■新型車情報/スパイフォト/噂など >中国/香港/台湾の自動車メーカー >VW(フォルクスワーゲン/Volkswagen)

エレクトリック、自動運転、コピー、ニッチなど。上海モーターショーにはこんなクルマが出展されている

中国の自動車市場は独自の方向性に向けて動き出しているようだ 現在中国では「上海モーターショー」が開幕していますが、そこでは他の国とは異なる様相が見られる模様。中国はEVの製造、消費者にとってはEV登録時に優遇措置が受けられるということもあり、現在「EVバブル」。よって多数のEVが上海モーターショーに登場しているようですが、ここで上海モーターショーに出展されるクルマを(EVに限らず)紹介してみたいと思います。

ReadMore

>アウディ(Audi) >アルファロメオ/フィアット/アバルト(Alferomeo/FIAT/ABARTH) >フェラーリ(Ferrari) >スズキ(SUZUKI)

スズキが200万台規模のリコールを届け出。そのほかフェラーリ、アウディ、アルファロメオも相次いでリコールを発表

フェラーリはエアバッグ、アルファロメオはブレーキ、アウディは燃料関係 先般より報道のあったスズキの大量リコール。スズキが4/19付けにて200万台を超えるリコールを国土交通省へと届け出ていますが、そのほかにも(別の内容で)アウディやフォルクスワーゲン、フェラーリ、ホンダもリコール届け出。新年度から相当にリコールの多い年となっていますが、ここでその内容(一部)を見てみましょう。 こちらもオススメ、関連投稿香港は知られざるスーパーカー天国。多くのスーパーカーやカスタムカーが走っている意外と出てくるのが遅かった ...

ReadMore

>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz)

メルセデス・ベンツの最上級SUV、「GLS」発表!シートは3列目までもが「電動調整式」、SUVにおける”Sクラス”

走る道を選ばず、最高の乗り心地を実現。いずれはマイバッハも投入か メルセデス・ベンツが新型GLSを正式発表。「S」と名のつく通り、SUVシリーズの「Sクラス」に相当するモデルで、BMW X7と真っ向からぶつかるクルマ。初代GLS(X166)は2015年に登場していて、それを考えると現段階でのフルモデルチェンジはちょっと早いような気もしますが、現行GLSはダッジ・デュランゴのプラットフォームを使用しており、メルセデス・ベンツとしてはこれを自社設計へと切り替えたいという意図があるのかもしれません。 そのため新 ...

ReadMore

>スバル(SUBARU)

スバルがまた売れそうなクルマを発表!新型「アウトバック」はクロスオーバーSUVのフラッグシップ

北米市場では喝采をもって迎え入れられそうだ スバルがニューヨーク・モーターショーにてフルモデルチェンジ版となる「アウトバック」を公開。スバルによれば、アウトバックは「フラッグシップクロスオーバーSUV」という位置づけとなり、今回のモデルチェンジで目指したのは「知的好奇心を刺激し、新たな発見を促すクロスオーバー」。外観上だと樹脂製の大きなクラディングが目に入り、いかにもワイルドそしてアクティブといった印象を受けますね。なお、スバルのデザインフィロソフィーは全車共通して「ダイナミック×ソリッド」ですが、今回の ...

ReadMore

>日産/インフィニティ(Infinity) ■ニュース

日産GT-R 2020年モデル発表!FUJITSUBO製チタンマフラー、細部のブラッシュアップにて各グレードとも40万円前後の価格アップ

内容を見ると、値上げの範囲は十分に納得できるどころか「お買い得」 日産がGT-Rの2020年モデルを発表。同時に「GT-R NISMO 2020年モデル」「GT-R 50thアニバーサリー」を発表しており、50周年を迎えるにあたって大きな盛り上がりを見せています。※2020年のGT-R諸元表はこちらなお、現行R35 GT-Rは2007年に登場していますが、12年目に突入した今でも、その輝きがまったく色あせていないと思います。 こちらもオススメ、関連投稿海の向こうでは大人気!RX-7、GT-Rはじめマツダ、 ...

ReadMore

>日産/インフィニティ(Infinity) ■ニュース

日産が「GT-R50周年記念」モデル”GT-R 50thアニバーサリー”発表。1年間の期間限定受注、価格は1319~1351万円

ベースはGT-Rプレミアム・エディション、ベースモデル比でプラス100万円 日産がGT-Rの2020年モデル発表とともに、GT-R生誕50週年記念モデル「NISSAN GT-R 50th Anniversary」を発表。日産はGT-Rの50周年を迎えるにあたり、すでにイタルデザインとのコラボレーションにて「GT-R50 by Italdesign」を発表していますが、こちらは限定50台、その価格も1億3000万円という高嶺の花となっています。今回発表されたNISSAN GT-R 50th Annivers ...

ReadMore

>日産/インフィニティ(Infinity) ■ニュース

日産GT-R NISMO 2020年モデル発表!カーボンパーツ、セラミックブレーキ投入などで-40.5kg、タービンも変更されレスポンスも向上

ルックスはさらにアグレッシブに。視覚的な満足感も向上したGT-R NISMO 2020年モデル 日産がGT-R NISMOの2020年モデルを発表。内容を見ると「軽量化」「ドライバーと車両との一体化」「制動力強化」がその大きな内容となっているようですね。※すでに日産は2020年モデルのGT-R NISMOのコンテンツを公開済みなお現時点では価格の公表はなく、5月中旬から先行予約を開始する、とアナウンスされていますが、ここでその内容をざっと見てみましょう。 こちらもオススメ、関連投稿海の向こうでは大人気!R ...

ReadMore

>ポルシェ911関連

ポルシェ911「スピードスター」正式発売!限定1,948台、GT3スペックを持つコレクターズアイテム

コンセプトモデルにかなり近い姿で登場。しかしタルボットミラーはやはり採用見送り ポルシェがニューヨーク・モーターショーにて「911スピードスター」を発表。これは2018年6月9日に創立70周年を迎えたポルシェが「70周年記念」として発表した911スピードスター・コンセプトの市販モデルとなります。ベースとなるのは992ではなく991.2世代の911で、エンジンは4リッター・フラットシックス、出力は502馬力。このエンジンそのものは911GT3(500馬力)/911GT3 RS(520馬力)と基本的に同じです ...

ReadMore

>中国/香港/台湾の自動車メーカー >ロータス(Lotus)

なんと中国国旗を身にまとう”ロータス・エヴォーラGT4”コンセプトが発表に。ロータスは中国でドライバー育成を行うなど一気に中国シフト

まさかここまで急速に中国化が進むとは ロータスが「エヴォーラGT4コンセプト」を上海モーターショーにて発表。これは文字通り「GT4クラス」に参戦することを想定したクルマで、2020年に実際に戦うことになるレーシングカーのプレビューとなります。ただ、驚くべきは前半分が英国国旗(ユニオンジャック)風、そして車体の後ろ半分が中国国旗風なところ。 こちらもオススメ、関連投稿ロータス「スポーツカーの生産は継続して英国で。だがSUVはそれ以外になる」→SUV発売がほぼ確実に【動画】キー上で車両の情報確認や機能の操作を ...

ReadMore

>ロールスロイス(Rolls-Royce)

ロールスロイスにとって最重要市場となった中国。上海モーターショーには「ショー専用」ワンオフモデルを投入してアピールへ

キックプレートには「上海モーターショー」の文字が入る ロールスロイスが上海モーターショーに「フルラインアップ」で臨み、ショー専用のワンオフモデル(カリナン、ファントム、レイス、ゴースト)を公開。なお、ロールスロイスは2018年において記録的な売上を計上していますが、その大きな要因は中国の伸びであったとされ、その後にロールスロイスは中国の「ブタ年」にちなんだカリナンを発表するなどし、中国に対して友好姿勢を示しています。 ロールスロイスが全力で中国に媚びる!中国の「ブタ年」にあわせて特別仕様のカリナンを投入し ...

ReadMore



>ブガッティ(BUGATTI)

【まとめ】納車の始まったブガッティ・シロン。レビュー動画や目撃情報など

投稿日:2016/10/11 更新日:

シロンの納車第1号がロンドンを走る。ウイングの動作や走行を収めた動画公開に

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-03-20-07-40%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

ブガッティ・シロンの納車第一号とされる車両がロンドンを走行。
ロンドンには先日ブガッティのフラッグシップディーラーがオープンしたばかりで、最もシロンを多く販売する地域でもあります。
ただ、このシロンもそうであるように顧客の大半は中東の人と思われ、他地域とちょっと様子が異なるようですね。

動画ではリアウイングがポップアップする様子、テールランプやストップランプが光る様子が収められていますが、この立体形状のテールランプは非常に格好良く、今後流行るかもしれませんね。
形状は異なりますがアストンマーティン・ヴァルカンも立体形状の自発光式テールランプを持っており、ランプのデザインや技術はまさに日進月歩だと思います。

BMWやアウディはOLEDにプレキシグラスのカバーを取り付けたテールランプを開発していますが、やはりシロンやヴァルカンのテールランプの方がインパクトという点では大きいようですね(OLEDとコストについてはどちらが高いのかわかりませんが)。

https://www.youtube.com/watch?v=xLTXYFIC1xk








ブガッティ・シロンの試乗レポート続々。時速320キロまでの加速を収めたものも

ここ最近でブガッティ・シロンの試乗動画が続いて公開に。
おそらくはメディア向けの試乗会が開催されたと思われますが、ここで幾つか紹介したいと思います。
まずがその「加速」を捉えたもの。
ブガッティ・シロンは8リッターW16エンジンを持ち、最高出力は1500馬力。
トランスミッションは7速デュアルクラッチ、駆動方式は4WDとなっています。

シロンは0-100加速を2.5秒でこなすとされますが、現在最高速度は時速420キロに制限。
この主たる理由は「タイヤ」とのことで、その耐久性が懸念となっており、これが解消されるようであれば最高速を引き上げるようですね。

動画では時速200キロまでの加速を収めていますが、公称値よりはやや遅いタイム(試乗など初めて乗った時は公称値通りのタイムを出すのは難しい)。

なお0-100キロ加速のベストテンは下記の通り。

テスラ・モデルS P100D ラディキュラス・モード・・・2.5秒(2016)
ブガッティ・シロン・・・2.5秒(2016)
ケーニグセグOne:1・・・2.5秒(2016)
ブガッティ・ヴェイロン 16.4 グランスポーツ・・・2.6秒(2012)
ブガッティ・ヴェイロンW16 スーパースポーツ・・・2.6秒(2010)
Caparo T1 2.4 V8/3.5 V8・・・2.6秒(2006/2007)
ヘネシー・ヴェノムGT・・・2.6秒(2010)
ラディカルRXC 3.5V6・・・2.7秒(2014)
アルティマGTR 720・・・2.7秒(2000)
ブガッティ・ヴェイロンW16・・・2.8秒(2005)

関連投稿:0-100km/h加速ランキング2017年版。ジュネーブでのニューモデル、国産車を追加

こちらはcarfectionによるシロンの試乗レポート。

ブガッティ・シロンはこう作られる。完成までに9か月、完成後には350キロの走行テスト

Benjamin A. Monn, BAM Photography, Bugatti Chiron

ブガッティ・シロンの製造風景が公開に。
シロンは製造に9か月を要すると言われ(しかも標準的なオプションの場合)、確かにこの画像を見ると「手作り」の部分が多く、それもまた納得です。
なお手作りで製造期間が長いということは、ブガッティにとって「パーツ類を仕入れ、それを現金化するまでの期間、人件費を支払うための負担が大きい」ことを意味し、それがすなわち車両の価格に反映されているとも言えそうです。

なお標準だとボディカラーは23種、内装カラーは8色、レザーのカラー自体は31色、アルカンターラは8色、ステッチは30色、カーペットは18色、シートベルトは11色。

ただしシロンを購入する人はこういった「標準」の範囲には収まらないカスタムを施すと思われ、より納車までの期間が長くなりそうですね(リアスポイラーの裏側のカラーまで変更できる)。

なおブガッティを製造する工場(1909年に建設)は「アトリエ」と呼ばれ、製造を担当するのは20名。
完成までには12のセクションを経るとのことで、VWで前もって組み立てられたエンジンを組み付けるところから製造を始めるようです。

製造したブガッティは全てテスト走行を行い、距離にして300キロ、速度では時速250キロ以上。
さらにチェックのため50キロ走行し、その後に承認が出て初めてポリッシュがかけられて出荷される模様。
現在までにこの「アトリエ」では70台のシロンが製造されている、とのことです。

Benjamin A. Monn, BAM Photography, Bugatti Chiron

Benjamin A. Monn, BAM Photography, Bugatti Chiron

Benjamin A. Monn, BAM Photography, Bugatti Chiron

実はまだだったブガッティ・シロンの納車。ようやく最初の三台が顧客の元へ

ブガッティがシロンの納車を開始。
先日はクリスティアーノ・ロナウド選手を招いてシロンのテストを行っていますが、今回は3台のシロンが顧客の元へと旅立つことになったそうです。
ボディカラーはシルバー、ブルー、ダークブルーとなり納車先は欧州と中東、とされています。

関連投稿
クリスティアーノ・ロナウドがブガッティを訪問。シロンを試乗する(動画あり)

シロンは50人のスペシャリストによって1台あたり9か月をかけてテストされますが、年間の生産は70台までに制限される、とのこと。
なお現時点でシロンは220台の受注を受けており、ということは今から注文しても納車は4年後、になるというのはちょっと衝撃。

関連投稿
ブガッティ・シロンはこう作られる。完成までに9か月、完成後には350キロの走行テスト

なおこれら三台のシロンの前にサウジアラビアに「ブガッティ・ヴィジョン・グランツーリスモ」、そしてそれと同じカラーのシロンが納車されており、「一般への」納車は今回が初心だそうです(以前にシロンの事故が目撃されていましたが、これまで一般に納車されていないとすれば、事故を起こした車両はプロトタイプと考えられる)。


いいか見てろよ?ブガッティ・シロンはこんなに安定してるぞ。オーナーが加速中に手放し運転

ブガッティ・シロンのオーナーが加速中に両手をステアリングホイールから離して運転。
シロンは最高速度が制限されていたりという話もありますが、現時点で世界最速レベルのポテンシャルを持つのは間違いのない一台です。
そんなシロンですが、いかに4WDで安定しているとは言えど加速中に手放しというのはかなり見ていて怖いですね。

動画では速度について触れていませんが、シロンのメーター画像を見ていると、針の位置が時速220-240キロあたりにあるようですね(キロ表示でもマイル表示でもその数字の位置関係が同じだとすれば)。

なおぼくがその車のバランスやアライメントを確認するのに行うのは(もちろん安全な場所で)「手放し加速」と「手放しブレーキ」で、この両方で車体が流れない車はバランスやアライメントがしっかり取れている、と考えています(道路の傾きもあるので、異なる場所で何回か行う)。

ブガッティ・シロンは現在のところ市販車では0-100キロ加速最速の「2.5秒(リマック・コンセプト・ワンも同等と言われる)」。
最高時速は458キロと公称されていますが、現在のところ最高速度はリミッターにより制限されているようです(ブガッティも認めている)。

ブガッティ・シロンが日本でも公開に。11/16まで南青山ショールームに展示中

ブガッティ・シロンが日本にも到着。
すでにVIP向けに公開され、南青山ショールームに展示されている、とのこと。
展示は11/16までとされ、その後(おそらく)別の国へ向かうようですが、クリスマスの次期には戻ってくるようですね。

なおブガッティによるとシロンのオーダーのうち6%は日本からとのことですが、ヴェイロンの場合は2.5%だった模様。
最近は日本でもフェラーリやランボルギーニはじめ、ロールスロイスなど超高額車の販売が伸びており、ブガッティも例外ではないようですね(ヴェイロンの時代は販売体制が整っていなかったこともあるかもしれない。ブガッティ青山ショールームのオープンは2015/11)。

ブガッティは購入時に厳しい審査があり、ブガッティが「この人はブガッティオーナーにふさわしい」と認めた人でないと購入は不可能と言われます。

日本だとビートたけし氏がそのオーナーであることで有名ですが、日本だと「お笑い」で有名であるためについつい「お笑い芸人」と考えてしまうものの、先日もフランスで最も栄誉ある「レジオン・ ドヌール勲章」受賞で分かる通り「世界のキタノ」であり、世界だと芸術家や映画監督として有名なので、ブガッティが認めるのも「当然」と言えますね。
余談にはなりましたが、北野武氏ほど日本と世界での印象が異なる(どちらも高い評価ですが、その分野が異なるということで)人も珍しいと思います。

本物?フェイク?ブガッティ・シロンの事故画像がネット上に登場

bugatti-chiron-crash-0

ブガッティ・シロンの最初の事故と思われる画像。
画像の詳細は不明であり、この画像が本物かフェイクかも不明ですが、もし本当だとすると正真正銘、世界最初のシロンのクラッシュということに(もしくはトランスフォーマーの撮影かも)。

なおシロンのようなエキゾチックカーは事故の画像が出回ると一気にブランドイメージが下がるために「オーナーを選んで」販売していると思われますが、現在のところ性能面でもリミッターをかけ、「最高速が出ないように」している模様。

これはまだ発売後に時間が経っておらず機械的な信頼性の問題、加えてドライバーがその驚異的な加速に慣れるまでの猶予を考慮したものと思われますが、それでも事故が起きる時は起きるのかもしれません。
※その後ブガッティから正式にコメントが発表され、どうやら本当にシロンがクラッシュした模様

ブガッティ・シロンはすでに220台を受注。限定数量の500台に達するのは時間の問題?

ブガッティのCEO、ウルフギャング・デュラハイマー氏によると、シロンはその発売後9ヶ月で220台を販売した(受注を受けた)、とのこと。
3億円に迫ろうという価格のハイパーカーですが、年間の生産台数は65台なので、現在注文しても納車までには3年以上かかるということになりますね。
なおイベント等では積極的に潜在顧客に対して試乗を勧めており、それだけ車に自信がある、と捉えることもできます。

なおシロンについては8年の間に500台のみの生産を予定しており、このままのペースだとかなり早い段階で予定台数を消化するのかもしれません。
こういった車は発売初期に一定の人が購入してしまうと、それ以降は売れないのでないかとも思いますが、フロイド・メイウェザーのように一人で何台もヴェイロンを保有する人も多く、かつヴェイロンの新しいバリエーションが登場すれば「買い増し」する人も多いそうで、これはブガッティの顧客は非常に忠誠心が高いことを意味していますね。

現在は中東向けに何台か納車されていますが、やはり中東はブガッティにとってかなり大きな市場と言えそうです(ブガッティ・ヴィジョン・グランツーリスモも中東の王子へ販売された)。

この販売状況について、デュラハイマー氏は「満足している」としており、今の段階ではさらにディーラーを増やすなどの計画は持っていない、とのこと。
ちなみにシロンの注文時には3000万円近い「予約金」が必要になり、これだけでポルシェはもちろん、フェラーリやランボルギーニも買えそうです。

ブガッティ・シロンの内外装、各種スイッチの操作方法を解説した動画が公開に

ロシア人ユーチューバーがブガッティ・シロンを詳細に紹介する動画。
ショウルーム内で解説を行っていますが、ほかにアストンマーティンDB11やベントレーも展示されていますね。
動画では事細かに外装や内装について説明してくれており、各種スイッチについてもその操作方法や役割を紹介しています。

こちらはメーター(最新の車にしてはアナログメーターがかなり地味な印象)。
コミュニケーションシステムについても述べていますが、他の車やヴェイロンとの比較もあり、かなり車に精通した人のようですね。

これは「第二のキー」。
ヴェイロンでもおなじみですが、最高速にトライする際、いったん車を停止させてこのキーを使用し、「戦闘態勢」に車をアジャストするためのものです。

エンジンももちろん始動。
リアウイングは「上がる」だけではなく角度も変更できるようです。
動作についてはなんとなくエレガントな気がします。
ナンバープレート脇にはコネクタがありケーブルが接続されていますが、もしかするとここからバッテリーへと充電できるのかもしれません。

こういった車は日常的に乗るわけではなくバッテリーの放電を防ぐために充電器を接続するのが常ですが(新型NSXにもオプション設定されている)、だいたいはトランクなどを開けっ放しで(その中にあるバッテリーに)ケーブルを接続する可能性があり、トランクを開けたり、ケーブルを通すために開けっ放しにしたりする必要が無いのは非常に便利(これがその充電コネクタであるとして、ですが)。

なお、この人は7カ国語ほど話すことができるようですね。

https://www.youtube.com/watch?v=c9tGphshtOc

クリスティアーノ・ロナウドがブガッティを訪問。シロンを試乗する(動画あり)

クリスティアーノ・ロナウド選手がブガッティ・シロンを試乗。
これはブガッティに招かれてのテストドライブだそうですが、ロナウド選手は2016年にチャンピオンシップを獲得した際にもそのお祝いとしてヴェイロンを購入していますね。

動画ではブガッティを訪れ、シルバーのシロンをテストする様子が収められていますが、さすがに楽しそう(ガレージに収まる車はクリスティアーノ・ロナウド本人の車のように見える)。

その他にもブガッティ・コンチネンタルGT、ランボルギーニ・アヴェンタドール、フェラーリ599、ポルシェ911ターボなど数々のスーパーカーを所有していることで知られますが、ナイキのプロモーションビデオではパガーニ・ウアイラをドライブしています。

同じサッカー選手でもメッシ、ベッカムは車をカスタムする傾向が強いようですが、クリスティアーノ・ロナウドは比較的ノーマルのまま乗ることが多いようですね。

https://www.youtube.com/watch?v=4TAIclkNDwk

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



  • この記事を書いた人

JUN

新しいモノ、テクノロジー好き。「クルマ好き」に分類されるはずだが、一般にはそれを隠して生きている。クルマだと軽自動車、スーパーカー、電気自動車まで興味を広く持つ。どんなクルマにも作られた人の魂が込められていると信じていて、そのため「よりデザイナーが情熱を注いだであろう」珍車がとくに好き。座右の銘は「情熱と愛情さえあればなんとかなる」。職業は(それが職業と言えるならば)投資家、ブロガー。 現在は複数カーメディアにて記事を連載中。

->ブガッティ(BUGATTI)
-, ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.