ad-728

>フォード(FORD)

マスタングとフォードGTをかけあわせてSEMAに展示したチューナーがフォードから訴えられる危機に

2016/12/30

Pocket
LINEで送る

zero-to-60-design-ford-mustang-gtt

SEMAにて「Zero to 60 Design」による、フォード・マスタングにフォードGT風のエアロパーツを取り付けた「マスタングGTT」が展示され大きな反響を呼びましたが、フォードはこれに対して快く思っていない様子。
「マスタングとフォードGTは、フォードにとって重要な資産であり、これを侵害」としてこのチューナーに法的措置を取ることを検討中だとしています。

これはかなり複雑な問題で、たしかにこのチューナーはデザイン的にはフォードGTをパクったと言えますが、ブランドを貶める意図があったわけではなく、オマージュに近いようにも思われ(サードパーティーによるランボルギーニのカスタムがヴェネーノやセスト・エレメント風になるようなもの?)、チューナーにとってもちょっと意外かもしれません(とくにSEMAという何でもありの場において)。

おそらくこれは「見せしめ」の意味があると考えられるもので、フォードが「フォードGTのデザインを用いて商売することはまかりならない」ということを広く知らしめる意図があるのではと考えています。
よってこの件はメディアが報道することで目的を果たしたと考えられ、チューナーは無罪放免になるのでは、とぼくは予想。

なお今回の件を受けてZero to 60 Designは「GTT」のロゴを(フォード風のものから)独自性のあるものへ変更していますが、これで方が付きそうではあります。

別件となりますが、「ジンガー・ポルシェ」もまたポルシェに対してなんらかの法的措置を取られているようで(あくまでもその車はポルシェであり、ジンガーが考えたものではないという)、一悶着ありそうではありますね。



->フォード(FORD)
-, , , , , ,