ad-728





●BMW i3について(自分のi3、ほか関連ネタ)

BMWの偉い人「i3次期モデルの計画が存在」。なお登場時期は未定とのこと

2016/12/21

IMG_9244

BMWのiブランド・プロダクトマネージャーによると、「次期i3は存在する」とのこと。
i3は現在までの販売が約6万台と奮わず、このまま消滅するのではと考えていましたが、一応次期モデルは存在するようですね。
ただしその内容や登場時期は未定とのことで、状況は完全に不透明です。

なおBMWはiブランド設立にあたりアメリカやドイツに大規模な投資を行って工場を建設しており、正直「引くに引けない」状態なのではと考えています。
このまま撤退するのが吉なのか、それともモトが取れるまで細々と作り続けるべきかを悩んでいると思いますが、最近になり「i5」とみられる車両の図面が特許庁に登録されたことからも、iブランドの継続を決めたのだと推測可能。
iブランドそのものが当時流行っていた「サステイナブル(持続可能性)」を押し出したものですが、そのiブランド自体が持続しなくてどうする、というのはありますよね。

なおi5の登場がなかなか決まらなかったのも「iブランドどうするよ・・・」と社内で議論を重ねていたことが原因かと思いますが、とりあえずBMWは投資した分を回収にかかるのではと考えています。

現在のところi3のライバルとなるとシボレー・ボルト、今後登場するテスラ・モデル3、日産ノートe-power、そしてこのルノー版になると思われますが、i3はこの中で価格がずば抜けて高く、そして走行可能距離が短いと来ています。
BMWはそんなことは百も承知だったはずで、しかし「このデザインとBMWのブランド性でそのギャップを埋めることができるに違いない」と考えていたと思われ、しかしそれは完全に誤算だったと言って良さそうですね。

そういった背景もあり、おそらく次期BMW i3は価格を引き下げてくると思いますが、そうなるとまた現行i3の中古価格が下がるのでは、とぼくは恐怖を抱いています(さすがにその頃にはもうi3に乗っていないと思う)。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-●BMW i3について(自分のi3、ほか関連ネタ)
-, ,