■近況について ■服や小物、時計、雑貨など ■ニュース

オーデマピゲの仕掛け人が立ち上げた腕時計ブランド「ゴリラウォッチ」。その新作発表会へ行ってきた

場所は神戸、カミネ旧居留地店 さて、カミネ旧居留地店にて開催のゴリラウォッチ新作発表記念パーティー「Gorilla Watch New Timepiece Drift-in Party」へ。 これは新進気鋭の腕時計ブランド「ゴリラ」より発売となる新型ウォッチ「ドリフト」の新作発表会ですが、スペシャルゲストとしてゴリラウォッチ設立者であるオクタヴィオ・ガルシア氏、そしてルーカス・ゴップ氏が来場するという豪華イベントです。なお、オクタヴィオ氏はオーデマピゲにて2004年から2015年まで在籍しチーフ・アーティ ...

ReadMore

■新型車情報/スパイフォト/噂など >プジョー(PEUGEOT)

新型プジョー「208」公式画像がリーク。508よろしく「牙」的フロントマスクを持つ男っぽいデザインに変身

新型208のデザインは207、先代208から大きくシフト フルモデルチェンジ版となる新型プジョー208の公式画像がリーク。「プジョー208」はプジョーの発売するBセグメントに位置するクルマで、もともと205→206→207、そして先代208(というか2012年に登場した現行モデル)という流れでモデルチェンジ。つまりこれまではモデルチェンジの都度、一つづつ数字が増えていたものの、今回は「208→208」という同じナンバーの中でモデルチェンジを行うことに。この意図は不明ですが、単に「数字が足りなくなるから」な ...

ReadMore

>フェラーリ(Ferrari) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

【動画】フェラーリがジュネーブ・モーターショーにて、488GTB上位となる新型ハイブリッドスポーツカーを発表?

以前からフェラーリは488の「上」にみならず「下」にもスポーツカーを投入すると言われてきたが フェラーリがジュネーブ・モーターショーにおいて新型スーパースポーツを公開するのでは、というウワサ。これはカーメディアAutoNewsが報じたもので、488GTBの上位に位置し、ハイブリッドパワートレーンを持つ、と言われます。なお、ほかメディアの報道だとこれはフェラーリ488GTBの「別モデル」ではなく488GTBの後継だという説、そしてV6+ハイブリッドパワートレーンを搭載した「ディーノ」だとする説も。

ReadMore

■新型車情報/スパイフォト/噂など >プジョー(PEUGEOT)

プジョーがイケてる5ドアセダン「508スポーツエンジニアード・コンセプト」発表。ワイドボディに過激エアロ装備、市販化も検討中

プジョーが新型コンセプトカー、508スポーツ・エンジニアード・コンセプト(508 Sport Engineered Concept)を公開。実車はジュネーブ・モーターショーにてお披露目されるとのことですが、まずは大量の公式画像をリリースしています。この508スポーツ・エンジニアード・コンセプトは「508ハイブリッド」をベースにしたもので、より「エレクトリック」「パフォーマンス」にフォーカスしていることが特徴。

ReadMore

>BMW(ビー・エム・ダブリュー) ■ニュース

日本ではまだ展示車すら配備されていない新型BMW 3シリーズ。早速BMW正規ディーラーが公式カスタムを行う

やはり新型3シリーズのカスタム一番乗りは「BMWアブダビ」だった BMWアブダビが発表されたばかりの3リーズ(G20)、330iを早速カスタムして展示。BMWアブダビは、BMWはもちろんのことロールスロイス、ミニというBMWグループのブランドすべてを扱う正規ディーラーで、ロールスロイスに関しては「世界で最も台数を売る」と言われています(BMWブランド単体だと、アメリカのロングビーチにある正規ディーラーが最大という話)。 まだまだ新型3シリーズについてはディーラーへの配備はもちろん、メディアへの試乗車手配も ...

ReadMore

>アルファロメオ/フィアット/アバルト(Alferomeo/FIAT/ABARTH) ■近況について ■ニュース

アルファロメオ・ステルヴィオの最強モデル「クアドリフォリオ」を見てきた!標準モデル比5センチワイドなフェンダーはダテじゃない

標準(2リッターターボ)モデルのステルヴィオとはずいぶん違う印象 さて、アルファロメオ・ステルヴィオのトップレンジ「クアドリフォリオ」の展示車と試乗車が登場し、さっそく見にゆくことに(後に試乗レポートも公開)。ステルヴィオ・クアドリフォリオは「ジュリア・クアドリフォリオ」同様にフェラーリ設計による2.9リッターV6ツインターボエンジンを搭載して510馬力を発生。 ▲こちらは2リッターモデル アルファロメオは「このエンジンはフェラーリとは全く違う」と主張するものの、一気筒あたりの排気量、ボア&ストロークはカ ...

ReadMore

>ブガッティ(BUGATTI) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

ブガッティの「20億円ハイパーカー」は1930年台のT57SCをモチーフに?世界に3台しかない「T57SC」とは?

T57SCアトランティークは「世界でもっとも美しいクルマ」と言われる ポルシェ創業者であるフェルディナント・ポルシェの孫、フェルディナント・ピエヒ氏が「ブガッティに、20億円にも達するワンオフハイパーカーを注文したのでは」というウワサが出ていますが、どうやらこれは「本当」のようで、そのウワサに呼応するかのように、ブガッティが突如かつての「タイプ57SCアトランティック(アトランティーク)」を起用した動画を立て続けに公開。 ポルシェ創業者一族が注文したというブガッティの20億円ハイパーカーはこうなる?なお一 ...

ReadMore

>日産/インフィニティ(Infinity) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

驚くほどキープコンセプト!モデルチェンジ版日産ジュークのプロトタイプが初めて補足される

モデルチェンジを迎える新型日産ジュークのプロトタイプが初めて捕捉。一見するとジュークだと判断することは難しいものの、「細長」デイタイムランニングランプに”バグアイ”ヘッドライト、そしてサイドウインドウの形状を見ると「やっぱりジューク」。つまり新型ジュークは「キープコンセプト」でのモデルチェンジとなり、現在のデザインを引き継ぐこととなりますが、現行ジューク(画像下)と比較するとAピラーの角度、後部ドアハンドルの位置(ピラー内蔵)、盛り上がったリアフェンダー、そして突き出たテールランプなども引き継がれる模様。 ...

ReadMore

>ポルシェ・ケイマン関連 >ポルシェ・ボクスター関連 ■新型車情報/スパイフォト/噂など

何この謎ポルシェ718ボクスター?911の3リッターターボ、つまり「6気筒」搭載の718シリーズが登場する?

ポルシェは911シリーズ並に718のラインアップを拡大するのかも 先日、「謎のポルシェ718ケイマン」が目撃されましたが、今回は「謎のポルシェ718ボクスター」。一体何が謎なのかということですが、これは先日のケイマンと同じく「テールパイプの位置」。現在ラインアップされる718ボクスターはいずれも「センター出しテールパイプ」を持つものの、今回目撃されたボクスターは「微妙に左右へと移動させられた」テールパイプを持っています。 ポルシェ718ケイマン「謎プロトタイプ」が目撃。前はGTS、後ろはウイングなしのGT ...

ReadMore

>マクラーレン(McLaren)

マクラーレンが600LTスパイダー「新色」の画像をリリース。「この位置にマフラーエンドがあるメリット」ほか試乗レポートなど動画も続々公開に

600LTはいろいろな意味でマクラーレンの集大成だ ▲車体真ん中が細くて折れそう マクラーレンが最もハードコアなオープンモデル「600LTスパイダー」のカラフルな画像を公開。撮影されたのはアリゾナで、ボディカラーはマイアンオレンジ、ランタナパープル、ライムグリーンの3色が登場しています。600LTスパイダーは「600LTクーペ」同様に570S/570Sスパイダーをベースにしたスパルタンなモデルで、軽量化に加えて出力向上、エアロダイナミクスの向上が図られたクルマ。 マクラーレン600LTスパイダー参上。グロ ...

ReadMore



>ポルシェ911関連 >AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) >ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA) >ミニ(MINI) ■自動車・バイクの購入検討/比較など ■服や小物、時計、雑貨など

予算300万までだとどんな車がある?その選択肢とファッションの選び方を考えてみた

投稿日:2016/09/06 更新日:

IMG_1220

よく「予算これくらいで、オススメの車はありますか?」と聞かれます。
都度都度お答えするようにはしていますが、すぐに思いだせない車もあり、自分自身の備忘録としてもここに価格帯別にまとめてみます(完全に自分の基準となっています)。
なお、ぼくの基準としては「恥ずかしくない、もしくは見栄が張れる(見栄っ張りなので)、楽しい」というもの。
新車/中古車両方が入りますが、ぼくが実際に「買う」ことを前提としているので維持が難しいもの(パーツがない、輸入元/メンテ先がすでに無い、あまりに年式が古い等、要は現時的では無いもの)、壊れやすくギャンブルに近いものは除外。








実際にこれまで所有したり、年間50台程度試乗したり、購入を検討して調査してきた中からの選択が多くなっていますが、逆に調査不十分なものもあるかと思われるものの、考えうる限りのものをピックアップ。
なお記載する金額は「おおよその乗り出し金額」となっています。
加えて、年式や性能に比べて高くなっている車(90年代の国産スポーツカーなど)は除外。
割高な車を購入する意味はありませんし、そういった相場は早晩崩れるので購入の対象外と考えています。

加えて、「この車に乗るときのファッションはこうだ」というオススメも(思いつくものは)あわせて記載。
車と、その車に乗る時のファッションは切っても切り離せないものと考えており、やはり車の雰囲気にあった服を着たり持ち物を持ったりする必要があると思いますし、そもそも車を選ぶこと自体が自分の嗜好をそのまま反映させているので、車と同様、趣味性の強いファッションという分野と一緒に考えるのが妥当ではないかと思うのですね。

というわけで、「予算200-300万円」編。
この価格帯でもなかなか良さそうな新車は見当たらず、必然的に中古となりますが、国産車に加えて輸入車も登場。
ちょっと前の車だと信じられないような価格で入手できるのも中古のメリットですね。

メルセデス・ベンツSLK(中古、2代目)
ベンツSLKも先代であれば270万円程度で購入が可能。
メルセデス・ベンツの中では小柄ですがなんといっても「ベンツのオープン」なのでイバリ度は抜群。
2代目のSLKはSLRマクラーレン風のデザインを採用しており若々しいのもいいですね。
ぼくは今までメルセデス・ベンツには縁がなく、一度は所有してみたいブランドではあります。

1280px-Mercedes_SLK55_R171

なおメルセデス・ベンツに乗る際ですが、ここはあえて若々しさをアピールしたいところ(SLKなのでなおさら)。
ナノ・ユニバースあたりで明るい色やダークカラー(できればモノトーンで)を組み合わせたコーディネートを選べば無難かと思います。
カジュアルすぎず、ドレッシー過ぎないといったところがキモですね。

シトロエンDS3(中古、)
以外と値下がりが小さく高値維持のDS3。
おおよそ250万円程度あれば購入可能ですが、そのポップな外観や内装、メーターやウインカーの動作音など独自の世界を持っており、「乗ればハマる」類の車ですね。
(一般人にとっては)価格帯が不明の車でもあり、コンパクトカーながらこれも乗っていて貧乏くささを感じさせない車だと思います。

1024px-Citroën_DS3_VTi_120_Airdream_SoChic_front-1_20100425

DS3はシックでポップというイメージがあり、ここは着る服もシックでポップに行きたいところで、ただ派手なだけのブランドは多々ありますが、そこにシックとなるとやはりポール・スミス。
フランスではなくイギリスのブランドではありますが、DS3の持つ雰囲気には合っていると思います。
そしてポール・スミスの中でも「普通と奇抜のギリギリ」のラインを突いたものが良さそうですね。

ホンダS2000(中古)
バイクが四輪になったらこうなる、という感じのホンダS2000。
特にその印象は前期モデルに強く、後期になるとちょっとマイルドに。
そんなS2000ですが年々相場が上昇しており、今くらいの中古価格(今だと250万円くらいの個体があるが、程度が良いととんでもなく高いものも。これ以上相場が上昇すると”割高”に)が正直限界じゃないかと考えています。

1280px-2007_Honda_S2000_TypeS

S2000ですが、乗るときにはあまりオシャレをしてはいけないと思うんですよね。
この車はストイックに走りを追求するたぐいの車であり、オシャレにうつつを抜かしていると舐められる(誰から?)心配もあり、従って「車が人生のすべて」感を出したいと考えています。
となると筆頭はユニクロですが、それでは「あんまり」なのでGAPあたりがベター。
画像はオシャレGAPですが、普通のちょっとダボっとしたカーキのチノパンにグレーかネイビーのパーカーがベターだと考えています。

ポルシェ911(中古、996)
なんと水冷ポルシェもついに200万円台に。
250万円程度で購入出来るという夢のような状況ですが、あのポルシェ911を最新の軽自動車にちょっと足したくらいの金額で購入出来るわけです。
水冷ポルシェは維持費がかからず、専門店で購入しておけば何かあってもまず安心。
パーツ価格も安いですし、距離を乗る人にも安心できる車です。
できればダーク系メタリックのボディカラーを選び、ピカピカに磨き上げ、「新車時から乗っているけど気に入っていてなかなか売れない」的雰囲気を出したいところ。

porsche-911-996-208

ポルシェ911に乗る際ですが、ここは心してファッションにも気を使いたいところ。
インコテックスの細身のパンツ(とりあえず一般体型であればインコテックスを履いておけばオシャレには見える)にジョン・スメドレーの薄手のニット。
カラーはグレーかネイビーを中心にし、ブラックやホワイト、レッドなど原色は避けて柔らかい色合いに。
ただし靴にはもっとも気を遣いたく、クロケット&ジョーンズのスウェードをセレクト。

タッセル付きローファーやダブルモンクストラップのシューズもいいですね。
ここでキモとなるのはボディカラーと同色の靴を選びたいということで、ダークグリーンのボディカラーであれば深緑、ネイビーであれば濃紺、ワインレッドであれば真紅のスウェードシューズを選びたい、と考えています。
なお小物としてクラッチバッグがあると良いですね。
ヘアースタイルはちょっとロン毛で、前フェラーリCEO、ルカ・ディ・モンテゼーモロ氏風(もしくはポール・スミス本人風)が理想です。

ルノー・メガーヌRS(中古)
メガーヌRSは寝落ちの速度が速く、270万円もあればそこそこ新しくコンディションの良いものが購入可能。
メガーヌRSの存在価値はその「走り」であり、ちょっと古くなるとそのアドバンテージを失ってしまうので価格が下がるのも早いのだと思われます。
その意味では売るときに相当苦労することはまちがいなく、短期間しか乗らないか、もしくは長く乗る場合の選択肢ですね(2-3年で売ると一番キツい)。

renault-megane-rs-collection-2012_223529

ルノー・メガーヌRSは「速く走るためだけ」に作られた車であり、これもやはりファッションのことなど考えて乗る車ではない、と考えています。
ですがやはりオシャレ大国フランスの車ということで日本やアメリカのファストファッションはちょっと、と思うのですね。
そこで欧州を代表するファストファッション、H&Mあたりがベターではないかと考えています。
硬派な車だけに体も引き締めて乗りたく、引き締まった体にはシンプルな服だけで十分ではないかと考えています。

ホンダ・シビック・タイプRユーロ(中古、3代目FN2)
コロンと丸い形状が独特なシビック・タイプRユーロ。
ハッチバックということでシビックっぽさが出ており、デザイン的に今見ても新鮮。
シビック・タイプRも「走り命」の車ではありますが、走り屋御用達としての下支えニーズがあるのでかなり価格が下がりにくい車ではありますね(チューニングパーツ、補修用パーツが安価で数多くあり、破損や消耗を考えると、いかに速くともルノー・メガーヌRSは選択しにくい。やはり走るときは国産車でないと維持が苦しい)。

1024px-Honda_Civic_Type-R

シビック・タイプRもまた服装になど気を回す余裕もなく、服にお金をかけるのであればガソリン代にお金を使ったほうがマシ、という車。
ですがこれもユニクロだとちょっと悲惨であり、そこでGAPほど土臭くもない(H&Mほどもオシャレすぎない)「TOPMAN」をお薦め。
トップマンはロンドン発のカジュアルブランドですが、UKシビックとの相性は良いかもしれません。
誰にでも似合うタイプの服で、色や柄も一般的となっており、体型もあまり選ばないのが特徴。

ミニ・ペースマン(中古)
人気が高いミニにおいて、不人気車認定のレッテルを貼られてしまった不遇の兄弟。
それだけに価格は安く、クーパーSやALL4であっても相当に安い値付けとなっていますね。
260万円もあれば立派な個体を探すことができ、ミニらしい外観と走りを堪能できます。
不人気ながらも一応ミニということでここから大きく下がることは考えにくく(クロスオーバーが3ドアになって数センチ車高が低くなっただけなので、あまり下がると他とのバランスが取れなくなる)、かなりお買い得な車なんじゃないかと考えています。

P90146775_highRes

なおペースマンはミニ・ファミリーといえどもちょっと硬派かつ変わり者の部類だと思うのですね。
「あえてメインストリームを選ばない」という反逆者的精神も感じられ、ここはアバンギャルドさを演出したいところ。
となるともう「G-STAR LAW」しかないわけで、ビシっとダーク系のデニム、上はぴったりフィットのジレやジャケット、ブルゾン(ブラック)でキメたいところ。
シワ加工や樹脂加工がしてあるとなお良いですね。

ホンダ・ヴェゼル・ハイブリッド(新車)
ここでは唯一の新車。
ヴェゼルは人気が高く中古市場でも結構高価で、であれば新車で購入した方が保証などの面でも安心でもあり、かつ売るときに有利なんじゃないかという判断ですね。
スタイリッシュでコンパクト、車体剛性も高くデュアルクラッチや電気式パーキングブレーキなど国産車では珍しい装備を持った車であり、欧州車と対等に戦える車です。
なお購入時は高価でも売るときのことを考えるとハイブリッドを選ぶべきですね。

f0157812_22265445

ヴェゼルですが、この車に乗るときは間違ってもミニ・ペースマンのような「反逆者」スタイルを貫くべきではない、と思うのですね。
ホンダというブランド、オシャレで垢抜けた都会はSUVということを考えるとドメスティックブランド、かつトータルで揃うセレクトショップがそのイメージです。
シップスやアーバンリサーチなどがぴったり合いそうで、誰にでも好かれるファッションを心がけたいところ。
子供っぽくならないよう、かつオッサンくさくならないように注意が必要です。

ポルシェ・カイエン(中古、)
なんと一世代前のカイエンであれば200万円台で探すことができ、あのカイエンGTSでも300万円で買える個体も。
思わず「え?」と思うほどの値下がりですが、これは「最新のポルシェが最良のポルシェ」が裏目に出た形で、過去モデルが存在意義を失ってしまっている例ですね。
ですが、いかに世代が前といえども高いパフォーマンスを持ったSUVであることには変わりなく、スバル・レガシィやXVの新車と同等の価格でカイエンを変えるわけで、積雪のある地方に住む人やスキー/スノボによく行く人にとっては有用な選択肢だと思います(燃費がキツいですが)。
カイエンというは巨大な4WDで、リッチな人々が乗っているというイメージがありますが、そのカイエンがこの価格で買えるのであれば「GO」ですね。

Cayenne

カイエンに乗る人のイメージは多岐にわたりますが、ぼく的にはカイエン自体についてあまりオフローダーというイメージは無く(実際に走破性能は高いのですが)都会派SUVという感じ。
よってファッションも都会を意識し、しかし車自体が大きいので着る服は軽やかな印象にしたいところ。

エリオポールあたりで爽やかなグリーンやブルー、イエローやピンクを選ぶと良いかと思いますが、場合によってはバーブァーなどでちょっとヘビーデューティーさを出してもいいかもしれない、とは思います。

以上がぼくの考える「予算200-300万円」で購入できる車とそのファッションですが、実際に購入する可能性が高いのはポルシェ911とミニ・ペースマンですね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



  • この記事を書いた人

JUN

新しいモノ、テクノロジー好き。「クルマ好き」に分類されるはずだが、一般にはそれを隠して生きている。クルマだと軽自動車、スーパーカー、電気自動車まで興味を広く持つ。どんなクルマにも作られた人の魂が込められていると信じていて、そのため「よりデザイナーが情熱を注いだであろう」珍車がとくに好き。座右の銘は「情熱と愛情さえあればなんとかなる」。職業は(それが職業と言えるならば)投資家、ブロガー。

->ポルシェ911関連, >AMG/メルセデス(Mercedes-Benz), >ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA), >ミニ(MINI), ■自動車・バイクの購入検討/比較など, ■服や小物、時計、雑貨など
-, ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.