>その他ポルシェ関連/ニュース

40年間納屋に眠っていたポルシェ356が競売へ。なんと登録されてから今まで「ワンオーナー」

投稿日:2016/10/11 更新日:

1957-porsche-356a-1600-speedster

クラシックカーあるある、「納屋で発見された貴重な車」。
今回は1957年製ポルシェ356A 1600スピードスターですが、40年近く納屋に眠っていた、とのこと。
走行可能な状態で眠りに入ったようですべてのパーツが揃っていますが、画像の通り埃だらけ。
しかしながら見たところでは大きなサビもなく、比較的状態は良さそうです。

ボディカラーはアクアマリンメタリック、内装はベージュのレザレット。
いずれも工場生産時のままで、作られたのは1957年の3月5日、USスペックのバンパー装備。
アメリカのディーラーに運ばれた後、1957年6月にアメリカ人に購入され、そこからなんと59年間その人の名義のままだそうです(つまりワンオーナー)。

1957-porsche-356a-1600-speedster-1

1975年にオーナーさんはこの車をガレージにしまい、そこからどういった理由かは一度も乗らず。
2012年にそのオーナーさんが無くなる際に親しい友人に託され、今回この車を納屋から出すことになったそうです(2012年から今までこの車がどうしていたのかは不明)。

オークション開催元によると、現存する356はほとんどレストアを受けており、オリジナルの塗装や内装を持つ個体はきわめて稀、とのこと。
予想落札価格は最高で2600万円程度と見られます。

欧米ではこういった「納屋で発見」された車が度々出てきますが、ぼくにとっては「なぜ納屋に眠ることになったのか」、「それがなぜ発見されたのか」という隠されたストーリーが非常に気になります。

関連投稿:アメリカあるある「納屋で眠っていた車が発見」。今回はポルシェ

900_o21021

アメリカならではというか、時々報じられる「納屋で価値のある車が眠っていた」という案件。
今回はポルシェ356で、1985年以降ずっと納屋の中にあったそうです。

詳細は不明ですが、家族が亡くなって整理していたら出てきた、先祖の残した納屋(土地)を売ろうとしたら出てきた、台風で納屋が飛んでったら出てきた、というパターンが今までに報道されています。
こんな感じでアメリカにはまだまだザクザクとお宝が眠っていそうですね。

900_o21022

こちらもオススメ、関連投稿10選

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

こちらもどうぞ。人気記事

1

| 乗ってゆくクルマでディーラーの対応は間違いなく変わる | 高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、 ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

フロントバンパーレス、悪魔のZっぽい インテリアのカスタムで知られるVilnerがフェアレディZの内外装をカスタムして公開。なんとも魅力的なボディカラーを持つフェアレディZですが、この個体にはちょっと ...

4

「オレ、ランボルギーニ買うわ」 (一般的な収入の人が)そう言ったときの、奥さんもしくは彼女さんの反応はほぼ一様だと思うんですよね。 あきれたり、「絶対無理」と一蹴されるよりも先に、結婚前だと「あたしと ...

5

ランボルギーニ・アヴェンタドールSの購入を検討開始。 ぼくはガヤルド、ウラカンと二台ランボルギーニを乗り継いだ割にはV12モデルには疎く、その標準装備やオプションについてはほとんど無知。 まずは見積も ...

->その他ポルシェ関連/ニュース
-, , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.