ad-728



>フェラーリ(Ferrari) >マクラーレン(McLaren)

なぜ?貴重なカーボンシリーズのマクラーレンP1が予想より遥か下の価格で落札

2016/12/21

Pocket
LINEで送る

ca0816-244566_12@2x

最近のクラシックカー、ハイパーカーバブルは凄まじいものがありますが、幾つかは「予想を下回る」価格で落札されたり、または落札されなかったり。

以前にお伝えした「グリーンのカーボンシリーズ」マクラーレンP1もその例ですが、事前の予想では2億5000万円〜3億円程度で落札されると見られていたにもかかわらず、実際の落札金額はなんと予想のずっと下である1億9000万円。

同じオークションではサテンブラックのラ・フェラーリが予想を上回る4億8000万円で落札されていますが、倍どころか3億円もの落札金額差がここにはあります。

今回のマクラーレンP1は数少ないエクスポーズド(むき出し)カーボンの外装を持つ個体であり、相当に希少価値は高いはずなのですが、やはり色が悪かったのかもしれませんね。

先のラ・フェラーリについてはそのボディカラーのおかげ(サテンブラック)で通常のラ・フェラーリよりもずっと高い金額がついたと思われ、いかに希少なハイパーカーと言えどもボディカラーの選択は重要なのかもしれません。
こういった車を購入する人の意識も変わってきており、希少性に加えて「自分好みの色かどうか」も今は重要なのかもしれませんね。

->フェラーリ(Ferrari), >マクラーレン(McLaren)
-, ,