>ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど >マツダ(MAZDA)

生き残るには軽量化だ。次期マツダ・ロードスターはカーボンファイバーを大量に使用

投稿日:2016/07/28 更新日:

mazda-mx-5-speedster-1

マツダ・ロードスターは新型が登場したばかりではありますが、すでに次期型の構想が練られている模様。
サイズは現行モデル同様にコンパクトなままで、さらなる軽量化も追求するとのことで、これを達成するために相当量のカーボンファイバーを使用する、と報じられています。

マツダによると「サイズ(コンパクトさ)は正義だ」としながら、「今はカーボンファイバーは効果だが、我々はまだ安価に製造できるカーボンファイバーを開発した」としており、価格の上昇の最小限に抑えるようですね。
加えてエンジンは3気筒を検討するなど、次期型ロードスターはとことん軽量性にこだわる模様。
一歩でスピードスターのようなモデルは「一つの夢」としており、「生産は難しいだろう」とも。

現在、燃費向上や環境対策としては各メーカーとも様々な手法を採用しており、トヨタはハイブリッドや燃料電池、BMWやランドローバーはEV、VWアウディグループはダウンサイジングターボ、ハイブリッドやEVといった感じで各社各様。

なおダウンサイジングターボやハイブリッドに興味を示さずに「軽量化」を追求するのはランボルギーニで、アルミとカーボンの多用にてこれを実現する方向。
「セスト・エレメント」では車のほとんどをカーボンで製造し、V10エンジンを搭載しながらも重量999キロに抑えていますし、つい先ごろもカーボン製のコンロッドを発表したばかり(”フォジド・コンポジット”と呼ばれる一連のシリーズ)。

カーボンというところではゴードン・マレーの「I Streamカーボン」も次世代技術としては有力で、これはスチールをカーボンでサンドイッチするもの。
オールカーボンに比べると大きく価格をセーブすることができ、しかし軽量化も実現できると言われ、ヤマハの発売するスポーツカーや新型TVRに採用されると言われます。

こちらもオススメ、関連投稿10選

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

こちらもどうぞ。人気記事

1

| 乗ってゆくクルマでディーラーの対応は間違いなく変わる | 高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、 ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

フロントバンパーレス、悪魔のZっぽい インテリアのカスタムで知られるVilnerがフェアレディZの内外装をカスタムして公開。なんとも魅力的なボディカラーを持つフェアレディZですが、この個体にはちょっと ...

4

「オレ、ランボルギーニ買うわ」 (一般的な収入の人が)そう言ったときの、奥さんもしくは彼女さんの反応はほぼ一様だと思うんですよね。 あきれたり、「絶対無理」と一蹴されるよりも先に、結婚前だと「あたしと ...

5

ランボルギーニ・アヴェンタドールSの購入を検討開始。 ぼくはガヤルド、ウラカンと二台ランボルギーニを乗り継いだ割にはV12モデルには疎く、その標準装備やオプションについてはほとんど無知。 まずは見積も ...

->ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど, >マツダ(MAZDA)
-, , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.