ad-728

>ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど >フェラーリ(Ferrari) >その他ポルシェ関連/ニュース ■近況について ■外国ネタ・旅行など

ちょっとフェラーリにも行ってくる。ランボルギーニとあわせてミュージアム訪問予定

2017/03/05

Pocket
LINEで送る

さて、2017年のランボルギーニ工場稼働スケジュールも公開され、それにあわせて工場の見学を申し込み(ぼくはランボルギーニ大阪さん経由で申し込んでいただきました)。
ランボルギーニについては同時にミュージアムも見てくる予定ですが、ランボルギーニの公式サイトから工場見学、ミュージアム見学ともに申し込みが可能。
料金については一人あたりミュージアム見学で15ユーロ、工場見学は50ユーロ(2017年から75ユーロに値上げ)となっています。

フェラーリの場合は「ムゼオ・フェラーリ・マラネッロ」と「ムゼオ・エンツォ・フェラーリ」の二箇所を訪問しますが(距離にして20キロ離れている)、二つ一緒に訪問した場合の料金は26ユーロ。
※フェラーリの工場はオーナー以外では入れず、したがってフェラーリはミュージムのみの訪問

問題はそのロケーションで、「ボローニャ」へ行く必要があること。
このボローニャというのはかなり辺鄙なところにあり、現在航空会社等選定中ですが、ロンドンやパリ、ローマ、フランクフルト、ミュンヘンなどを経由する必要があります(乗り継ぎに時間がかかる)。

そのためボローニャへの行き帰りでかなり時間を要してしまうことになり、ランボルギーニとフェラーリの工場+ミュージアム見学は1日でこなせるものの、ボローニャ訪問で3日程度は要する見込み。
できればポルシェの本社やポルシェ・ミュージアム、メルセデス・ベンツ・ミュージアムも訪問したかったのですが、そうするとかなりタイトなスケジュールになってしまい、他のことができなくなるので今回はやむなくボローニャ+ほか一都市の訪問に留める予定です。

また行く機会はあると思われ、ポルシェ訪問は「この次」になりますが、ポルシェもいずれ購入しようと考えているので、その時に自分の車の生産にあわせて工場訪問を行うのも良いかもしれませんね。

ランボルギーニ・ミュージアム/工場訪問 関連コンテンツ

ちょっとランボルギーニ本社に行ってくる。2017年2月にフェラーリとあわせて訪問予定
ちょっとマラネロ行ってくる。フェラーリ博物館、エンツォ博物館の行き方など
ランボルギーニ/フェラーリ工場訪問当日のスケジュール確定。これから航空券の手配開始
ちょっとフェラーリにも行ってくる。ランボルギーニとあわせてミュージアム訪問予定
気がつけば近づいてきたランボルギーニ本社訪問。工場、博物館について
イタリア・ボローニャに到着。空港内にはランボルギーニの展示も
ランボルギーニ本社工場を訪問。プロトタイプが走っていたりオープンな件
ランボルギーニ本社へ行く。併設ミュージアムの様子を画像と動画で紹介
ランボルギーニ・ミュージアムにて、ミウラ、カウンタック他クラシックモデルを画像にて
ランボルギーニ・ミュージアムにて。「全部カーボン」セスト・エレメントの画像
ランボルギーニ・ミュージアムにて、ミウラとミウラ・コンセプトの新旧対決
ランボルギーニ・ミュージアムにて、アヴェンタドールのベアシャーシ画像
ランボルギーニ・ミュージアムにて、超レアなヴェネーノの画像
ランボルギーニ・ミュージアムにて。もうじき市販のウルスを画像で紹介
ランボルギーニ・ミュージアムにて。悲運のエストーケを画像で紹介
ランボルギーニ・ミュージアムより、「レヴェントン」を紹介。戦闘機と同じ塗料を使用
ランボルギーニ・ミュージアムにて。ディアブロ、ムルシエラゴを画像で紹介
イタリア・ランボルギーニ博物館にて。レアモデルのコンセプトS、カーラを画像で紹介
イタリア・ランボルギーニ博物館にて。F1マシン、レースカーの展示を紹介
ボローニャからドバイへ。空港内のランボルギーニ、免税店のミニカー



->ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど, >フェラーリ(Ferrari), >その他ポルシェ関連/ニュース, ■近況について, ■外国ネタ・旅行など
-, , , , , ,