>ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA)

ホンダ・シビック”Si”が公開に。アクティブステアリング、LSD装備で「ベストなハンドリングを追求」

投稿日:

2017-honda-civic-si-1

ホンダがシビック・タイプRに続いて”Si”を公開。
ただしプロトタイプとのことですが、各部を見る限りではこの状態で市販される可能性が高そうです。
この「Si」グレードはクーペ、セダン両方に用意され、エンジンは1.5リッター4気筒(スペックは公開されていない)。
プロトタイプは6速MTを備え、LSDやアクティブステアリング&アクティブダンパーを装備。

外観だと大きく標準のシビックとはイメージが異なり、フロントバンパー、サイドステップ、リアバンパー形状が変更される他、大型リアウイングも装着。
各部にグロスブラックのパーツが使用され、ホイールはタービン形状を持つ新デザインに(マットブラック?)。
マフラーエンドはランボルギーニ・アヴェンタドールのような六角形状を持つセンター出しですね。

2017-honda-civic-si-3

内装ではスポーツシート、コントラストステッチ、スポーツペダル、そして「ドライ・メタル・カーボン」製のトリムが装着されています。

2017-honda-civic-si-10

現車はLAモーターショーで公開されるそうですが、ホンダによると「ベストなハンドリングを追求した」としており、刺激的な車に仕上がっていそうですね。
なお日本への導入は不明ですが、ぜひ日本でも発売して欲しいところ。

2017-honda-civic-si-19

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

こちらもどうぞ。人気記事

1

| 乗ってゆくクルマでディーラーの対応は間違いなく変わる | 高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、 ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

この記事のもくじ この2年ほどでニュルブルクリンクのラップタイムは大きく短縮それではニュルブルクリンクのラップタイム「トップ100」を見てみようこちらもオススメ、関連投稿10選 この2年ほどでニュルブ ...

4

スーパーカーを購入したことで何かが変わったか? 最近ふと「スーパーカーを購入して変わったこと」について考えることがあります。 まず、スーパーカーを購入して何かが変わったかという問いに対しては、間違いな ...

5

さて、ランボルギーニ・ウラカンの12ヶ月点検が終了したということもあって、ここでこれまでの点検やメンテナンス、税金、保険、カスタムにかかった費用をまとめてみたいと思います。こうやって見ると「毎年けっこ ...

->ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA)
-, , , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.