「グリーンヘルの獣」ことメルセデスAMG GT Rのティーザー動画が追加公開に。
前回の動画とは関連性がないようですが、ルイス・ハミルトンがジャングルの中を探検(獣を追跡?)しているという設定。

ハミルトンといえばレーシングスーツのほかはセレブっぽいファッションが多いだけに、こう言った服装はかなり新鮮。
この動画でもAMG GT Rのエキゾーストサウンドがフィーチャーされています。


関連投稿:メルセデスAMG GT Rの画像が流出。思いっきり押しの強い顔つきで登場だ

AMG-GT-R3

ポルシェ・パナメーラに続いてメルセデスAMG GT Rの画像も流出。
ホイールのリム部分はボディカラー同色だと思っていましたが、どうやら切削加工のようですね(ティーザー画像では周辺のグリーンが映り込んでいただけの模様)。

出力は577馬力、0-100キロ加速は3.6秒。
他スペックは明らかではありませんが、軽量化に加えてステアリング、ブレーキ、サスペンションなど走行性能に関わる部分はすべからくアップグレードされていると見て良いでしょう。

ボディカラーはAMGグリーン・ヘル・マグノ、フロントグリルはAMG GT3のような迫力のあるデザインですが、この縦状のルーバーは1950年代のW194 300SLガルウイングをモチーフにしていると言われています。

AMG-GT-R1

AMG-GT-R2

AMG-GT-R4

関連投稿:メルセデスAMG GT Rは2000台限定か?メルセデス・ベンツ関係者語る

Mercedes-AMG-GT-R-3

グッドウッドにて発表されたメルセデスAMG GT Rですが、関係筋によると2000台限定の可能性がある、とのこと。
なお発表時には限定台数については述べておらず、今になって限定を匂わすということは「イマイチ発表後の反応が良くなかった(希少イメージを煽っている)」とも考えられます。

価格は北米では18万ドルあたりですが日本での価格は2200万円ほどになると見られ、その価格だとマクラーレン540C、ランボルギーニ・ウラカンLP580-2と同等の値付けとなり、パフォーマンスを考えるとやや競争力にかけるかも知れませんね。

関連投稿:メルセデスAMG GT Rが公道を走る。大量のケイマンGT4も登場

名称未設定-1

開発中のメルセデスAMG GT Rが公道を走行。
AMG GTを伴いガレージから出てきていますが、かなり大きな音を出しています。
なおAMG GTのサウンドは非常にぼくの好みとマッチしており、アメリカンV8のようなドロドロという感じの音ですね。
ジャガーFタイプもこれに近い音(しかしもっと繊細)で、こちらも素晴らしい音だと考えています。

なお動画はどこかサーキットの近くで、これからサーキットに車両を持ち込むところなのだと思われますが、途中で大量のポルシェ・ケイマンGT4(ペースカーのような車両?)が出てくるのにはちょっとびっくり。
ある意味でメルセデスAMG GT Rよりもそちらのほうが気になります。

名称未設定-2

メルセデスAMG GT Rは一説では550馬力、または600馬力を発生するとされますが、まだまだ名称含め謎の多いモデルです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



  • この記事を書いた人

JUN

新しいモノ、テクノロジー好き。「クルマ好き」に分類されるはずだが、一般にはそれを隠して生きている。クルマだと軽自動車、スーパーカー、電気自動車まで興味を広く持つ。どんなクルマにも作られた人の魂が込められていると信じていて、そのため「よりデザイナーが情熱を注いだであろう」珍車がとくに好き。座右の銘は「情熱と愛情さえあればなんとかなる」。職業は(それが職業と言えるならば)投資家、ブロガー。

->AMG/メルセデス(Mercedes-Benz)
-,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.