ad-728





>アストンマーティン(Astonmartin) >ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA) >その他アメリカ車 >BMW(ビー・エム・ダブリュー) >VW(フォルクスワーゲン/Volkswagen) >レンジローバー/ランドローバー(RangeRover)

2017年に絶滅する車はコイツらだ。ヴァイパー、CR-Z、アストンDB9ほか8選

2016/12/21


17-cars-discontinued-for-2017

残念なことに毎年多くの車が消滅します。
メーカーとしては利益を追求するために次々と新型車を投入し、その裏では不採算モデルを削ってゆくわけですが、2017年にはなくなるとされるモデルがアメリカで公開に。
それによると絶滅種は下記の通り(生息期間は前モデルも含む)。

1.アストンマーティンDB9(2004-2016)
10年以上作られていたことにびっくりですが、その生涯を終え、DB11にそのバトンを託すことに。

2.BMW Z4(2002-2016)
すでに受注が停止されており、後は受注分を生産するのみ。
次期モデルはトヨタとの共同開発でスープラの兄弟車となり、「Z5」になる、と言われます。
生産はマグナシュタイア、と報じられていますね。

17-cars-discontinued-for-2017-1

3.ダッジ・ヴァイパー(2012-2016)
復活するも4年でそのライフを終えるヴァイパー。
8.4リッターV10、640馬力というアメリカンマッスルの象徴のような車ですが、自動車史に燦然と輝く金字塔を打ち立てたと言って良いでしょう。

17-cars-discontinued-for-2017-2

4.ホンダCR-Z(2010-2016)
これもすでに生産中止が発表されており、一台限りでその種が絶滅。
スポーツなのかエコなのかよくわからなかったポジションが災いしており、スポーツだとトヨタ86、エコだとやはりトヨタ・プリウスに敵わず、ちょっと中途半端だった印象があります。

17-cars-discontinued-for-2017-3

5.ランドローバーLR4(209-2016)
ランドローバーの屋台骨を支えてきたと言っても過言ではないモデルですが、新型ディスカバリーがその役目を今後は担うことになりそうです。

17-cars-discontinued-for-2017-4

6.ジープ・パトリオット(2006-2016)
結構人気があったような気もしますが(そのため10年も生きながらえている)、同門のコンパスやレネゲードに食われてしまった様子。

17-cars-discontinued-for-2017-6

7.VWイオス(2006-2015)
日本では撤退済みで他の国のラインアップからも徐々に消え、そしてついに生産中止に。
VWのディーゼル不正事件の犠牲になったとも言える車ですが、ゴルフ・カブリオも欧州では消滅するようで、VWのオープンが一気に減ってゆきますね。

17-cars-discontinued-for-2017-5

8.キャデラックSRX(2003-2016)
ミッドサイズ高級SUVとして人気を博したSRXですが、XT5が登場するにあたり廃版。
中国ではかなり人気があったようですが、ぼくも好きなモデルであっただけに残念です。

17-cars-discontinued-for-2017-7

->アストンマーティン(Astonmartin), >ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA), >その他アメリカ車, >BMW(ビー・エム・ダブリュー), >VW(フォルクスワーゲン/Volkswagen), >レンジローバー/ランドローバー(RangeRover)
-, , , ,