ad-728





>ミニ(MINI)

ミニ・ジョン・クーパー・ワークスGPがF56にも設定?ミニ重役がその可能性について肯定

2016/12/21

Pocket
LINEで送る

2013-mini-jcw-gp-0

ミニが新たに「ジョンクーパー・ワークスGP」の投入を考えている模様。
これはメディアの「今のF56世代にジョンクーパーワークスGPは登場する?」との質問にミニ・ブランドの責任者が「たぶんね」と答えたもので、結構現実性は高そうな感じ。

「ジョンクーパーワークスGPはミニ・ブランドにとっても重要な一台で、過去にも発売してきており、今後発売しない理由もない」ということですが、もし今回発売になるとすれば、ライバルたちがどんどん過激になっているという現状を踏まえると、新ジョンクーパーワークスGPも相当に激しくモディファイされるものと考えられます。

先代(R56)「ジョン・クーパー・ワークスGP」は2013/2/3に200台限定(世界では2000台)、460万円にて発売されたミニのスパルタンモデルで、JCW比+5馬力と控えめな出力ながらも、なんと「2シーター」にしてしまったことが特徴。
リアシートのある部分には剛性向上のためタワーバーを装着し、ドライカーボン製のリアスポイラーやディフューザーを装着して60キロのダウンフォースを獲得したというサーキット走行をメインに考えた車で、ミニ史上でも他に例を見ない過激な車。
VWゴルフGTIクラブスポーツS、アバルト695ビポストのようなハードコアモデルということになりますが、「変態」の部類に属する一台です。

->ミニ(MINI)
-, , ,