ad-728





■服や小物、時計、雑貨など ■映画や音楽、本について

ビームスが創業40周年を記念して1976年からの流行/音楽/社会現象を1本の面白動画に

beams

ビームスが創業40周年を記念し、動画「TOKYO CULTURE STORY 今夜はブギー・バック(smooth rap)」を公開。
創業時の1976年から今まで「こんなものが流行った」を動画で紹介するものですが、各年代にとって楽しめる内容となっています。

beams2

1977年だとこんな感じで、花柄、バッファローチェック、アウトドアスタイル、ブランドだとピンクハウス。
音楽も紹介されており、1976年だと南佳孝、という感じですね。

UCLAスタイル、ヘビーデューティー、オリーブ少女、フォークロア、サーフスタイル、戸川純、シティボーイ、ディスコ、ボンタン、竹の子族、ロカビリー、ギターウルフ、カラス族、パンク、ウォークマン、ジュンコ・シマダ、ア・ストア・ロボット、森高千里、DCブランド、ヴィヴィアン・ウエストウッド、渋カジ、アンアン、ポパイ、ヒップホップ、アントワープ6人衆、グランジ、ボディコン、ジュリアナ東京、ボアダムス、カントリー、パタゴニア、野宮真貴、裏原などなど。

ファッションだけではなく、当時のムーブメントや流行った芸能人などが出てくるのが面白いと思います。
音楽は小沢健二とスチャダラパーによる「今夜はブギー・バック」をピチカート・ファイヴ(野宮真貴)や森高千里、ギターウルフ、初音ミクら17アーティストがメドレー形式でカバー。
本人たちも登場します。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



-■服や小物、時計、雑貨など, ■映画や音楽、本について
-, , , ,