>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) >マツダ(MAZDA) >BMW(ビー・エム・ダブリュー) >スズキ(SUZUKI)

「ワゴン」「ベースグレード」などスープラの”もしも”レンダリング。ほかにも新型アクセラ、BMW7シリーズやジムニーのIF設定も登場

さて、「もしも」系レンダリングでおなじみの「X-TOMIデザイン」が大量にその作品を公開。以前には「新型トヨタGRスープラのオープンモデル」をCGにて作成していますが、今回はそれに続き、「GRスープラのワゴン」「GRスープラのベースモデル」など様々なレンダリングが公開に。ここでいくつかの作品を見てみましょう。 CG職人がいい仕事をした。新型スープラがオープンになるとこうなる、というレンダリング こちらもオススメ、関連投稿意外と出てくるのが遅かったな。「スープラ・シューティングブレーク」のレンダリングがよう ...

ReadMore

>アルファロメオ/フィアット/アバルト(Alferomeo/FIAT/ABARTH) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

アルファロメオがステルヴィオの下に位置する小型SUV発売?ジュネーブに「新型コンセプトカーを持ち込む」と明言

アルファロメオの小型SUV、大型SUV発売の話は以前から出ていた アルファロメオが3月5日に開幕するジュネーブ・モーターショーに「新型コンセプトを展示する」と発言。これはアメリカのカーメディアに対し、アルファロメオの北米法人のスポークスパーソンが語ったもので、「我々はジュネーブに全力で臨む」とも付け加えたと報じられています。

ReadMore

>ランボルギーニ・アヴェンタドール関連

まさかの超限定モデル、ランボルギーニ・アヴェンタドールSVJの「中古」が市場に登場

ホワイトとゴールド、高貴ささえ感じるカラーコンビネーション すでに完売している限定車、ランボルギーニ・アヴェンタドールSVJですが、なんとドイツにて売り物が登場(James Editionにて掲載中)。 アヴェンタドールSVJはアヴェンタドールの軽量ハイパワーモデルで、「ランボルギーニSV」の後継にあたるモデル。 「SV」=スーパーヴェローチェ(超速いという意味)にランボルギーニのハイパフォーマンスモデルを象徴する「J(もとはFIA競技附則J項に由来)」が付与されるという、名称のみでも”最強”を誇るクルマ ...

ReadMore

●ポルシェ718ケイマン(982) ■近況について ■ニュース

ポルシェ718ケイマン洗車。ダッシュボード、ドアインナーパネルの素材は汚れやすい

今回は主にインテリアの清掃について触れてみたい さて、ポルシェ718ケイマン洗車。冬季は融雪剤や降雪によって他の季節とはかなり異なる汚れ方をすることになりますが、気をつけないといけないのは「そういった汚れは塗装に対する攻撃性が高いこと」。つまり、融雪剤や雪とともに付着した汚れは「ヤスリ」のように塗装を傷める可能性があるということで、できるだけ多くの水を使用したり、洗剤を泡立ててから洗わなくてはならない、と考えています。 そんなわけで慎重に洗車を行い、そのためかかった時間は今回2時間ほど。 718ケイマンの ...

ReadMore

>ブガッティ(BUGATTI) >その他ポルシェ関連/ニュース

ポルシェ創業者一族が注文したというブガッティの20億円ハイパーカーはこうなる?なお一族にとって「20億円」は資産4500万円の人の「2000円」と同じレベル

もともとポルシェ創業者の孫、フェルディナント・ピエヒはハイパワー車が大好き ブガッティが先日「20億円のハイパーカーを発売」とも報じられましたが、それを予想したというわけではないものの、デザインスタジオのE.Milanoがシロンをベースに「ブガッティの新しいハイパーカー」をデザイン。主にはリアを延長し、さらにルーフからテールエンドには空力向上のためかカバーが装着され、純正よりも更に大きなサイズのタイヤとホイールを装着してローダウンしています。 つまりはロングテール化というか、マクラーレン「スピードテール」 ...

ReadMore

>ポルシェ911関連 >その他他ドイツ車

一見レトロな911、しかし中身はカーボンモノコックフレーム、プッシュロッドサス採用!710馬力、最高速360km/hのルーフCTRアニバーサリーが発表

光見えて灯火類はLED、ドアハンドルはポップアップ式のフラシュマウント ルーフが「見た目は昔の911、中身は最新レーシングカー並みの911」、”CTRアニバーサリー”を発表。なお、これは昨年にプロトタイプとして公開された「RUF(ルーフ)CTR 2017」のプロダクションモデルという位置づけで、ルーフの創業80週年を記念したもの(ポルシェは昨年に70周年を迎えたので、ルーフの歴史はポルシェよりも古いということになる)。 ※「CTR」は「カレラ・ターボ・ルーフ」の略 え?これが2017年の新車?ルーフが驚愕 ...

ReadMore

>アストンマーティン(Astonmartin) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

アストンマーティンが新型ハイパーカー「003」のティーザー画像公開。ミドシップレイアウト採用、ヴァルキリーに続く”新たなる神話”がはじまる

デザインはヴァルキリー似、価格は1億円、限定台数は500台 アストンマーティンがコードネーム「003」と題されたハイパーカーのティーザー画像を公開。これはつまり「第三のハイパーカー」となり、ヴァルカン、ヴァルキリーに続く3台目、ということを意味します。ポジションとしてはヴァルキリーの下となりますが、アストンマーティンは「ヴァルキリー」にて初のミドシップスーパースポーツ(過去にはコンセプトカーで”ブルドッグ”-下の画像-なるミドシップもある)に挑戦。

ReadMore

>ポルシェ911関連 ■新型車情報/スパイフォト/噂など

これまでフロントにあったNACAダクトが消えた?最新のポルシェ911GT3(992)スパイフォト

ポルシェはいくつかのプロトタイプを用意、もしくはオプションパッケージを準備か 992世代の新型ポルシェ911 GT3が冬季テストを行う様子がスパイフォトとして公開に。これまではニュルブルクリンクを走行する姿が主に目撃されたものですが、今回は比較的鮮明な画質にて捉えられており、これまでになく細部がよく分かる内容となっています。なお、992世代の911においてはフロントフード先端形状に変更があり、「911/930/964世代」に近いデザインとなっていて、これまでの水冷世代の911(996/997/991)とは ...

ReadMore

>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz)

さよならメルセデス・ベンツSLC。23年の生涯に幕を閉じるにあたり初代をイメージした最終記念モデル登場。同時に現行SLも終了に伴い特別仕様が登場

メルセデス・ベンツSLKは一つの時代を築いたと言っていい メルセデス・ベンツが「中国で売れないから」後継モデルはないとしていたSLC(旧SLK)に「ファイナル・エディション」を設定(日本への導入は未定)。つまりこれで現行SLCの寿命も終了ということになり、ついにその灯火が消えることに。「ファイナル・エディション」が設定されるのはSLC300とAMG SLC43で、面白いのはSLC43ボディカラーが「(初代SLK発表時のカラーをイメージした)サンイエロー」のみ、SLC300のボディカラーがセレナイトグレーで ...

ReadMore

>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) ■近況について ■ニュース

意外とSクラスっぽい?やっぱりCLSとは別モノの「メルセデスAMG GT 4ドアクーペ」を見てきた

思っていたよりもかなり大きなクルマだった さて、日本でも発表されたばかりの「メルセデスAMG GT 4ドアクーペ」。さっそく大阪はグランフロント内にあるのメルセデス・ミーへと展示車を見にゆくことに。展示車は「メルセデスAMG GT 63 S 4MATIC+」、つまり最強グレードで、ボディカラーはオブシディアンブラック、インテリアはレッドペッパー(AMGスポーツシート仕様)。理由は不明ですが、ショールーム内ではなく地下駐車場にて、施錠した状態かつ内装にはビニールのかかったままでの展示です。 メルセデス「4ド ...

ReadMore



>ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA)

【まとめ】ニュルブルクリンク他、サーキットやイベントでの事故/クラッシュ動画集

投稿日:2016/11/12 更新日:

恐怖動画。シビック・タイプRがニュルブルクリンクでクラッシュ。宙を舞い5回転

civic

ニュルブルクリンクにて、コーナーでバランスを崩したホンダ・シビック・タイプRが宙を舞い、5回転してようやく停止する動画。
幸いにもドライバーにダメージは内容で自力で脱出し、事後処理にあたっています(さすがにドアは開かなくなったようで、窓から車外に出ている)。

上下左右に車が回転しており非常に恐ろしい事故ですが、SC字カーブの入り口ですでにバランスを崩しており、その後芝生に乗ってコントロールを失ってしまったように見えます。
ニュルブルクリンクではルノー・メガーヌRSやホンダ・シビック・タイプRが多く走っていますが、いずれも激しくプッシュしており、時折大きな事故に繋がるようですね。

危険な状況を収めた動画ではありますが、ドライバーが無事で本当に良かったと思います。

civic2








ニュルにてアマチュアレースのクラッシュ動画。BMWがインを差せずにCR-Xにヒット

crx

ニュルブルクリンクで開催のアマチュアレースにてオーバーテイクに失敗し、ホンダCR-XとBMW(E46)とが接触しあわや大事故に、という動画。
BMWがCR-Xのインから抜こうとしていますが、ラインを閉じられてブレーキングしたもののブレーキがロックし先行するCR-Xにヒット。

CR-Xからするととんだ災難という感じですが、ラインの異なるFFとFR、そして次術の異なるドライバーが混走する場では往々にしておきがちな事故なのかもしれませんね。

幸いにして大きなクラッシュには至らず両者とも走行再開できそうな状況で、CR-Xもガードレールには「ちょっと当たっただけ」なので不幸中の幸いであったのかもしれません。

BMW M3がニュルで痛恨のクラッシュ。ドライバーはかなりのスキルを有するも姿勢を立て直せず

crush

ニュルブルクリンクを走行するBMW E46M3のクラッシュ動画(動画は車載映像となっていますが、アップロードしたのはM3のオーナー自身)。
かなり走りこんでいるらしく結構なペースで走行しており、シフトノブも延長(ステアリングホイールに近い位置になるのでシフトチェンジを素早く行える)するなど本気のドライバーですね。

リアが流れたのち芝生の上に乗っていますが、それでもこのドライバーは車の姿勢を維持するなどかなりのテクニックを発揮しており(表情も割と余裕)、同時にクラッシュにも慣れている模様。
それでも一旦滑り出した車を止めることはできずに残念ながらバリアにヒットしています。

幸いにもけがはないように見えますが、このドライバーであればまた立ち直ってニュルブルクリンクに復帰してくれそうですね。

スズキ・スイフトがニュルで大クラッシュ。オーバースピードでコーナーに侵入し3度もバリアに衝突

swift

ニュルブルクリンクにて、スズキ・スイフトがコントロールを失いコース両脇のバリアに三度も衝突してしまう動画。
なんとかカーブを曲がれそうなラインで走ってきたスイフトですが、オーバースピードのためアンダーが出てそのままアウト側のバリアに衝突。
その勢いで反対側のバリアにも接触していますが、すぐ後ろにやってきた後続車両とも接触すること無く無事に停止しています。

ドライバーは反対側のバリアに飛ばされた後は為す術がなかったようですが怪我はなかった、とのこと。
エアバッグは三度目の衝突で開いているように見えますね。

https://www.youtube.com/watch?v=yO-WAe3DUIg


イベント帰りにて。またまたマスタングがスピンしクラッシュしてしまう(動画あり)

%e5%90%8d%e7%a7%b0%e6%9c%aa%e8%a8%ad%e5%ae%9a-1

先日もイベントにてクラッシュしたマスタングを紹介しましたが、今回もやはりイベントでの事故。
イベントが終了して帰るところだそうですが、そこで先行車を抜こうとしたところバランスを崩してスピンし、対向車線の路肩に突っ込んでいます。

こちらも幸いにしてけが人は出ていないようで、比較的交通量がある道路ながらも二次災害は起きていない模様。
イベントに参加するとなると、やはり車好きとしては興奮度が増すもので、さらには今までに見たことのないような車に遭遇したりすると興奮度MAX。
そういった状況で車を運転したりすると思いがけない危険に遭遇したり事故を引き起こすことがあります。
また、団体で走ると一人ではしないような公道をすることもあり(集団心理)、これもまた危険な状況のひとつですね。

ニュルでアウディR8が一度はクラッシュを回避するもオツリを食らってやはりクラッシュしてしまう動画

名称未設定-1

ニュルブルックリンクを走るアウディR8がアンダーステアを出してしまい、あわやガードレールに激突というところでギリギリ回避。
なおコースから外れて芝生の上に乗っているのでコントロールが非常に難しかったと思いますが、ここまでは技術そして運に恵まれたと言えそうです。

ただしその後コースに復帰した際に急激にグリップを回復したようでオーバステアに転じ、反対側のガードレールに衝突した模様。
動画ではその様子はわかりませんが、R8が視界から消えた後に激しい衝突音が響いており、かなり大きなインパクトであったことが想像できます。

この日、このアウディR8は「どうしてもクラッシュしてしまう」運命にあったのかもしれず、いかにドライバーの高い技量をもってしてもそれは覆すことができなかったのかもしれません。

これでドライバーが無傷とは。1800馬力のカマロが時速322キロでクラッシュする動画

名称未設定-1

1800馬力のシボレー・カマロがレース中にコントロールを失いクラッシュしてしまう動画。
何回転も転がっており、カマロそのものは原型を確認できないほどの損傷を受けています。

ハーネスでしっかり体を固定しフルフェイスヘルメットを着用するなど万全の装備でレースに臨んでおり、おそらくはそれらのおかげでこうやって自力で車を脱出できたとも思われます。
あらためて事故のインパクトの大きさ(外観の損傷を見ると乗員が生きているとは思えない)、安全装備の重要さを実感させられる動画ですね。

なお車両にはロールバーも取り付けられており、「パワーに見合った」安全装備にお金をかけていることからも適切な判断のできるドライバーさんなのだと思われますが、パワーのある車の危険性、そしてパワーアップと同時に安全性も向上させる必要があることもわかります。

年一回のフェラーリ公式イベントでラ・フェラーリが3台もクラッシュするハプニング

Ferrari-LaFerrari-Crash-3

年一回のフェラーリイベント、Cavalcadeにてラ・フェラーリが合計3台もクラッシュ。
まずはレッドのラ・フェラーリがブラックのラ・フェラーリに追突する事故。
こちらは幸いながらさほど大きなクラッシュではないようです。

下の画像はイベントの様子と追突された方の黒いラ・フェラーリ。

こちらは事故の原因は不明ですが、同じイベントにてクラッシュしたラ・フェラーリ。
レッドにブラックとホワイトのラッピングが美しい、カスタムされた車両です。
上の「追突」事故よりは深刻そうな破損状況ですね。

Ferrari-LaFerrari-Crash-7

Ferrari-LaFerrari-Crash-8

Ferrari-LaFerrari-Crash-9

イベント会場から出る際にカマロがいいところを見せようと加速してクラッシュする動画

名称未設定-1

リノで行われたイベント「Cars&Coffe」の会場から去ろうとカマロが加速したところ、コントロールを失いクラッシュ。
ギャラリーも多く、ついつい情熱が先走ってしまったのだと思います。

なおクラッシュの内容はかなり大きく、フロントはほぼ大破。
美しくカスタムされた車両だけにもったいないですね。

アウディS3がニュルでクラッシュ。バンクのついたS字カーブで荷重移動に失敗

s3

ニュルブルクリンクにて、アウディS3のクラッシュ。
ハイスピードにてコーナーに侵入し、コントロールを失ってスピンしガードレールに激突。
その衝撃は大きく、ガードレールに当たった瞬間に車は大破しています。

アウディS3は4WDですが、一旦グリップを失うと4WDでも如何ともしがたい例であり、過信は出来ないということですね。
そう考えると、グリップを失うのがわかりやすいFR車の方が、ある程度の腕がある場合は「安全」なのかもしれないと考えたりします。
なお、このS字カーブは路面の角度(バンク)が複雑で、荷重移動が難しそうではありますね。

幸いなことにドライバー、同乗者にけがはなかった、とのこと。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



  • この記事を書いた人

JUN

新しいモノ、テクノロジー好き。「クルマ好き」に分類されるはずだが、一般にはそれを隠して生きている。クルマだと軽自動車、スーパーカー、電気自動車まで興味を広く持つ。どんなクルマにも作られた人の魂が込められていると信じていて、そのため「よりデザイナーが情熱を注いだであろう」珍車がとくに好き。座右の銘は「情熱と愛情さえあればなんとかなる」。職業は(それが職業と言えるならば)投資家、ブロガー。

->ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA)
-, , , , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.