>ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA)

ホンダが5世代目CR-Vを発表。「パフォーマンス、積載性、経済性はかつてないほど向上」

投稿日:

2017-honda-cr-v-755

ホンダが5世代目となる新型CR-Vを公開。
今までに比べ大型化しスペースユーティリティが向上しており、デザインも一新されています。
日本では大型化に伴い人気が低迷していますが、北米ではホンダにとって「二番目に売れている」モデル。
同じカテゴリではスバル・フォレスター、トヨタRAV4、シボレー・イキノックス、フォード・エスケープなどがありますが、競争激しいこのカテゴリでCR-Vは優位性を発揮しており、今回満を持してのモデルチェンジですね。

パフォーマンス、積載性、プレミアム性、経済性についてかつて無いほどレベルを引き上げたとホンダは語っており、先に発表された新型シビック同様にシャープなデザインを採用。
なおエアロダイナミクス向上のために不要なときはグリルを閉じることができる「シャッターグリル」を採用しているとのことで、これは昨日公開された新型BMW5シリーズ同様ですね。

2017-honda-cr-v-4

内装においてはエルゴノミクスデザインを強化し操作性を向上させ、インフォテイメントシステムも充実(7インチタッチスクリーン装備)。
もちろんアップル・カープレイ、アンドロイド・オートにも対応しています。
ホイールベースは従来比で41ミリ長くなっており、そのほとんどは室内空間の拡大に充てられ、後部座席のレッグルームは53ミリ拡大。

2017-honda-cr-v-2

エンジンは2.4リッターNA(184馬力)、1.5リッターターボ(190馬力)でトランスミッションはCVT、駆動方式はFFもしくは4WD。
価格については現在発表はありませんが、追ってアナウンスされると見られます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

こちらもどうぞ。人気記事

1

| 乗ってゆくクルマでディーラーの対応は間違いなく変わる | 高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、 ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

フロントバンパーレス、悪魔のZっぽい インテリアのカスタムで知られるVilnerがフェアレディZの内外装をカスタムして公開。なんとも魅力的なボディカラーを持つフェアレディZですが、この個体にはちょっと ...

4

「オレ、ランボルギーニ買うわ」 (一般的な収入の人が)そう言ったときの、奥さんもしくは彼女さんの反応はほぼ一様だと思うんですよね。 あきれたり、「絶対無理」と一蹴されるよりも先に、結婚前だと「あたしと ...

5

ランボルギーニ・アヴェンタドールSの購入を検討開始。 ぼくはガヤルド、ウラカンと二台ランボルギーニを乗り継いだ割にはV12モデルには疎く、その標準装備やオプションについてはほとんど無知。 まずは見積も ...

->ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA)
-, ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.