ad-728





■その他自動車関連ニュース・ネタなど

2016年、人気のボディカラーはホワイトだった。二位はブラック、三位はグレー

2016/12/21

Pocket
LINEで送る

現在は自動車のボディカラーとしてどんどん新色が追加されていますが、今のところホワイトは不動の人気を誇っている模様。
以前は欧米においてホワイトは人気がなかったようですが、最近はチューナーやメーカーにおいてもイメージカラーにホワイトを採用するなど動きが変わってきています。

アクサルタによると37%のユーザーがホワイトを選び、これは2015年に比べて2%上昇。
なお地域別だと中国においては57%もの人がホワイトを選択している、とのこと(実際に走る車を見るとそうは見えないのですが)。

二位はブラックで18%の顧客がこれを選択。
三位はメタリックグレーとなり、上位はモノトーンで独占という結果になっていますね。

なお以前にアップした人気カラーの変遷は画像の通り。

なおマツダの得意とする、ソウルレッドプレミアムメタリックやマシーングレーのような金属調の輝きを持つ塗装も相次いで各メーカーが採用しており、一つのトレンドとなりそうですね。
加えて数年前からミリタリーっぽいグレー、メタリックホワイトといったカラーも登場しており、今後もさらに新しいカラーが登場するものと思われます。

関連投稿
ここ15年の人気ボディカラー変遷。2007年辺りから一気にトレンドに変化アリ

-■その他自動車関連ニュース・ネタなど
-, , , , ,