>アウディ(Audi)

0-100キロ加速2秒!アウディPB18 e-tron市販化に向けてアウディ幹部が動き始める

| アウディPB 18 r-tron市販の可能性がわずかながら浮上 | アウディのエクステリアディナー統括責任者、アンドレアス・ミント氏が英国Autocarに語ったところでは、ペブルビーチにて公開したコンセプトカー「PB18 e-tron」の市販化に向け、現在本社に強力に働きかけている、とのこと。 なおPB18 e-tronの大きな特徴はインテリアにあり、ステアリングコラムとシート、その他操作系が一緒になったユニットが右に左にと動き、つまり「右ハンドルにも、左ハンドルにも、センターハンドルにも」なる、とい ...

ReadMore

>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) ■ニュース

ブラバスが新型メルセデス・ベンツAクラスのカスタム「B25」公開。ベースはAMGではなくA250、これはいいかも

| ブラバスがなぜかメルセデスAMG A35ではなくA250をチューンした | ブラバス(BRABUS)がメルセデス・ベンツA250のチューニングプログラム「B25」を発表。 AMGモデルの”A35”ではなく、通常ラインのA250をベースとしたところがミソとなっています。 エンジンはブラバスの「PowerXtra」パッケージによってノーマルの224馬力から46馬力アップの270馬力となり、0-100キロ加速は5.9秒、最高速度は時速250キロをマーク。 なおメルセデスAMG A35は306馬力、0-100 ...

ReadMore

■近況について ■服や小物、時計、雑貨など ■ニュース

「セイコー×ジウジアーロ」復刻腕時計を買ってみた!イタ車乗りには「イタリアンカラー」バージョンだ!

| 予約していたセイコー・ジウジアーロがやってきた | さて、先日”19年ぶり”に復刻されると紹介した「セイコー×ジウジアーロ」デジタル腕時計ですが、予約していた”エストネーション”モデルが早速やってきたので紹介したいと思います(セイコー本体が販売するものに比較すると発売が1ヶ月近く遅く、おそらくはセイコーがオリジナルモデルとの競合を避けるためにデリバリーを遅らせたのだと思われる)。 このセイコー×ジウジアーロはもともと35年前に「スピードマスター」として発売されたものですが、その後商標の関係か「スピード ...

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) >ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA) >マツダ(MAZDA) >韓国の自動車メーカー ■ニュース

【統計】最も壊れにくいのはトヨタ、修理費が最も安いのはマツダ。疑惑の韓国勢も上位にランクイン

故障のカウントはチェックランプベース。韓国車はチェックランプが簡単に点かないのか 今回、「CarMD」が各メーカーの自動車に発生するトラブル(エンジンチェックランプの点灯回数をカウント)をまとめ、かつ修理コストについて統計をとった結果を発表。これは1996年式から2018年式までの560万台を調査した大々的なもので、その母数を考えるとけっこう「アテにしていい」データかもしれません。 こちらもオススメ、関連投稿2018年品質調査。韓国勢が1-3位独占、もっとも改善したのはマツダ、一番信頼できるクルマはポルシ ...

ReadMore

>ポルシェ911関連 ■新型車情報/スパイフォト/噂など

新型ポルシェ911カブリオレには蛍光っぽいグリーンも追加?新しい形状のヘッドライトも

ポルシェは1990年代風の明るいボディカラーを復活させる? さて、すでに新型ポルシェ911カレラSが発表されていますが、続々とそのバリエーションがテスト中。これまでにも911カブリオレ、911ターボ、911GT3といったバリエーションが目撃される中、今回はそのうちの911カブリオレ、しかし「これまでに無い「新ボディカラー」を身にまとったプロトタイプが激写されることに。 そのボディカラーはなんと「蛍光グリーンっぽい」明るい緑で、マカンに採用された「マンバグリーンメタリック」も驚きではあるものの、このグリーン ...

ReadMore

>ポルシェ911関連 ■ニュース

ニュル最速、ポルシェ911GT2RS「MR」の価格が公開。7秒を削るのに1226万円の「MRキット」装着が必要

「標準の」911GT2RSは3656万円、つまり合計で4882万円 現在、ニュルブルクリンクの「王座」争いはランボルギーニとポルシェによって行われており、まず2017年に、2013年以来王座にあったポルシェ918スパイダーの記録(6:57.00)を、ランボルギーニが「ウラカン・ペルフォルマンテ」で更新(6:52.01)。するとその直後にポルシェが「911GT2 RS」にてさらにタイムを短縮し(6:47.03)、さらにランボルギーニは6:44.97にてこれを破ることとなっています。そして問題は「その後」で、 ...

ReadMore

>フォード(FORD) >ランボルギーニ・ガヤルド関連 ■ニュース

まさかの「ランボルギーニをマスタングに」改造したクルマ。見た目はFR、実はミドシップ

ポルシェ911ターボのパーツも使用、この仕上げは驚くべきレベル アメリカンマッスルカーとイタリアンスーパースポーツとは「パフォーマンスは似ていても」その性質は大きく異なり、それぞれにファンが付いている、という状況かと思います。そしてイタリアンスーパースポーツにはミドシップが多く、アメリカンマッスルにはFRが多いようにも思いますが、なんと今回登場するのは「その両方」をかけあわせてしまったクルマ。 こちらもオススメ、関連投稿これまで見たカスタム・マスタングの中でNo.1。英国空軍モチーフのマスタングGTが登場 ...

ReadMore

>フェラーリ(Ferrari) ■ニュース

フェラーリはパーツだけでもやっぱりフェラーリ!399台が限定販売されたエンツォフェラーリのエンジン単体が4100万円で販売中

フェラーリのパーツは「腐っても(腐ってないけど)」鯛。どんな状態でも最高の価値を発揮する ebayにて、エンツォフェラーリ(2003)のエンジン単体が販売中。6リッター自然吸気V12、出力は650馬力というスペックですが、販売者の掲げる即決価格はなんと「4100万円」。フェラーリ812スーパーファストの新車価格が3910万円ということを考えると「異常」とも言える価格設定とも考えられそう。 ただ、エンツォフェラーリは現在3億円近い価格で取引されるクルマでもあり、その価格を考えると、クルマの中でも大きな価値を ...

ReadMore

■近況について ■服や小物、時計、雑貨など ■ニュース

こんなものを買った。ナイキのテックパックダウンベスト、テックフリース ジョガー

ナイキは誕生月には15%オフのクーポンを送ってきてくれる さて、最近買ったもの三連発。すべてナイキの製品ですが、これはナイキオンラインストアに会員登録しておくと、誕生月に「全ての製品を15%引きで購入できる」ため(そう、ぼくは12月が誕生月)。よって、安く買える機会を狙って購入したということになりますが、この「15%引き」は誕生月であれば何度も利用できるのがいいですね。 こちらもオススメ、関連投稿最近買ったもの。ナイキのテックフリースパンツ、プーマ ×STAMPDコラボパーカーナイキがテックフリースの新作 ...

ReadMore

■新型車情報/スパイフォト/噂など >ロータス(Lotus)

ロータスがまさかの「1000馬力級エレクトリックハイパーカー」計画中。コードネームは「オメガ」、2019年にコンセプト発表とのウワサ

| 中国企業にとってエレクトリックハイパーカーは「未来」そのもの | なんとロータスが3億円クラスのハイパーカーを計画している、というウワサ。 これは英国Autocarが報じたもので、現在ロータスではコードネーム「オメガ(”究極”という意味がある)」にてその計画が進められ、2019年にもそのコンセプトカーが公開されるだろう、とのこと。 そして報道によれば、この「オメガ」はピュアエレクトリックカーとなるとのことですが、現在エレクトリックカーを推し進めているボルボのサブブランド「ポールスター」を同じグループに ...

ReadMore



>アストンマーティン(Astonmartin) >アルファロメオ/フィアット/アバルト(Alferomeo/FIAT/ABARTH) >AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) >フェラーリ(Ferrari) >ランボルギーニ・アヴェンタドール関連 >ほかランボルギーニ(ムルシエラゴ、ディアブロ他)

スーパーカーのドアはこれだけの種類がある。ガルウイング、シザードア、スワンスイングほか

更新日:

Lamborghini-Aventador_LP700-4_Roadster

Carscoopにて、「スーパーカーのドアの種類にはこれだけある」という特集が。
一般には「スーパーカーのドアは上に開く」もので総称としてはガルウイングと言われますが、正確な分類や呼称はもっと複雑になっています。








最も有名なのはランボルギーニの「シザース・ドア」。
やはりガルウイングと称されることが多いですが、正確には「シザース・ドア」、通称「ランボ・ドア」。
カウンタック以降ランボルギーニのV12モデルに脈々と受け継がれるもので、ある意味「スーパーカーの象徴」と言っても良いでしょうね。
そして「象徴」であるがゆえにスモールランボルギーニ(ベイビーランボルギーニ)にはこのシザースドアは採用されず、従ってガヤルド、ウラカンは普通の車と同じ開閉方法を採用しています。
なお「ランボルギーニ=シザースドア」というイメージが定借しているため、最近は減ったもののガヤルドについては「ドアが上に開かない」ことに驚く人も多かったですね。

カウンタック以降、幾つかの車がこのシザースドアに類する構造のドアを採用していますが(多くは後述のスワンスイングに違い)、車によっては一旦座席に座るとドアを閉めにくい構造のものもあり、「シートに座る途中で」ドアを下ろしながらしめる必要があります(ドアが上に上がっていて、シートに座った状態ではドアインナーハンドルに手が届かない)。

ドアを支えるのはドア前方のヒンジとダンパーのみで、ドアの重さが全てここに集中するため相当な取り付け部の強度が要求され(左右に開くよりも上下に開くドアの方が重力の影響を受けやすく応力がかかる)、「どの車にも可能」な構造と開閉方法ではなく、見た目よりもはるかに高い技術が要求される開閉方法です。

Koenigsegg-Regera

そしてケーニグセグの「ダイエドラル・シンクロ・ヘリックス・ドア」。
かなりややこしい名称ですが、一旦ドアが外に開き、そのまま上下方向にドアが回転する方式。
これを採用するのはケーニグセグのみで、そして開閉にはそれなりのスペースを要するという特殊なドア。
狭いところでは乗り降りができなくなるというもので、まさにハイパーなケーニグセグにふさわしいと言えますね。

McLaren-P1-2

マクラーレンの採用するバタフライドア。
他ではメルセデス・ベンツSLR、ラ・フェラーリ、BMW i8、古くはトヨタ・セラの採用する方式。
構造にもよりますがAピラーでもドアを支えることができるので応力を分散させることができ、車には優しい構造ですね。
なお「斜め上」にドア(というか屋根の一部が)が開くので背の高い人でも車に乗り降りしやすい、左右に開くドアよりも狭いスペースで乗降できるというメリットがあります(左右に開くドアだと乗降可能なほどに頭や足を出すには結構ドアを開く必要がある。こういった車は大抵2ドアで大きなドアを持つのでなおさら)。

Aston_Martin-Rapide

アストンマーティンで有名な「スワンスイング・ドア」。
あまり知られていませんが、アストンマーティンのドアはちょっとだけ「斜め上に」開きます。
これが「白鳥が羽を拡げるような」形状であるために「スワンスイング」なのですが、これは様々な問題を克服し、しかし乗降しやすさを実現している素晴らしい構造とも言えます。
要は狭いスペースでも乗り降りできるだけの足元スペースを作りやすいということですね。
加えて、通常の横開きドアが「何段階かに開く」のに対してアストンマーティンのスワンスイングドアは無段階に開くことができ、かつ好きなところでドアを止めることができるので、非常に便利と言えますね。

Mercedes-Benz-SLS_AMG

メルセデス・ベンツSLS AMGに採用されるガルウイング・ドア。
正確に言うとガルウイングドアとは「カモメが翼を広げた」容態を指すので、ランボルギーニのシザースドアではなくこの形状を指すのが正しい、ということになります(しかし日本ではやはりランボルギーニ=ガルウイングですが)。
デロリアンもこの構造を持ちますが、ルーフ側でドアの全てを支える構造を持つのでルーフとドアにかかる負担がハンパではなく、量産車にはまず採用できない方法と言えますね(デロリアンはドアのトラブルが多い)。

これの派生と言えるのがテスラ・モデルXのファルコンドア。
ただしさらに複雑で、より狭いスペースで乗降できるよう、ドアの上側と側面のパネルが別々に動作するという構造を持ちますね。

Tesla-Model-X-03

その他変わったものでは来館・ハイパースポーツやアルファロメオ・パンディオン・コンセプトに採用される「後ろ開きスワンスイングドア」とも言える形状があります。
これはロールスロイスのコーチドアがもつ高級生、スワンスイングドアのスポーツ性を併せ持った「超エクスクルーシブ」な開き方と言って良いでしょうね。

Bertone-Alfa-Romeo-Pandion-0001

その他だとトヨタ・ソアラのように「ちょっと外に出て開く」もの(これは実用性が高い)、それを発展させてミニ・ロケットマン・コンセプトに採用されたような開閉方法や、BMW Z1に採用される「ドアが上下してサイドシル内に格納される」ものも。

MINI-RocketMan-1

BMW-Z1

他、スーパーカーではありませんが(価格がスーパーという意味ではスーパーカー)、ロールスロイスに採用されるコーチドア。
単にドアが前後逆に開くというだけですが、車が「お迎えしてくれる」という感じがあり、高級感に溢れていますね(コーチという名の通り、かつての馬車に由来)。
ただ、これは御者がついていた時代つまり「ドアを閉めてもらう人がいる=自分でドアを閉めなくてもいい」頃の名残であり、まさにロールスロイスのようなショーファードリブンカーのみに許されるドアと言えます(ただし現代では自分だけでも開閉できるように自動開閉機能もありますが)。

Rolls-Royce-Phantom_Coupe

ぼく的にはやはりスーパーカーやスポーツカーはガルウイングやシザースドア、バタフライドアなど特殊な開閉方法を最小して欲しいと考えており、それはスポーツカー、スーパーカーは「実用性」よりも「非日常性」を重視した車であり、その外観や乗降時の作法も一つの魅力であると考えているためです。

なおポルシェは市販車においてこういった「上に開く」ドアを採用していませんが、これは車がひっくり返った時にドア開閉ができなくなるのを防ぐ、また耐久性が主な要因であると物の本で読んだことがあります。



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



->アストンマーティン(Astonmartin), >アルファロメオ/フィアット/アバルト(Alferomeo/FIAT/ABARTH), >AMG/メルセデス(Mercedes-Benz), >フェラーリ(Ferrari), >ランボルギーニ・アヴェンタドール関連, >ほかランボルギーニ(ムルシエラゴ、ディアブロ他)
-, ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.