ad-728

>アウディ(Audi) >ポルシェ911関連 >トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) >AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) >ポルシェ・ボクスター関連 >その他アメリカ車 >BMW(ビー・エム・ダブリュー) ■自動車・バイクの購入検討/比較など >レンジローバー/ランドローバー(RangeRover) ■服や小物、時計、雑貨など

予算600万までだとどんな車がある?その選択肢とファッションの選び方を考えてみた

2016/12/22

Pocket
LINEで送る

shinjuku 100x80

shinjuku 100x80

よく「予算これくらいで、オススメの車はありますか?」と聞かれます。
都度都度お答えするようにはしていますが、すぐに思いだせない車もあり、自分自身の備忘録としてもここに価格帯別にまとめてみます(完全に自分の基準となっています)。
なお、ぼくの基準としては「恥ずかしくない、もしくは見栄が晴れる(見栄っ張りなので)、楽しい」というもの。
新車/中古車両方が入りますが、ぼくが実際に「買う」ことを前提としているので維持が難しいもの(パーツがない、輸入元/メンテ先がすでに無い、あまりに年式が古い等、要は現時的では無いもの)、壊れやすくギャンブルに近いものは除外。

実際にこれまで所有したり、年間50台程度試乗したり、購入を検討して調査してきた中からの選択が多くなっていますが、逆に調査不十分なものもあるかと思われるものの、考えうる限りのものをピックアップ。
なお記載する金額は「おおよその乗り出し金額」となっています。
加えて、年式や性能に比べて高くなっている車(90年代の国産スポーツカーなど)は除外。
割高な車を購入する意味はありませんし、そういった相場は早晩崩れるので購入の対象外と考えています。

加えて、「この車に乗るときのファッションはこうだ」というオススメも(思いつくものは)あわせて記載。
車と、その車に乗る時のファッションは切っても切り離せないものと考えており、やはり車の雰囲気にあった服を着たり持ち物を持ったりする必要があると思いますし、そもそも移動だけだと公共交通機関で十分間に合う現代において、車を選ぶこと自体が自分の嗜好をそのまま反映させているので、車と同様、趣味性の強いファッションという分野と一緒に考えるのが妥当ではないかと思うのですね。

というわけで、「予算500-600万円」編。
この価格帯もやはり高年式の中古車が中心(できれば保証が残っている、登録から3年以内)。
というのも500-600万円という大金を払うのであればそれなりに信頼性の高いものを購入したいと考えますし、中古で500-600万円というと新車価格がかなり高いと思われ、そういった車は部品代も高いので壊れるリスクをできるだけ排除できるのが中古でも高年式、ということになります。
新車だと600万円出せばっけっこういい車が買えますが(当然ですが)、この価格帯の新車は値落ちが大きそうなものが多く、従って高年式中古を選んだほうが良いゾーンではないかと考えています。
この価格帯になると装備や運動性能は一定以上のものを持っており、あとは「信頼性」を意識したほうが良いかもしれませんね。

なお高価格帯の車においてもっとも値落ちが大きいのは登録直後〜2年経過したあたりと思われ、したがって登録から二年以内というのはけっこうお買い得な時期なんじゃないかと考えています(当然ながら現行モデルに乗れる可能性が高くなってくる)。

加えて資金力の乏しいぼくにとっては乗り換え時に「高く売れる」というのも重要な要素。
いかに良い車でもあまりに売却金額が低いと次に思ったような車に乗れなくなるので、セコい話ではありますが買う前から売ることを考えてしまうのです。

1.ジープ・グランドチェロキー・リミテッド(中古)
ヘビーデューティSUVの代表格、グランドチェロキー。
高級とかどうとかいった枠を超越して独自のポジションを確立していると言えますが、そのグラチェロも中古だと程度の良い高年式で550万円ほど(下位グレードだともっと安い)。
メカニズムは実績のあるもので故障が少ないと思われ、売却時もあまり苦労することはないと思われる車ですね。
まずこれに乗っていて恥ずかしい思いをすることもなく、たとえドイツ御三家に並ばれたとしても「俺は俺」と胸を張れる車。
周囲の受けもかなり良いと思われ(趣味の多い人に見えそう)、その気になれば長く乗れる車でもあります。

brilliant-black-crystal-pearl

グランドチェロキーはかなりアウトドアイメージの強い車であり、都会派SUVとは対極にある車。
よって過度なオシャレやプレスの利いたパンツといった格好は似合わず、チノパンツやカーゴパンツにローゲージのセーターという出で立ちが似合うのではないかと考えています。
そうなるとやはり「ラルフローレン」ということになり、しかもよりワークテイストの強い「RRL」が良さそうですね。
足元はレッドウイング、ダナーなどのワークブーツが良いかもしれません。

2.メルセデス・ベンツEクラス/CLS(中古)
メルセデス・ベンツのミドルクラスであっても中古だと500万円ほどあれば入手が可能ですが、現在さらに相場が下がっていて総額でも500万円以下で購入できる状況。
それはCLSでも同じで、メルセデス・ベンツの美しいクーペスタイルの4ドアサルーンもこの価格で買える所まで来ていますね。
メルセデス・ベンツのセダンと言うだけでプレステージ性があり、周囲の扱いも変わるものと思われます。
ただし売却時は値下がりが大きいので、長く乗る場合でないと良い選択肢とは言えません。

top

2015-cls-class-coupe-077-ccf-d

ステレオタイプではありますが、やはりメルセデス・ベンツと言うとアルマーニ。
メルセデス・ベンツの中古車というとほぼシルバーかホワイトになると思われますが(とくにEのクラスやCLSであればなおさら)、そうなるとやはりモノトーン、しかも濃い目の色やレザーの小物が似合いそうですね。

3.レンジローバー・イヴォーク(中古、フェイスリフト前)
一時はプレミアまで付いたレンジローバー・イヴォークですが、現在は中古車も豊富にあり、フェイスリフト前の個体であれば500万円程度でオプション盛りだくさんの個体を余裕で購入することが可能。
イヴォークは見た目が洗練されており、これに乗る人のイメージまで高めてくれそうな車ですね。
同時に女子受けは非常に良い車であり、売却時にも困らない車。

range_rover_evoque_01

レンジローバー・イヴォークは知的な雰囲気がありますが、同時にアクティブさも持った車だと考えています。
よって、こういった場合のお勧めはやはりホワイトマウンテニアリング。

4.BMW X6(中古)
かなり価格のばらつきはありますが、あのX6もなんとか500万円台で拾える価格に。
ただし全体的には700-800万円が多く、逆に言えば世間のイメージも「X6はかなり高い車」と認識していると思われます。
とにかく巨大な車であり、置くところには困りますが相当にイバリのきく車には間違いありません。
安い個体を抑えておくと売るときにもかなり有利ではありますが、新型が出ると一気に売却価格が下がるのがBMWの特徴ではあります(それを狙って一つ前の世代を賢く乗り継ぐという方法もあります)。

cq5dam-resized-img-585-low-time1447969664027

BMWは意外とファッションとの組み合わせが難しい車で、あまりに落ち着きすぎるのも似合わず、かといって若々しすぎるのもちょっと、という感じ。
カジュアル過ぎてもフォーマルすぎてもという感じですが、ここはそういった従来の価値観にとらわれない、新鮮な感性を持つブランドが似合いそうですね。
パっと思いつく筆頭はグッチですが、ちょっと突拍子もないように見えるものの、BMWとの相性は良いかもしれません。

5.レクサスRC(中古)
ブランド価値としてはかなり高いレクサス。
かつメルセデス・ベンツとは異なり「危ない人」的雰囲気もなく、レクサスに乗っている、というだけでIQが高そうに見えるのも特徴。
RCはレクサスの中でも珍しいクーペですが、そのぶん高級感とリッチさに溢れ、豊かなライフスタイルを感じさせる車であり、女子受けもかなり高いレベル(彼氏がレクサスに乗っているとまず自慢すると考えられる)にあります。
500万円台後半から中古車を探すことができ、日本車なので耐久性や信頼性も折り紙つき。
人生一度は「レクサスに乗ってる」と言ってみたいものですね。

rc-1-s-1024x680

逆にアウトドアテイストが似合わないと思われるのがレクサス(NX、RXでさえも)。
よって完全に都会派イメージになると考えており、そしてレクサスに見合うだけの品質の高い服を着るのがもっともマッチするのではと思います。
ドメスティックブランドだと「リチウム オム」が似合いそうですが、リチウム オムはレザーを使ったりミリタリー風のハードなデザインも見られるものの、できるだけ薄く柔らかい素材(ウールがベター)を選びたいもの。
もしくは「マッキントッシュ・フィロソフィー」あたりでやはり軽めで薄い素材を選ぶのが良さそうです。
寒い場合は分厚いコートやダウンを羽織るのではなく重ね着で対応。

6.ポルシェ911カレラ(997前期、中古)
あのポルシェ911(997)も600万円あれば余裕で購入できるところにまで値下がり。
さすがに後期はこの価格では難しいですが、前期だとよりどりみどり。
できればここはMTを選び(前期のATはトルコンなので)、思いっきりスポーツ走行を楽しみたく、ポルシェの真髄を味わうにはもってこいの選択肢と言えるでしょう。
現在のポルシェ911カレラは乗り出し1200万円くらいですが、その半分の価格だからこそできる使い方があるのかもしれません。

911-carrera-4s-997-1

できるだけ高年式を選びたかったものの、今回の中では比較的「旧い」モデルとなる997。
初期モデルだとおよそ10年は経過していますが、そのぶん肩肘張らずに911と付き合えるというもので、ここは思いっきりカジュアルに振ったほうが良さそうです。

ヤコブ・コーエンのジーンズにポロシャツやTシャツ、スニーカーはフィリップ・モデルという感じでシンプルですが軽そうに見え、デザイン性が高く明るい色の多いブランドを選びたいですね(車の色がイエローやレッドであれば、それらの色を一部取り入れた着こなしが望ましい)。
色の抜けたヌーディージーンズも良いかもしれません。
※あまりいい画像がなかったのですが、着古したブルージーンズにTシャツでも良いレベル

150113_PHILIPPE_MODEL_001

7.ポルシェ・ボクスター(981、中古)
かなり人気の高かった981型ポルシェ・ボクスターの人気もようやく落ち着き、手頃な価格に。
600万円あればかなり程度の良い個体を入手できます(2.7L)。
外観としても一般人から見ると911よりも高価に見え、しかも屋根が開くというおまけ付き。
運動性能も申し分なく、レオン風に言うとニキータも大満足ということになりますね。

porsche-boxster-981-frontale

こちらは上の911とは異なり、まだ年式の新しいボクスター。
かつ981世代からぐっと車のデザイン性が高まり、ファッションにもそれなりに気を使いたいもの。
オープンカーということもあって外から見られることを意識する必要もあるかと考えています。
ちょっとくらいハデなほうが似合うだろうということもあり、ここはディースクエアードがお勧め。
オープン走行を考えて巻き物やサングラス、キャップやハットなど小物があると良いですね。

8.日産GT-R(中古)
中古市場では圧倒的人気を誇る日産GT-R(R35)ですが、2007-2008年辺りだと500-600万円でかなりの選択肢があります。
GT-Rは手荒く扱われた個体が多いので選択は困難を極めると思いますが、GT-Rはこの価格で拾っておくと後で売るときにもさして値下がりすることはなく、とりあえずメンテナンスだけしっかりされた個体を選びたいものですね。
ブレーキ、タイヤの摩耗には要注意(費用がかかる)で、購入前には必ずチェックしておきたいところ。

img4_20081208_14433365_5_l

質実剛健で走りこそが命の日産GT-R。
本来はオシャレに気を遣う余裕など無い車ですが、やはり皆の憧れでもあり、新車だとかなり高額な車なので、それに見合うファッションは必須かもしれません。
さりげなく、しかしシルエットにこだわったwjkあたりがGT-Rに似合いそうです。

9.アウディA6オールロードクワトロ
アウディの中でも比較的ワイルドな雰囲気が強い(クラディングのお陰でQ5やQ7よりも)、オールロードシリーズ。
新車時にはかなり高い人気を誇りますが中古だとけっこう価格も下がり、その万能性を考えると使い勝手は抜群なんじゃないかと思います。
(A6なので)プレステージ性も高く、アクティブな雰囲気があり、4WD(クワトロ)で荷物もたくさん乗るという夢のような車ではありますが、売るときにはけっこう価格が下がるので覚悟は必要。

0000003935

上品かつワイルド、そして鋭さといったイメージを併せ持つアウディA6オールロード。
となると思い浮かぶのはモンクレールですが、シャイニーナイロンだと子供っぽくなるので光沢を抑えた素材やウール素材がベター。
ダウンだと子供っぽくなりすぎる場合もあるので、「ガムブルー」もいいですね(高いですが)。

10.アウディA5カブリオレ
美しいシルエットを持つアウディA5のカブリオレモデル。
ボディカラーがホワイトかダークシルバーでトップがレッドだと言うことなし。
アウディというと偏差値の高い優等生という感じですが、A5カブリオレ、しかもレッドのトップだと秘密めいた魅力も感じさせ、一躍「噂の人」になるかもしれません。
この車がガレージに収まっていると毎日楽しいだろうなあ、と思いますが、売るときはアウディ車の常として大きく値下がりするのが難点。
ただし他のクーペやセダン、ワゴンに比べるとオープンカーは値下がりが緩やかですね。

A 15016

A 15016

車の美しさに見合うファッションとなるとかなり難易度が高いのが現実。
車自体がスマートかつシンプルなのでゴチャゴチャと重ね着をするのは好ましくなく、着こなしもすっきりスマートなものが望ましいですね。
その意味でもできるだけ一つのブランドでまとめたく、ここでは「プラダ」をプッシュ。
基本的にモノトーンをプッシュしますが、ボディカラーによっては着こなしに色味を取り入れても良いかもです(トップがブラックの場合は明るいファッションのほうが良いかもしれない)。

ざっと見てみると、いかにメルセデス・ベンツやBMWとは言っても4ドア系は中古になるとかなり値下がりするようですね。
一方スポーツ系やSUVの値落ちは比較的鈍く、乗り換えを考えてもスポーツ系、SUV系を選んでおくのが良いのかもしれません。

->アウディ(Audi), >ポルシェ911関連, >トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS), >AMG/メルセデス(Mercedes-Benz), >ポルシェ・ボクスター関連, >その他アメリカ車, >BMW(ビー・エム・ダブリュー), ■自動車・バイクの購入検討/比較など, >レンジローバー/ランドローバー(RangeRover), ■服や小物、時計、雑貨など
-, , , , , , ,