>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) >マクラーレン(McLaren)

今度はSLRマクラーレン。デジタル処理でリバティウォーク風のオーバーフェンダーにカスタム

投稿日:2016/10/10 更新日:

fat-mercedes-benz-slr-mclaren-rendering-0

CGアーティスト、 RainPriskによってメルセデス・ベンツSLRマクラーレンがリバティウォーク風のオーバーフェンダー装着ルックにカスタム。
フロントバンパーも交換される前提で前後オーバーフェンダー化されていますが、フェンダーはリベット留めではなく装着後にスムージングされている模様。
ライトやホイールもブラック仕上げとなり、「悪そうな」雰囲気が出ていますね。

メルセデス・ベンツSLRマクラーレンはF1参戦において当時パートナーシップ関係にあったメルセデス・ベンツとマクラーレンとのジョイントによって2004年に誕生したスーパーカーであり、F1ノーズコーン風のフロントデザインが特徴(当時のメルセデス・ベンツSLKにも採用)。
生産はマクラーレンにおいて手作業で行われたとされていますが、その名の通り1955年の「300SLR」がモチーフとなっています。

ドアは上に開くディへドラル・ドアを採用し「いかにも」スーパーカー的で、エンジンは専用開発の5.4L/V8スーパーチャージャー(626馬力)。
トランスミッションは5ATでフロントエンジン搭載とポルシェやフェラーリの作るスーパーカーとは異なりますが、0-100キロ加速は3.8秒を誇り、当時としては最速レベル。

なお合計で6バリエーションありますが、「ロードスター」のトップ素材は光を透過するファブリックとされており、先進的な装備も特筆すべき点。
5AT採用というところも鑑みると、ほかメーカーのように「走りだけ」を追求したモデルではなく、快適性も追求していることがわかりますね。

一方でボディ構造はカーボンコンポジット製モノコック、そしてエアブレーキ採用など「本気」で、後のマクラーレン市販モデルにつながる構造や装備も見られます。

新車価格は5985万円でしたが、当時としてはあまりに高額であったために販売にはかなり苦戦したとされ、中古相場も一時的にかなり下落したことも。

あわせて読みたい、メルセデス・ベンツSLRマクラーレン関連投稿

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

こちらもどうぞ。人気記事

1

| 乗ってゆくクルマでディーラーの対応は間違いなく変わる | 高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、 ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

この記事のもくじ この2年ほどでニュルブルクリンクのラップタイムは大きく短縮それではニュルブルクリンクのラップタイム「トップ100」を見てみようこちらもオススメ、関連投稿10選 この2年ほどでニュルブ ...

4

スーパーカーを購入したことで何かが変わったか? 最近ふと「スーパーカーを購入して変わったこと」について考えることがあります。 まず、スーパーカーを購入して何かが変わったかという問いに対しては、間違いな ...

5

さて、ランボルギーニ・ウラカンの12ヶ月点検が終了したということもあって、ここでこれまでの点検やメンテナンス、税金、保険、カスタムにかかった費用をまとめてみたいと思います。こうやって見ると「毎年けっこ ...

->AMG/メルセデス(Mercedes-Benz), >マクラーレン(McLaren)
-, , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.