ad-728





■新型車情報(未発売)/スパイフォト/噂など >ミッションE関連

ポルシェ「ミッションEのバリエーションをいくつか作るかも」。SUV版登場の可能性も

2017/09/17

Porsche-Mission-E-Concept-4

ポルシェは2020年までにはミッションEコンセプトの市販モデルをリリースすると見られますが、ポルシェの研究開発部門を担当する役員、Michael Steiner氏によると「ミッションEのプラットフォームはフレキシブルに形状を変えることができ、一つのボディ形状に留まる理由はない」とのこと。
裏返せば様々なボディ形状のミッションEもしくはほか名称でのバリエーションが登場するということになりますが、ポルシェは現在EVに対して非常に高い比重を置いており、2020年以降は一気にEVもしくはPHEVが増加するのかもしれません。

なお、このプラットフォームはSUVにも転用可能とのことで、ポルシェからEV版のSUVが登場する可能性があること、また同じグループに属するVWアウディからも(もしくはベントレーやランボルギーニからも)ミッションEのプラットフォームを利用したEVが登場するのかもしれませんね。

関連投稿:コンセプトカーはこうやって作る。ポルシェがミッションEができるまでを動画で公開

porsche mission E concept movie ポルシェ ミッションE コンセプト

porsche mission E concept movie ポルシェ ミッションE コンセプト

ポルシェが「ミッションEはこうして考えられた」という動画を公開。
スケッチを起こす段階から1/3モデル、クレイモデルなど様々な段階を経てモーターショーに展示される実際のミッションEコンセプトが出来上がっているようですね。

関連投稿:ポルシェ・ミッションEは未来の911となりうる?上層部語る

ポルシェの911ターボ部門の責任者がトップギアに語ったところによると、「ミッションEは将来的に911との関連性が強くなるだろう、とのこと。

ミッションEは4ドア・グランツーリスモとしての発売が予想されますが、これがもし派生モデルとして2ドア版が発売されるとなると、「それは911と呼ばれるかもしれない」という話です。
ただしこれは決定ではないのでナントモですが、いずれにせよミッションE発売の数年後には911のオールエレクトリック版が登場するという見込みですね。

なおミッションEはモーターのみで600馬力、0-100キロ加速3.5秒を実現しており、「911」を名乗るには十分。
すでにメルセデス・ベンツやアウディは先行して(限定ながらも)EV版スポーツカーを発売しており、ポルシェとしてはやはり遅れを取ることは出来ないのだろうと思います。

DSGについても当初(競技用ではあるものの)実用化したのはポルシェですが、その後VWの市販車に採用され、ポルシェの市販車に採用されるまでに数年を要しています。
ポルシェとしては新しい技術については「納得ができる状態」でないと採用しないと考えられ、EVについてもそれは同様なのかもしれません。

裏を返すと、ポルシェがEVを発売するとなると、それは「ポルシェと名乗るにふさわしいもので、誰もが納得できる性能を持つもの」と考えられ、それは911のEV版であっても同じなのだと思います。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



-■新型車情報(未発売)/スパイフォト/噂など, >ミッションE関連
-,