>その他ポルシェ関連/ニュース

今度はポルシェ356を現代風にレストア。ディスクブレーキ、パワステ装備の「アウトロー・クーペ」

投稿日:2016/09/06 更新日:

Porsche-356-B-31

クラシックポルシェを現代風にレストア、というとジンガーポルシェが有名ですが、今回は365をレストア&カスタムしたショップが登場。
アメリカはエセックス州にるP R Services Ltdによるものですが、1962年製のポルシェ365を「アウトロー・クーペ」として蘇らせています。

この車両自体は1962年に製造され、当初アメリカへ販売されたものですが、その後オランダへ輸入されてレストアされた後、2011年までは納屋で保管されていたもの。
それを現在のオーナーが買い取り、現在の仕様へとカスタムしたものです。

Porsche-356-B-4

なお多数のパーツが取り付けられており、ロールケージに消火器、ラリータイマー他、現代のパーツとしてディスクブレーキ、ワンオフのステンレス製エキゾーストシステム、パワステも装着。
かつてのカレラ・パナメリカーナ・レースへの参戦をイメージしたものですが、日常でも使用可能なまでに整備されています。

Porsche-356-B-6

内装もキルティングレザーがシートのみならずドアや内張りにも使用され、芸術的とも言える仕上がりとなっており、コレクションとしての価値も高そうですね。
なお最近はデジタルメーターを見慣れてきたせいか、逆にこう言ったクラシカルなメーターの方が高級感があるようにも感じます。

Porsche-356-B-3

関連投稿:ポルシェのチューナー、マグナス・ウォーカーが夜のLAをドライブ

名称未設定-1

ポルシェのチューナー(主にクラシック)、マグナス・ウォーカーがクラシック・ポルシェ911で夜のロサンゼルスをドライブ。
ただ運転するだけの動画ですが、美しい街並みもあって映画の一コマのようです。
普通にクラシック911に乗っているのがなんとも格好良いですね。

こちらもオススメ、関連投稿10選

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

こちらもどうぞ。人気記事

1

| 乗ってゆくクルマでディーラーの対応は間違いなく変わる | 高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、 ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

この記事のもくじ この2年ほどでニュルブルクリンクのラップタイムは大きく短縮それではニュルブルクリンクのラップタイム「トップ100」を見てみようこちらもオススメ、関連投稿10選 この2年ほどでニュルブ ...

4

スーパーカーを購入したことで何かが変わったか? 最近ふと「スーパーカーを購入して変わったこと」について考えることがあります。 まず、スーパーカーを購入して何かが変わったかという問いに対しては、間違いな ...

5

さて、ランボルギーニ・ウラカンの12ヶ月点検が終了したということもあって、ここでこれまでの点検やメンテナンス、税金、保険、カスタムにかかった費用をまとめてみたいと思います。こうやって見ると「毎年けっこ ...

->その他ポルシェ関連/ニュース
-, ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.