ad-728



●BMW i3について(自分のi3、ほか関連ネタ)

保証が切れたら修理は自腹。BMW i3は新車保証が切れる前に放出決定

2016/12/21

Pocket
LINEで送る

さて、とにかくトラブルの多いぼくのBMW i3。
まずは給油口に問題があり、これが開かなかったり開いたりというトラブルがありましたが、これは無事に解決(物理的に修理)。
もう一つ給油関係で、「ガソリンの残量表示が事実と異なる」というものがあり、これは一度のみの発生で、点検しても原因がわからず、「センサーのエラー」だと思われ、そのまま放置(その後発生していないので、これも問題はない)。

結構大きかった問題が「ドライブトレーン異常」で、これは物理的に修理を行った結果、問題なく乗ることができています。
しかし現在問題となっており、修理後にも再発しているのが「エンジンのチェックランプ」。
おそらくは排気関連だと思われますが、該当者所を修理したのちにも再度発生しており、これはちょっと面倒かもしれません。

要は「一難去ってまた一難(どこか修理してもまたどこか壊れる)」な訳ですが、「iシリーズ」は特定ディーラーでしか扱うことができず、自宅からちょっと離れたところにあるディーラーでしか修理できないのですね。
ディーラーさん側でもそのため「引き取り/納車」を無償で行ってくれますが、さすがにこれだけしょっちゅう壊れると修理を依頼するのも気が引けますし、今回修理が完了しても、「また新たな」不具合が出るかも、と考えたりします。

BMW i3の保証は3年だったと記憶していますが、この保証が切れると、月一くらいで修理しているこれらが「すべて自腹」になるわけで、そうなると正直とてもじゃないですが維持は無理。
そう考えると保証が切れるまでには手放す必要があり(保証が切れたのちに不具合が出てから売るとさらに価格が下がる)、ボチボチ入れ替えの車を本腰入れて検討せねばなるまい、と考えています(欧州車をオーダーすると納車までに7か月ほどかかる。ただi3の修理完了後にトラブルが出なければ予定年数の4年まで乗るかも)。

BMW i3のトラブル、メンテナンス、他情報はこちらにまとめています。

-●BMW i3について(自分のi3、ほか関連ネタ)
-, , , , ,