ad-728



>アウディ(Audi) >AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) >ポルシェ・カイエン関連 >BMW(ビー・エム・ダブリュー) >VW(フォルクスワーゲン/Volkswagen) >その他ポルシェ関連/ニュース

これはイケル。ポルシェ・カイエン「クーペ」のレンダリングが登場(非オフィシャル)

2017/08/17

Pocket
LINEで送る

29321450322_1c382bd274_b

現在BMWはX6やX4、メルセデス・ベンツもGLEEクーペなど「SUVクーペ」が徐々に勢力を拡大しつつありますが、ポルシェがこれに乗るかどうかは今のところ不明。
以前にカイエン・クーペもしくはパナメーラの車高を上げたと思われるテスト車両が目撃されていますが、それはEVのテストバージョンとも言われ、実際のところ登場するかどうかがわからないままです。

なお現在ポルシェにおいては販売の多くをカイエンとマカンつまりSUVで占めていますが、クーペモデルを投入するということはSUVの比率がさらに増加するということに繋がり、スポーツイメージの希薄化がポルシェにとっては心配かもしれません。

29321449312_c1cab058c4_b

フォルクスワーゲン・アウディグループはSUV大好きな会社ではありますが、今のところクーペスタイルのSUVは無く、沈黙を貫いているところもちょっと不思議。
市場がないと考えているのか、もしくは一気にリリースするための準備を整えているのかはわかりませんが、まずはアウディTTの5ドア+リフトアップ版が登場する可能性が高そうですね。

現在のところVWアウディとしてはアウディQ7やポルシェ・カイエンの(次期モデルでの)高級化、ベントレー・ベンテイガの発売やランボルギーニ・ウルスの今後に向けたリリースなど「高価格帯」SUVの投入/計画が目立ち、もしかするとそのほうがクーペスタイルSUVに比べると「競合が少ない」と判断しているのかもしれませんね。

ただし、「ただ単に高価格な」SUVを発売したら売れるわけではなく、もちろんそれなりのブランドから発売されないと消費者は買わないわけです。
VWがベンテイガと同じ車を「バッジをVWに付け替えただけ」の車をベンテイガと同価格帯で発売しても絶対に売れない(フェートンで経験済み)と考えられ、それなりの価格帯の車を販売できるのは、それなりのブランドだけと考えられます。

その意味ではポルシェ、ブガッティやベントレー、ランボルギーニなどのブランドを吸収し続けたVWアウディグループは高級車市場を制圧するに十分なブランド力を持っていると言え(逆に言えばVWやアウディでは超高級市場では戦えないという判断か)、ほぼ自社ブランドのみで勝負するBMWやメルセデス・ベンツとは異なる戦略を採用していると言えますね。

関連投稿:ポルシェがカイエンに限定モデル「プラチナム・エディション」設定。ブラックのアクセント

Porsche-Cayenne-Platinum-7

ポルシェがカイエンに「プラチナム・エディション」設定。
20インチサイズのRSスパイダーホイール、グロスブラックのアクセント等を含んでおり、911カレラうやボクスターやケイマンに設定されていた「ブラックエディション」のようなイメージですね。

その他は自動防眩ミラー、プライバシーガラス、パークアシスト・システム、ダイナミックヘッドライトシステムを外装に、内装では8ウェイパワーシート(レザー&アルカンタラ)、ポルシェクレストがエンボス加工されたヘッドレスト、「Platinum Edition”」と刻印のあるバッジなど。
最近ではロールスロイスもブラックをテーマにしたモデルを発表したり、とブラックは一つの流行でもありますね。

Porsche-Cayenne-Platinum-4

Porsche-Cayenne-Platinum-3

Porsche-Cayenne-Platinum-1

関連投稿:ポルシェがカイエンをアップデート。2017年モデルはアップルCarPlay対応に

2017-Porsche-Cayenne-PCM-0

ポルシェがカイエンの2017年モデルをアップデート。
ターボエンジンが搭載された新型911同様に新しいPCM(ポルシェ・コミュニケーション・マネジメント)が標準にて搭載されるように。

これは7インチのタッチスクリーンと組み合わされるもので音楽データのソースとしてはUSB経由、SDカード、Bluetoothに対応。
もちろんアップルCarPlayも利用可能です。



関連投稿:ポルシェ・パナメーラ・シューティングブレークのレンダリング。このまま登場しそう

1

ポルシェ・パナメーラ・シューティングブレークのレンダリング(非オフィシャル)。
名称はどうなるか(シューティングブレークなのか)未定ですが、とりあえず登場は決定しており、早ければ今年にも発表されそうなニューモデルです。

シューティングブレークには専用の顔つきが与えられるのかどうかもまた不明ですが、「718」ではボクスターとケイマンが同じ顔つきになり、新型パナメーラでは4Sとターボとの顔つきに差異が設けられていることを考えると、同じモデル間ではボディ形状が異なっても同じ顔つきを持ち、しかし同一モデルでもグレードが異なると顔つきに差異が出る模様。
つまりパナメーラ・セダンとパナメーラ・シューティングブレークはベースグレード同士では同じ顔を持ち、(パナメーラ・セダンとパナメーラ・シューティングブレークの)ターボ同士ではベースと差別化された、しかしターボ共通の顔になると予想されます。

2

ちなみにシューティングブレークは北米では「不人気な」ボディ形状だとされますが、ポルシェ北米によると「それでもパナメーラ・シューティングブレークは売れる」とのこと。
ついで大きなマーケットである中国ではフェラーリFF(GTC4ルッソ)がけっこう人気だったりするので、「4人乗れるスポーツカー」の需要がけっこう高いのかもしれず、中国はかなり期待される市場なのかもしれません。


関連投稿:ポルシェ・パナメーラのレンダリング。これはありそうなデザイン

20003048561000989180

ポルシェ・パナメーラ(第二世代)のレンダリング。
2017年に登場すると言われる次期パナメーラはルーフがよりなめらかになることは判明していますが、現在のところその他は不明。

このレンダリングでは左右エアインテークがマカンに始まる樹脂製のガイド付きデザインで、けっこうリアリティがあります。
なおポルシェは991カレラ/981ボクスター・ケイマン登場まではフロントフェンダーとリアフェンダーの高さが同じだったのですが、991/981からはリアフェンダーの方が大きく上方に盛り上がるように。

フロント、リアフェンダーの高さが同じなのは991/981登場以前にデザインされたカイエン、パナメーラも同様で、よって次期パナメーラは991/981同様、リアフェンダーがマッシブになる(現行のデザインテイストに合わされる)のでは、とぼくは予想しています。

->アウディ(Audi), >AMG/メルセデス(Mercedes-Benz), >ポルシェ・カイエン関連, >BMW(ビー・エム・ダブリュー), >VW(フォルクスワーゲン/Volkswagen), >その他ポルシェ関連/ニュース
-, , ,