ad-728





>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) >AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) >ジャガー(Jaguar) >テスラ(TESLA) >BMW(ビー・エム・ダブリュー) >レンジローバー/ランドローバー(RangeRover)

ジャガー・ランドローバーの北米販売が伸長。逆にSUVの少ないレクサスは不調

2017/07/24


lr-discovery-2018-6

ジャガー・ランドローバーのアメリカにおけるセールスが伸びている模様。
2002年以来14年ぶりに10万台を超えるセールスを記録しそうとのことですが、ボルボやテスラなどSUVのヒットモデルを出したメーカーもやはり台数を伸ばしているそうです。

一方でメルセデス・ベンツやBMW、レクサスなどセダンの比率が高いメーカーは販売を伸ばせず、「SUV比率が高いかどうか」で明暗が分かれた模様(メルセデス・ベンツは0.4%、レクサスは4.7%、BMWは9%ダウン)。

アメリカ人のSUV好きが再確認された状況となっていますが、こういった環境下では各メーカーとも「SUVラインアップを拡充」に走るのはやむをえない状態なのかもしれませんね。


関連投稿:ジャガー・ランドローバーがバカ売れ。二分に一台売れるペース

jaguar-lr-record-uk-march-2016-2

ジャガー・ランドローバーが絶好調。
3月はイギリスにおいて過去最高のセールスを記録したとのことですが、これは年間で最高販売台数を記録した2015年の同月に比べても16%の増加であり、ここ3ヶ月という区切りの比較においても昨年比で23%の増加。

もっとも売れたのはやはりイヴォークで6048台、次に売れたのはディスカバリースポーツで5787台、そしてレンジローバースポーツの2596台、ディスカバリーの2578台と続きます。

ジャガーではXEの人気が高く、XFのほぼ二倍に当たる3142台を販売し、第一四半期においては昨年比で75%の増加。

なおこのペースは「2分に一台」ジャガー・ランドローバーの車が売れている計算になるそうですが、タタに移ってからのジャガー・ランドローバーの勢いには眼を見張るものがありますね。

関連投稿:ジャガー・ランドローバーの販売台数は過去最高ながらも中国だけ24%減

Jaguar-F-Pace-0

ジャガー・ランドローバーグループのセールスが過去最高に。
2015年には487,065台をデリバリーしたそうですが、そのうちの403,079台はランドローバー(2009年の実に倍の数字)。
残る83,906台がジャガー(+3%)とのことです。

ランドローバーは過去最高の販売となり、ジャガーはここ10年でもっとも良い数字とのことですが、VEが好調とのこと。
さらに今年はFペースのデリバリーが始まるので、さらに伸びることは間違いなさそうです。

マーケットとしては欧州がもっとも大きく110,298台、次いで北米の94,066台(いずれも増加)。
反面中国では24%の減少となり92,474台。
中国工場が稼働し関税のかからないレンジローバー・イヴォークを市場に投入したことを考えると「大幅減」、かつ内容は数字以上に悪いと考えられますね。
これが中国の内需減少によるものか、もしくはポルシェ・マカンやアウディのSUV勢にシェアを食われているのかは不明です。

->トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS), >AMG/メルセデス(Mercedes-Benz), >ジャガー(Jaguar), >テスラ(TESLA), >BMW(ビー・エム・ダブリュー), >レンジローバー/ランドローバー(RangeRover)
-, , , , , ,