>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS)

アメリカでトヨタC-HR大幅値下げ。市場で急増するSUVへの競争力を維持できず?なぜ日本では値下げされないのかを考える

アメリカ市場と日本市場では規模、そして利益構造が異なる トヨタが北米において、2019年のC-HRを1,505ドル(17万円)値下げ。ただし単純に値下げを行っただけではなく、装備内容を見直したとしており、グレード構成は「LE」「XLE」「リミテッド」の3つに(アメリカでは「L」や「LX」「リミテッド」といったグレード名が好まれる)。最も安価なのは20,995ドルの「C-HR LE」となりますが、これは「229万円」からとなる日本の設定とほぼ同じ。 装備内容としてはLEDデイタイムランニングランプ、17イン ...

ReadMore

>フェラーリ(Ferrari) >マクラーレン(McLaren) >ランボルギーニ・アヴェンタドール関連 >ランボルギーニ・ウラカン関連

【動画】3月のロンドンにはこれだけのスーパーカーが走っている!フェラーリやランボルギーニ、マクラーレンが大量に走る様子を見てみよう

スーパーカー意外に高級車、カスタムカーも多かった スーパーカー系ユーチューバー、「スーパーカーズ・オン・ザ・ストリート」氏が3月にロンドンで見かけたスーパーカー総集編動画を公開。ロンドンというと、夏には中東から多くのスーパーカーが持ち込まれることで知られますが、まだそういった中東ナンバーが見られない3月であっても相当数のスーパーカーが見られるようですね。 なお、3月といえども「先週の週末だけ」に見かけたスーパーカーを集めたものだとしており、「これくらいの量は普通」だとも。 こちらもオススメ、関連投稿【動画 ...

ReadMore

>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz)

新型メルセデス・ベンツGLCクーペ登場!美しいスタイルはそのままに、顔つきやエンジン/内装が最新世代に進化

ヘッドライトが小さくなることで車体が大きく見えるように メルセデス・ベンツがGLCに続き、「GLCクーペ」をフェイスリフト。内容としては外観だと前後ランプ類の変更と前後バンパーのリニューアル、走行性能だとエンジンとドライビングアシスタンスのアップデートといったところで、「GLCクーペならではのスタイルに磨きをかけ、さらに経済性と安全性を増した」ということになりますね。 こちらもオススメ、関連投稿新型ランボルギーニ「ウラカンEVO」発表!640馬力、加速はフェラーリ488GTB以上、価格は2984万円0-1 ...

ReadMore

>ランボルギーニのコンセプトカー等

デザインイメージはユーロファイター(戦闘機)!ランボルギーニ「レイトン」コンセプト」はエレクトリック時代のシングルシーターレーシングカー

アクティブエアロと磁力でダウンフォースを発生 インダストリアルデザイナー、Davide Pellicciari氏がランボルギーニのコンセプトカー、「Raton(レイトン)」を発表。これはシングルシーターのピュアエレクトリックカーですが、路面にクルマを「張り付かせる」ために電気的に磁力のようなものを発生させたり、アクティブエアロが変形するようですね。 こちらもオススメ、関連投稿意外と出てくるのが遅かったな。「スープラ・シューティングブレーク」のレンダリングがようやく登場【動画】キー上で車両の情報確認や機能の ...

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

日本でも予約開始された新型スープラ。すでに最上位グレード”RZ”は「完売」状態に。加えて米国ではボディカラーが発表され、欧州より多い「全8色」

米国仕様の新型GRスープラには「マットグレー」がラインアップ 欧州に続き、北米でも新型トヨタ・スープラのボディカラー含む詳細が公開に。すでに「ローンチ・エディション」に3色のボディカラーが用意されることは公表済みでしたが、今回は「標準モデル」に8色のボディカラーが用意されることが判明しています。なお欧州では7色が設定されているものの、北米向けの「プラス1色」はマット仕上げのメタリックグレー(ファントムマットグレー)のようですね。 新型トヨタGRスープラのボディカラーが公開(全7色)!欧米では続々公式情報が ...

ReadMore

>ベントレー(Bentley)

ポルシェ製V8ツインターボ装着の「ベントレー・コンチネンタルGT V8」登場。0-100km/h加速は4秒、最高速は318km/h

W12モデルにも見劣りしない装備が自慢 ベントレーが4リッター・ツインターボV8エンジンを積む新型「コンチネンタルGT」と「コンチネンタルGTコンバーチブル」を発表。コンチネンタルGTは第3世代へとスイッチしているものの、これまで発売されていたのは「6リッターW12エンジン」を搭載するモデルのみ。このW12エンジンは635馬力を発生し、コンチネンタルGTを最高速333キロまで引っ張るうえ、0-100キロをわずか3.7秒にて加速させる「強心臓」。 こちらもオススメ、関連投稿ベントレーもブラック。フライングス ...

ReadMore

>フェラーリ(Ferrari) >マクラーレン(McLaren) ■TEST DRIVE(色々な車の試乗記) >ランボルギーニ・ウラカン関連 ■近況について ■ニュース

【試乗:マクラーレン720S/後編】やはり720Sの加速は凄まじかった!ライバルとの比較だとどんな感じ?

これほどまでに速い中間加速を持つクルマはほかにない マクラーレン720S試乗を「前編」「中編」にわたってお届けしましたが、今回は最終章となる「後編」。これまではその内外装、まずは慣れるためにゆっくり走った様子を述べてきたものの、ここではフル加速を試した印象や、ライバルとの比較について触れてみたいと思います。 【試乗:マクラーレン720S/前編】ゼロヨン最速、F1コンストラクターが作った「スーパーカー」は合理性に溢れている 【試乗:マクラーレン720S/中編】ステアリング、ペダルなど操作系の剛性は比類ない ...

ReadMore

■新型車情報/スパイフォト/噂など >VW(フォルクスワーゲン/Volkswagen)

VWは新型「ゴルフ8」からエンブレムを変更するようだ!プロトタイプに装着される「VWマーク」が今までと微妙に異なると話題に

これに気づいたヤツは凄いな 先日ゴルフ8のプロトタイプが目撃されましたが、そのプロトタイプに取り付けられている「VW」エンブレムがこれまでとは異なる、と話題に。具体的には「V」とその下の「W」との隙間が大きく、かつその周囲の円と「W」の下側が接触していない、というのがその変更点。そんなこと言われても元のロゴなんか覚えてねえよということになり、そこでこちらが現在のロゴ。今の時点でも「V」「W」との隙間があるものの、これが大きくなることがひとつ、そして新しいロゴでは「W」の下側とサークルとが接していない、とい ...

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS)

トヨタ「新型GRスープラにはMT、ハードコアモデル、オープンを投入する可能性がある。毎年改良を行う予定だ」

改良の都度、トヨタの部品を増加させる可能性 トヨタは発表したばかりのスープラにつき、大きな拡大計画を持っている模様。今回トヨタのスポーツ車両統括責任部長、多田哲哉氏が英国トップギアのインタビューに応えていますが、「スープラは毎年進化する」と語っています。これは日産R35 GT-R発売時の公約にも似ていますが、欧州車やアメリカ車では比較的一般的なもので、スープラは日本の慣習よりは「世界標準に(GT-R同様)合わせる」ということになりますね。※多くを共有するBMWが毎年改良を行うので、スープラもそれに従うこと ...

ReadMore

>ランボルギーニ・アヴェンタドール関連

【動画】ゼロヨンのスタートでまさかの「ウィリー」!ランボルギーニ・アヴェンタドールSVJの加速は前輪が浮くほど強烈だった!!

4WDなのに前輪が浮くとは ドラッグレース専門ユーチューバー、「DrugTimes」氏がランボルギーニ・アヴェンタドールSVJ(スーパーヴェローチェ・イオタ)がゼロヨンにてタイムアタックを行う様子を公開。アヴェンタドールSVJは「市販車におけるニュルブルクリンク最速タイム」、6:44.97を記録し900台限定に華々しくデビューしたことが記憶に新しく、最近ではそのオープンモデル「アヴェンタドールSVJロードスター」も発表されていますね。 エンジンは自然吸気6.5リッターV12、出力は770馬力、駆動方式は4 ...

ReadMore



>アストンマーティン(Astonmartin) >フェラーリ(Ferrari)

フェラーリ、アストンマーティンは欧州連合の定めるCO2排出規制を満たせず。罰金を科されることに

投稿日:2016/12/27 更新日:

フェラーリとアストンマーティンが欧州におけるCO2排出規制の目標値(2015年基準)に達せず、罰金を課されることに。
メディアによるとフェラーリは410,760ユーロ、アストンマーティンは36,370ユーロの罰金とのことなので、額は極めて小さい(達しなかったといっても”あと少し”だった?)ようですね。








現在のところほかに「基準に達しなかった」メーカーは(ランボルギーニですら)指摘されていませんが、オペル、FCA、BMW、フォードは新たに設定される2020/2021年の目標達成に向け「もう少しCO2排出減少の速度を早めるように」という指導があった模様。

なお2020/2021年の目標値は「1km当たりのCO2排出量を95グラム以下」というもので、今以上に厳しい数字となっており、このため各社ともEVやハイブリッド技術については早急に実用化する必要性がありそうです(BMWとはiシリーズを7万台売っているのに指導が入っている、というのは意外)。

フェラーリはおおよそ「ターボエンジン化」が完了しているので次は「ハイブリッド」、アストンマーティンはまだまだ「ターボ化」が完了しておらず、これによってエミッションの引き下げを行うことができそうですね。

関連投稿:アストンマーティンはラピードのピュアEVを2017年に発表か

open

アストンマーティンCEO、アンディ・パーマー氏によると、2017年にはラピードの完全EV版を発売、とのこと。

それまでにはクロスオーバーであるDBXも登場させるとのことなので、これからのアストンマーティンは大きな動きが出てきそうですね。
DB11の登場もありそうですし、デザインが今後大きく変わりそうなことにも要注目です。

ラピードEVについては800-1000馬力程度の出力をイメージしているようですが、やはりテスラを意識したものなのでしょうね。
同時に「アストンマーティンはダウンサイズをしない。我々はV12エンジンを作る会社だ」と公言しており、今後V12を存続させるにあたってのCO2排出規制をクリアするための策も兼ねているのかもしれません。

施設に投資したりと研究開発に熱心な印象を受けますが、一方ではリストラを行っており、資金は大丈夫か?と思ったりします。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



  • この記事を書いた人

JUN

新しいモノ、テクノロジー好き。「クルマ好き」に分類されるはずだが、一般にはそれを隠して生きている。クルマだと軽自動車、スーパーカー、電気自動車まで興味を広く持つ。どんなクルマにも作られた人の魂が込められていると信じていて、そのため「よりデザイナーが情熱を注いだであろう」珍車がとくに好き。座右の銘は「情熱と愛情さえあればなんとかなる」。職業は(それが職業と言えるならば)投資家、ブロガー。

->アストンマーティン(Astonmartin), >フェラーリ(Ferrari)

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.