>フェラーリ(Ferrari)

息を呑むほどに美しい内外装を持つフェラーリ458スペチアーレAの中古車が販売中。NA最後のミドシップという希少価値もあって9400万円

| フェラーリ458スペチアーレの売り物はめったに出てこない | 2014年に販売されたフェラーリ458スペチアーレA。458スペチアーレA(アペルタ)は458スペチアーレのオープン版ですが、フェラーリの常として「オープンモデルを少なく作る」というものがあり、そのため限定台数はわずか499台という超レアモデル。458スペチアーレシリーズ自体は「458イタリア/458スパイダー」のハードコアモデルという位置づけになるものの、これが特別扱いされるもう一つの理由は「フェラーリV8ミドシップ最後の自然吸気」だから ...

ReadMore

>BMW(ビー・エム・ダブリュー)

BMW「スーパーカーは作らない。なぜならばM8がスーパーカーそのものであり、ポルシェ911ターボにも勝るからだ」

| BMWはM8に対してあまりに自信満々 | 「BMWは新たにスーパーカーをリリースする予定はない。なぜならM8がスーパーカーそのものだからだ」。 これはBMW M部門のボス、マークス・フラッシュ氏がカーメディア、「Which Car 」に対して語ったものですが、さらには「M8はBMWでもっともニュルブルクリンクを速く走ることができるクルマであり、我々が提供できる”究極の”ハイパフォーマンスカーだからだ」と続けています。 さらにマークス・フラッシュ氏は「M8はポルシェ911ターボキラー」でもあると語るなど ...

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS)

スピンドルグリルが巨大に?レクサス「GX」がフェイスリフトし、押し出しの強いアグレッシブな顔つきに

| 変更内容はさほど大きくなく、しかし一気に”レクサス顔”に | レクサスがGX初のフェイスリフト(マイナーチェンジ)を行い、スピンドルグルルが巨大化した新型GXを発表。レクサスGXはランドクルーザープラドのレクサス版ということになりますが、日本には未導入。なお、日本でのレクサスSUVは下から「UX」「NX」「RX」「LX」という構成ですが、もし「GX」が発売されることになれば、RXとLXとの中間ということになりますね。 こちらもオススメ、関連投稿新型レクサスRXが発表。外装では「前後のデザイン的つながり ...

ReadMore

>マクラーレン(McLaren)

カーレックスがマクラーレン720Sの内装カスタムを公開。3D技術を使用した立体的な仕上がりに

| この内装が手に入るのであれば数百万の支出も悪くない | ポーランド拠点の内装スペシャリスト、カーレックス・デザイン(Carlex Design)がマクラーレン720Sの内装カスタムを公開。例によって「内装総張替え」ですが、、単に素材を置き換えるだけではなくダッシュボードやシート、ステアリングホイールはオリジナルデザインによってドレスアップされることに。なお、先日公開した日産GT-R同様、そのカラーはブラックとレッド。 こちらもオススメ、関連投稿やはりポルシェにはレッド。911、カイエンの内装カスタム( ...

ReadMore

>BMW(ビー・エム・ダブリュー)

【動画】BMW M5コンペティションがニュルにて「セダン歴代2位」「BMW歴代2位」の7:35.90を記録。そしてBMWは「Vision M Next」の発表を予告

| ヴィジョンMネクスト・コンセプトはテクノロジーとドライビングプレジャーとを融合 | BMW M5コンペティションがニュルブルクリンクにて7:35.90というタイムを記録。これはニュルブルクリンクのランキングだとだいたい68位あたりに位置するタイムで、ポルシェ・パナメーラ・ターボの7:38.00よりも速いタイム。ただ、残念なことにセダン最速のアルファロメオ・ジュリア・クアドリフォリオの7:32.00にはおよばず、「セダンでは2位」。なお、4ドア「クーペ」だとメルセデスAMG GT63 S 4MATICが ...

ReadMore

■新型車情報/スパイフォト/噂など >マクラーレン(McLaren) ■ニュース

【動画】マクラーレン・スピードテールを注文した富豪が仕様決定のためマクラーレン本社へ。「最終的に2つに絞ったが決めきれない。どちらがいいと思う?」

| マクラーレンからもらったお土産もあわせて披露 | 先日、自身のガレージを紹介し、新しくフォードGT、マクラーレン・スピードテール、ケーニグセグ・ジェスコ、ブガッティ・シロン・エルメス、メルセデスAMG ONEが納車されることを明かしたアメリカ在住の富豪、マニー・コシュビン氏。今回はマクラーレン・スピードテールの仕様を決定するためにマクラーレン本社を訪問した際の様子を紹介しています。 富豪が自身のガレージを紹介。「エルメス仕様のシロンがもうすぐ納車だ。スピードテール、AMG ONE、ポルシェ935、フォ ...

ReadMore

>その他イタリア車

ピニンファリーナ・バッティスタがアートカーに!ダ・ヴィンチ没後500年を記念しロズベルグ、ハイドフェルドという二名の元F1ドライバーがアンヴェール

| この二名が揃うのはなかなかレア | ピニンファリーナの新型ハイパーカー「バッティスタ」がアートカーに変身。これはレオナルド・ダ・ヴィンチ没後500周年を記念したもので、大英図書館にて開催される「A Mind in Motion」と題された催しにて展示される、とのこと。そしてこのピニンファリーナ・バッティスタをアンヴェールしたのはなんとニコ・ロズベルグとニック・ハイドフェルドという二名の「元F1ドライバー」。 加えてピニンファリーナ・バッティスタを公に見ることができる機会はまだなく、非常にレアな展示だと ...

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

【動画】ル・マン優勝を飾ったトヨタが早速来季に向けて始動!GRスーパースポーツを豊田章男社長自らがステアリングを握りテスト開始

| 来年のル・マン24時間レースには待望の「ハイパーカークラス」が設立される | トヨタは「来年のル・マンにはGRスーパースポーツをベースにしたクルマで参戦する」と発表していますが、間を置かずにその「GRスーパースポーツ」をサーキットにてテストする様子を動画にて公開しています。そしてそのステアリングホイールを握るのはトヨタ自動車社長、豊田章男氏。なお、同氏はモータースポーツ活動を行う際には「モリゾウ」名義を使用しているので、この場合「ドライバーはモリゾウ」と表現したほうが正しいのかもしれませんね。

ReadMore

>ポルシェ・ケイマン関連

新型ポルシェ・ケイマンGT4発表!911GT3の「4リッター自然吸気」を手に入れ、先代モデル比でニュルのタイムを10秒短縮

| おそらくはガソリンエンジン搭載の「718ケイマン」完成形 | ポルシェが718ボクスター・スパイダーの発表と同時に「718ケイマンGT4」を発表。搭載されるエンジンは4リッター・フラットシックス、出力はなんと420馬力。先代981世代の「ケイマンGT4」の出力が385馬力(3.8リッター水平対向6気筒)であったことを考えると大幅な出力アップを果たしていることになりますね。 なお、981世代では「ケイマンのほうが(標準モデル含め全般的に)ケイマンよりパフォーマンスが強調される」設定であったため、981ボ ...

ReadMore

■このサイトについて >ポルシェ・ボクスター関連 ■ニュース

新型ポルシェ「718ボクスター・スパイダー」発表!出力はケイマンGT4と並ぶ420馬力、エンジンは4リッター自然吸気

| おそらく今後、これ以上ハードなモデルは登場しない | 先週に「718ボクスター・スパイダー」のティーザー動画が公開されたところですが、間を置かずしてポルシェが「新型718ボクスター・スパイダー」を発表(718ケイマンGT4も同時発表)。搭載されるエンジンは4リッター・フラットシックス、出力はなんと420馬力。先代981世代の「ボクスター・スパイダー」の出力が375馬力(3.8リッター水平対向6気筒)であったことを考えると大幅な出力アップを果たしていることになりますね。 なお、981世代では「ボクスター ...

ReadMore



>日産/インフィニティ(Infinity) ■TEST DRIVE(色々な車の試乗記)

【試乗:日産ノートe-POWER】画期的かつ驚異的、しかし何もかもが「ちょうどいい」

投稿日:2017/01/01 更新日:

話題の日産ノート e-POWERに試乗。
同じ日産のEVであるリーフのモーターを積み、そのモーターで走るEVになりますが、モーターを駆動するための電力はガソリンエンジン(1.2L)にて行う、という変則(反則)EV。
ガソリンエンジンそのものは駆動(走行)には使用できず、駆動は完全にモーターのみとなりますが、モーターの発生するトルクは2リッターターボエンジン並み、燃費はリッター37.2キロという強力なスペックを誇ります。








加えて価格はプリウスに比べて70万円ほども安い設定となっており、2016年11月単月の販売ではトヨタ・プリウス、ホンダN-BOXも退けてなんとリーフ初の第一位になるという快挙を成し遂げるなど(リーフ販売の80%はe-POWER)、各方面にインパクトを与えた車でもありますね。
※日産が1位を奪取したのは実に30年ぶりらしい

ガソリンエンジンで発電を行うということで100%クリーンエナジーというわけではありませんが、その分「充電切れ」の心配はなく、ガソリンタンク容量は41リットルなので、理論上は一回ガソリンタンクを満タンにすると1500キロも走行可能、ということに。

通常のEVだと充電スタンドから充電を行う必要がありますが、これは時間がかかること、自宅にスタンドがないと不便なこと、しかし自宅にスタンドを取り付けることができる環境にある人はさほど多くはない(特に都心部)ということがあり、そう言った理由で普及が進まなかったEVの「壁」を完全に取り壊したのが画期的、と言えます。

加えてハイブリッドではないのでガソリンエンジンを駆動力に変換するためのコンポーネント(トランスミッションなど)が不要になり、その分車体が軽くなってコストが抑えられ、かつ外部から充電を行うわけではないのでバッテリー容量も小さくて済み、これもまた軽く低コスト化に貢献することに。
そう考えるとハイブリッドは一体なんだったんだという感じですが、とにかくそれくらいの衝撃がある車、と考えて良さそうです。

とりあえずここで試乗車のスペックを見てみましょう。

日産ノート e-POWER

全長/全幅/全高 4100/1695/1520
重量 1220キロ
燃料消費率 リッター34キロ
駆動方式 FF
発電用エンジン 直列3気筒 1198cc
モーター出力 95馬力
価格 2,207,520円〜

スペックとしては至って普通ですが、問題はその価格。
フィット・ハイブリッド(燃費33.6 km/l、1,599,000円)、トヨタ・アクア(燃費37.0 km/l 、1,887,500)よりも高価にはなりますが、ノートの方がやや車体が長く、ユーティリティは上。
しかもハイブリッドではなく「EV」という新規性があり、現在のところ非常に強力な競争力を持っていると言えますね。

実車においてもそれは同じで、実際目にすると結構高級感のある作りはフィットやアクアよりも明らかに格上と感じさせます(ただしこれまでノートは売れていたわけではなく、フェイスリフトとe-POWERの追加で突如販売が向上しており、車格やデザインは今回の人気とは無関係?)。

とりあえず試乗に移りますが、内装の質感が意外と高く、先日試乗したインプレッサとともに驚かされる部分。
日本車もこのレベルなのであれば欧州車を選ぶ理由は「ステータス」以外にはあまり見出せず、日本車も十分に「アリ」だと実感させられますね。

ブレーキペダルを踏み、ステアリングコラム左下の「スタート」ボタンを押してエンジンスタート。
この時点ではガソリンエンジンが始動し充電を開始していますが、この時点での雰囲気的にはガソリン車と全く同じ。
異なるのはシフトレバーと充電状況を表すメーター程度になりますが、走り出してもやはりガソリン車と同じような雰囲気です。
というのもずっとガソリンエンジンが動いており、その音と振動を感じるので走っていて「EV」という気がしないのですね(むしろガソリンエンジンで走っているような錯覚に陥る)。
ですが実際に駆動力を発生させているのはガソリンエンジンではなく「モーター」というこれまた奇妙な感覚。

ドライブモードは三つあり、ノーマルと「S」、そして「エコ」。
ノーマルだと回生がさほど強くなく、運転していてもガソリン車との差異を知るのは難しいと思います。
ようやくEVだと理解できるのは充電が完了して発電用エンジンが停止した時で、その際の静かさでやっと「これはEVなんだ」と気づかされることに。
とにかく運転した時のフィーリングが自然であり、EVと言うよりは「単に燃費の良い車」としてすんなりガソリン車がら移行できそうですね(ここは日産の狙ったところかもしれない)。

なお「S」モードでは加速が鋭くなるのと回生が強くなる仕様ですが、メディア試乗会で言われているほど回生は強くない、と感じます。
これはぼくが(回生の強い)BMW i3に乗っていることもありますが、それを抜きにしても違和感はなく、ちょっと強い(と言ってもそんなに強くない)エンジンブレーキ程度。
「エコ」モードでは加速は緩く、そして回生はSモード同様に「強め」。
これでもやはり、「ワンペダル」で走行を完結させるにはもうちょっと回生を強くした方が良いのではと思ったりしますが、BMW i3はその回生の強さがよく指摘されるので、ノートe-POWER程度の回生の強さが「ちょうどいい」のかもしれません。

なお「ちょうどいい」のは足回りやブレーキ、ハンドリングも同じで、それぞれの操作に対して反応は大きくも小さくもなく、路面からの入力に対しても過剰でもなく鈍感でもなく、まさに「ちょうどいい」感じ。
e-POWERというドライブトレーンだけではなく、車としての基本性能も非常に高いレベルにあると断言できます。
ちなみにぼくの認識している「よく高速道路をぶっ飛ばしている車」の上位に日産ノートがランクインしており、この足回りやブレーキ、ハンドリングだと「当然ぶっ飛ばせるわけだ」、と改めて納得。

内装においてはチープさは感じられず、しかしホンダのように先進的すぎるわけでもなく、ここでも「ちょうどよさ」を発揮。
全般的に見て、車の挙動につきドライバーが(操作に対して)期待する、予期するものと一致した反応を示す車で、これは非常に安心感のあるところ。
これはトヨタやスバル、ホンダでも感じられないもので、こういったところが「日産ならでは」と感じます(そしてぼくは日産のこういった部分が大好きで、そのために過去数台日産車を乗り継いでいる)。

EVとしての新規性、インターフェース、ドライブフィールを期待すると裏切られる可能性がある車ですが、「ランニングコストの安い、しかし比較的性能の良い、安全性の高い車」として考えると非常に高いレベルにある車。
そのため、車に「何を求めるか」にもよりますが非常に魅力的な選択肢で、実際にBMW i3の次はノートe-POEWRがいいかも、と考えているところです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう




  • この記事を書いた人
  • 最新記事

JUN

新しいモノ、テクノロジー好き。「クルマ好き」に分類されるはずだが、一般にはそれを隠して生きている。クルマだと軽自動車、スーパーカー、電気自動車まで興味を広く持つ。どんなクルマにも作られた人の魂が込められていると信じていて、そのため「よりデザイナーが情熱を注いだであろう」珍車がとくに好き。座右の銘は「情熱と愛情さえあればなんとかなる」。職業は(それが職業と言えるならば)投資家、ブロガー。 現在は複数カーメディアにて記事を連載中。

こちらもどうぞ。人気記事

1

高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、基本的に考えることは同じだと思います。 ただ、経験則上からぼく ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

| レクサスLFAの相場はちょっと下降気味? | ちょっと前までは非常に高いプライスタグを提げていた、レクサスLFAの中古相場がやや下がり気味。6000万円くらいを記録していた時期もありますが、それが ...

4

フロントバンパーレス、悪魔のZっぽい インテリアのカスタムで知られるVilnerがフェアレディZの内外装をカスタムして公開。なんとも魅力的なボディカラーを持つフェアレディZですが、この個体にはちょっと ...

5

「オレ、ランボルギーニ買うわ」 (一般的な収入の人が)そう言ったときの、奥さんもしくは彼女さんの反応はほぼ一様だと思うんですよね。 あきれたり、「絶対無理」と一蹴されるよりも先に、結婚前だと「あたしと ...

6

ランボルギーニ・アヴェンタドールSの購入を検討開始。 ぼくはガヤルド、ウラカンと二台ランボルギーニを乗り継いだ割にはV12モデルには疎く、その標準装備やオプションについてはほとんど無知。 まずは見積も ...

7

一定以上から増えた年収は「余剰金」のようなものだ 収入について、ふと思うことが。 例えば、年収400万円から倍の年収800万円になったとして、使えるお金が倍ではなく「それ以上」になる、ということ。 一 ...

8

フェラーリ売却価格が高く、はある意味「もっとも割安な」車なのかもしれない 世の中には残価設定ローンというものがあり、ぼくはこれが大好きです。たとえば1000万円の車を購入する際、3年ローンで残価が50 ...

9

高額な腕時計(どれくらいから”高額”なのかは人によって意見が分かれるのでここではあえて触れない)をしていると周囲の反応が変わる、ということはよく聞きますよね。 レストランやホテルでの待遇が良くなったと ...

10

| フェラーリ=速い、という印象があるが | 「速い」と思われたものの、実際はそんなに速くなかった車ベスト(ワースト)8が公開に。その順位は下記の通りですが、フェラーリが8車種のうち2つ、ポルシェが1 ...

->日産/インフィニティ(Infinity), ■TEST DRIVE(色々な車の試乗記)
-, , , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.