ad-728





>フェラーリ(Ferrari)

フェラーリもロールスに続き日本に注力。新たに2つのディーラーをオープン

2016/12/21


auto-cavallino-kobe

フェラーリがロールスロイス同様に日本市場に出の活動をさらに活発化。
9月には札幌に販売拠点を開設し、続いて神戸にも「オートカバリーノ」をオープン。
これで日本においては12の都市に13のディーラーを持つことになりますが、やはり日本注力は嬉しいところ。

ロールスロイスの場合は「日本は景気に左右されず安定的に販売が見込める国」としており、中国市場で販売が「半分」に一時落ち込んだことに対する反動のようですね。

関連投稿
ロールスロイスが日本市場に再注目。昨年−50%を記録した中国市場からの教訓か

160064-cor-auto-cavallino-kobe

フェラーリにおいても、ちょっと前の話ですがリーマンショックの際も日本は影響がなかったと聞いていますし、ランボルギーニでも現在日本は「3番目」の市場でさらに成長傾向にあるとのことで、超高額車に置いては「Look Japan」なのかもしれません。

160556-car-mid-sapporo-configuration-area

なおフェラーリの札幌ディーラー(MID札幌)に関しては広い敷地が特徴でレセプションエリア、ラウンジスペース、コンフィギュレーションエリアを合わせて4000平方メートルの面積を持っており、サービス工場では4基のサービスベイと2700平方メートルのスペースを保有。

160063-cor-auto-cavallino-kobe

ちなみに現在ランボルギーニは6、マクラーレンは4、ロールスロイスは6、アストンマーティンは5つの販売拠点があり、今後もさらに拡大するのかもしれません。

各メーカーによってディーラーの呼び方が異なり、例えばポルシェだと「ポルシェセンター」といった故障がありますが、(ランボルギーニだと「ランボルギーニ+地名」)、フェラーリの場合は経営母体の名称を表に出すことが多いようですね。

->フェラーリ(Ferrari)
-, , ,