■新型車情報/スパイフォト/噂など >中国/香港/台湾の自動車メーカー >VW(フォルクスワーゲン/Volkswagen)

エレクトリック、自動運転、コピー、ニッチなど。上海モーターショーにはこんなクルマが出展されている

中国の自動車市場は独自の方向性に向けて動き出しているようだ 現在中国では「上海モーターショー」が開幕していますが、そこでは他の国とは異なる様相が見られる模様。中国はEVの製造、消費者にとってはEV登録時に優遇措置が受けられるということもあり、現在「EVバブル」。よって多数のEVが上海モーターショーに登場しているようですが、ここで上海モーターショーに出展されるクルマを(EVに限らず)紹介してみたいと思います。

ReadMore

>アウディ(Audi) >アルファロメオ/フィアット/アバルト(Alferomeo/FIAT/ABARTH) >フェラーリ(Ferrari) >スズキ(SUZUKI)

スズキが200万台規模のリコールを届け出。そのほかフェラーリ、アウディ、アルファロメオも相次いでリコールを発表

フェラーリはエアバッグ、アルファロメオはブレーキ、アウディは燃料関係 先般より報道のあったスズキの大量リコール。スズキが4/19付けにて200万台を超えるリコールを国土交通省へと届け出ていますが、そのほかにも(別の内容で)アウディやフォルクスワーゲン、フェラーリ、ホンダもリコール届け出。新年度から相当にリコールの多い年となっていますが、ここでその内容(一部)を見てみましょう。 こちらもオススメ、関連投稿香港は知られざるスーパーカー天国。多くのスーパーカーやカスタムカーが走っている意外と出てくるのが遅かった ...

ReadMore

>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz)

メルセデス・ベンツの最上級SUV、「GLS」発表!シートは3列目までもが「電動調整式」、SUVにおける”Sクラス”

走る道を選ばず、最高の乗り心地を実現。いずれはマイバッハも投入か メルセデス・ベンツが新型GLSを正式発表。「S」と名のつく通り、SUVシリーズの「Sクラス」に相当するモデルで、BMW X7と真っ向からぶつかるクルマ。初代GLS(X166)は2015年に登場していて、それを考えると現段階でのフルモデルチェンジはちょっと早いような気もしますが、現行GLSはダッジ・デュランゴのプラットフォームを使用しており、メルセデス・ベンツとしてはこれを自社設計へと切り替えたいという意図があるのかもしれません。 そのため新 ...

ReadMore

>スバル(SUBARU)

スバルがまた売れそうなクルマを発表!新型「アウトバック」はクロスオーバーSUVのフラッグシップ

北米市場では喝采をもって迎え入れられそうだ スバルがニューヨーク・モーターショーにてフルモデルチェンジ版となる「アウトバック」を公開。スバルによれば、アウトバックは「フラッグシップクロスオーバーSUV」という位置づけとなり、今回のモデルチェンジで目指したのは「知的好奇心を刺激し、新たな発見を促すクロスオーバー」。外観上だと樹脂製の大きなクラディングが目に入り、いかにもワイルドそしてアクティブといった印象を受けますね。なお、スバルのデザインフィロソフィーは全車共通して「ダイナミック×ソリッド」ですが、今回の ...

ReadMore

>日産/インフィニティ(Infinity) ■ニュース

日産GT-R 2020年モデル発表!FUJITSUBO製チタンマフラー、細部のブラッシュアップにて各グレードとも40万円前後の価格アップ

内容を見ると、値上げの範囲は十分に納得できるどころか「お買い得」 日産がGT-Rの2020年モデルを発表。同時に「GT-R NISMO 2020年モデル」「GT-R 50thアニバーサリー」を発表しており、50周年を迎えるにあたって大きな盛り上がりを見せています。※2020年のGT-R諸元表はこちらなお、現行R35 GT-Rは2007年に登場していますが、12年目に突入した今でも、その輝きがまったく色あせていないと思います。 こちらもオススメ、関連投稿海の向こうでは大人気!RX-7、GT-Rはじめマツダ、 ...

ReadMore

>日産/インフィニティ(Infinity) ■ニュース

日産が「GT-R50周年記念」モデル”GT-R 50thアニバーサリー”発表。1年間の期間限定受注、価格は1319~1351万円

ベースはGT-Rプレミアム・エディション、ベースモデル比でプラス100万円 日産がGT-Rの2020年モデル発表とともに、GT-R生誕50週年記念モデル「NISSAN GT-R 50th Anniversary」を発表。日産はGT-Rの50周年を迎えるにあたり、すでにイタルデザインとのコラボレーションにて「GT-R50 by Italdesign」を発表していますが、こちらは限定50台、その価格も1億3000万円という高嶺の花となっています。今回発表されたNISSAN GT-R 50th Annivers ...

ReadMore

>日産/インフィニティ(Infinity) ■ニュース

日産GT-R NISMO 2020年モデル発表!カーボンパーツ、セラミックブレーキ投入などで-40.5kg、タービンも変更されレスポンスも向上

ルックスはさらにアグレッシブに。視覚的な満足感も向上したGT-R NISMO 2020年モデル 日産がGT-R NISMOの2020年モデルを発表。内容を見ると「軽量化」「ドライバーと車両との一体化」「制動力強化」がその大きな内容となっているようですね。※すでに日産は2020年モデルのGT-R NISMOのコンテンツを公開済みなお現時点では価格の公表はなく、5月中旬から先行予約を開始する、とアナウンスされていますが、ここでその内容をざっと見てみましょう。 こちらもオススメ、関連投稿海の向こうでは大人気!R ...

ReadMore

>ポルシェ911関連

ポルシェ911「スピードスター」正式発売!限定1,948台、GT3スペックを持つコレクターズアイテム

コンセプトモデルにかなり近い姿で登場。しかしタルボットミラーはやはり採用見送り ポルシェがニューヨーク・モーターショーにて「911スピードスター」を発表。これは2018年6月9日に創立70周年を迎えたポルシェが「70周年記念」として発表した911スピードスター・コンセプトの市販モデルとなります。ベースとなるのは992ではなく991.2世代の911で、エンジンは4リッター・フラットシックス、出力は502馬力。このエンジンそのものは911GT3(500馬力)/911GT3 RS(520馬力)と基本的に同じです ...

ReadMore

>中国/香港/台湾の自動車メーカー >ロータス(Lotus)

なんと中国国旗を身にまとう”ロータス・エヴォーラGT4”コンセプトが発表に。ロータスは中国でドライバー育成を行うなど一気に中国シフト

まさかここまで急速に中国化が進むとは ロータスが「エヴォーラGT4コンセプト」を上海モーターショーにて発表。これは文字通り「GT4クラス」に参戦することを想定したクルマで、2020年に実際に戦うことになるレーシングカーのプレビューとなります。ただ、驚くべきは前半分が英国国旗(ユニオンジャック)風、そして車体の後ろ半分が中国国旗風なところ。 こちらもオススメ、関連投稿ロータス「スポーツカーの生産は継続して英国で。だがSUVはそれ以外になる」→SUV発売がほぼ確実に【動画】キー上で車両の情報確認や機能の操作を ...

ReadMore

>ロールスロイス(Rolls-Royce)

ロールスロイスにとって最重要市場となった中国。上海モーターショーには「ショー専用」ワンオフモデルを投入してアピールへ

キックプレートには「上海モーターショー」の文字が入る ロールスロイスが上海モーターショーに「フルラインアップ」で臨み、ショー専用のワンオフモデル(カリナン、ファントム、レイス、ゴースト)を公開。なお、ロールスロイスは2018年において記録的な売上を計上していますが、その大きな要因は中国の伸びであったとされ、その後にロールスロイスは中国の「ブタ年」にちなんだカリナンを発表するなどし、中国に対して友好姿勢を示しています。 ロールスロイスが全力で中国に媚びる!中国の「ブタ年」にあわせて特別仕様のカリナンを投入し ...

ReadMore



>ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど >フェラーリ(Ferrari)

なぜランボルギーニは一般に人気が出ないのか?を考える

投稿日:2016/08/07 更新日:

IMG_1350

なぜランボルギーニはあまり一般人に人気が出ないのか、ということについて考えてみます(フェラーリはほぼ誰でも知っているが、ランボルギーニはそうではない)。
それは「なぜフェラーリは人気があるのか」という問いと対をなすようにも思えますし、その問いに対する回答が、最初の問いかけに対する間接的な回答ともなりうるのだと、ぼくは考えます。








ランボルギーニは、ご存じのとおり転々とオーナーが代わってきた企業で、経営権は創業者のフェルッチオ・ランボルギーニからスイスの投資家ロゼッティ、イタリア政府、ミムラン、クライスラー、メガテック、そして現在のアウディへと渡っています。

初代を除いては現在のアウディがもっとも安定したオーナーであり事実成功を納めていますが、そこへ至るまでの変遷がランボルギーニという企業そしてイメージをあいまいなものとしてしまった、とも言えるでしょう。
つまりは「一貫性」に欠けていたとも言えるわけで、そのような条件のもとで「不安定でなにを作っているのか良くわからない自動車メーカー」という印象を人々に与えてしまったのだと思います。
進むべき方向性も定まらないまま名前ばかりが先走ってしまったとも考えられますね。

それに対してフェラーリのコアはやはり「F1」であり、とにかくF1、そしてイタリアン、そしてイタリアンレッド(企業カラーは黄色ですが)、と人々のもつイメージが一貫しています。
それはハーレー・ダビッドソンが人々に植え付けたイメージが一貫しているのと同じであり(誰もがハーレー=アメリカン、と捉えていると思う)、それこそが企業の「特徴」で、かつ支持を集める原動力となり、ひいては「排他的な強み」へと昇華しているとも考えられますね。

厳しい経済競争の中ではそういった「強みをもつ」企業のみが生き残ることができることができますが、「ブランド展開」という経営はなぜかドイツ企業が優れているようで、VWアウディグループのブガッティや、BMWグループのミニ/ロールスロイスなど、そのブランドの持つ、そしてブランドの思想を初代経営者以上に色濃く反映したような車が出てきたりして、それぞれに成功を収めています。
ドイツ人はブランドの何たるかを理解しており、そのブランドの存在意義、人々がそのブランドに期待していることを理解していると言って良いでしょうね。

その意味では、ランボルギーニはアウディ傘下に入ってからは明確な方向性を打ち出し、ブランドイメージの統一や向上に努め、そしてそれは成功していると認識しています。

しかしながらランボルギーニがフェラーリに対し、イメージや知名度・販売台数とも及ばないのは、フェラーリが持つような「華」が無いからでは、と思うのですよね(やはりランボルギーニは無骨なイメージがある)。
フェラーリはかねてより築いてきた貴族的なイメージ、F1での成功による信頼性、「成功者の証」という共通認識があります。
フェラーリはF1イメージやテクノロジーを市販車に反映させるのが非常に上手で、そのあたりがフェラーリの持つ「明確な方向性」を一般人にも知らしめているのだと思うのですよね。

しかしながらランボルギーニが安定したのはアウディ傘下に入った後であり、デザインやイメージにおいてはフィードバック元(フェラーリで言えばF1)も無く、近年の「Y」を用いたや戦闘機イメージを反映させだしたのもここ数年であります(ただしミウラやカウンタックなど、有形資産はフェラーリに劣らないと認識)。
さらにはブランドの生い立ちに起因する「成金」イメージ、フェラーリの「馬」に対する「牛」という粗野なイメージもあって、イマイチ「華」という点に欠けると思うわけです。
もちろんランボルギーニもそれがわかっているので、空軍とのコラボ、エクストリームなデザインなどを用いて、フェラーリの持つ「華」とは別の方面に活路を見出そうとしているのかもしれません。

なお「ブランド」として成立する要件のひとつに「歴史」があると言われ、ずっと同じことを70年ほどやってきたフェラーリと、ここ10数年でイメージが固定化されてきたランボルギーニとで「差」が出るのは当然なのかもしれませんね。

加えてフェラーリを購入する層、というのはある程度一般人にも推測できると思います。
フェラーリを購入するのはこういった人で、フェラーリに乗っている人はこういう人、というイメージはある程度明確だと考えています。
つまり、自動車の持つイメージと実際のオーナーとのイメージとの間に乖離が少ない、と言って良いかもしれません。
それがメーカーのマーケティングの賜物か、長期にわたる企業活動の「結果」であるかは別として、そのような「ある程度その製品のオーナーが推測できる」商品は次の展開が行いやすく、失敗の確率もより低い、と考えられます。

その商品の仮想ターゲットつまり「ペルソナ」がはっきりしている、ということですが、そのペルソナがはっきりしていれば、そのペルソナに対する的確な商品の提案ができますし、逆にそのペルソナ以外への、新たな市場開拓のための商品提案もできるわけです(フェラーリだとカリフォルニアやFF/GTC4ルッソが新規市場開拓の戦略的商品)。

現在のところランボルギーニにおいてはまだまだ「どんな人が乗るのか」という一般的なイメージが安定しておらず(速さを求めて乗るのか、何をランボルギーニに期待して乗るのか)、それはいまのところ一番の「ウリ」がデザインなのか動力性能なのかがまだ明確ではない、というところに起因するのかもしれません。
現在ランボルギーニはアヴェンタドールSVでのニュルブルックリンクのラップタイムなど「パフォーマンス」を強調する方向に動いていますが、フェラーリのF1やポルシェのル・マンのようにモータースポーツ活動に本腰を入れることはなく(ブランドの生い立ちが影響)、マクラーレンのようにF1をバックボーンに持ち「速さだけを追求」という雰囲気でもなく、立ち位置としては微妙なところにあるのでは、ということですね。

ただしそれでも「エクストリームなデザインといえばランボルギーニ」というイメージは少なからず根付いていると思いますので、もうちょっと時間をかけて「デザイン」をさらに強化してゆけば独自の立ち位置を確保できるのだろう、と思います。

名称未設定-1

なお検索キーワードとしては「フェラーリ」は下降気味で「ランボルギーニ」は上昇気味(青がフェラーリ、赤がランボルギーニ)。※カタカナ(日本)、アルファベット(世界)とも同様の傾向が見られる
このあたりランボルギーニの地道な努力が結実してきていると考えて良いでしょうね。



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



  • この記事を書いた人

JUN

新しいモノ、テクノロジー好き。「クルマ好き」に分類されるはずだが、一般にはそれを隠して生きている。クルマだと軽自動車、スーパーカー、電気自動車まで興味を広く持つ。どんなクルマにも作られた人の魂が込められていると信じていて、そのため「よりデザイナーが情熱を注いだであろう」珍車がとくに好き。座右の銘は「情熱と愛情さえあればなんとかなる」。職業は(それが職業と言えるならば)投資家、ブロガー。 現在は複数カーメディアにて記事を連載中。

->ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど, >フェラーリ(Ferrari)
-,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.