ad-728

>アストンマーティン(Astonmartin) >フェラーリ(Ferrari)

フェラーリ、アストンマーティンは欧州連合の定めるCO2排出規制を満たせず。罰金を科されることに

2016/12/27

Pocket
LINEで送る

フェラーリとアストンマーティンが欧州におけるCO2排出規制の目標値(2015年基準)に達せず、罰金を課されることに。
メディアによるとフェラーリは410,760ユーロ、アストンマーティンは36,370ユーロの罰金とのことなので、額は極めて小さい(達しなかったといっても”あと少し”だった?)ようですね。

現在のところほかに「基準に達しなかった」メーカーは(ランボルギーニですら)指摘されていませんが、オペル、FCA、BMW、フォードは新たに設定される2020/2021年の目標達成に向け「もう少しCO2排出減少の速度を早めるように」という指導があった模様。

なお2020/2021年の目標値は「1km当たりのCO2排出量を95グラム以下」というもので、今以上に厳しい数字となっており、このため各社ともEVやハイブリッド技術については早急に実用化する必要性がありそうです(BMWとはiシリーズを7万台売っているのに指導が入っている、というのは意外)。

フェラーリはおおよそ「ターボエンジン化」が完了しているので次は「ハイブリッド」、アストンマーティンはまだまだ「ターボ化」が完了しておらず、これによってエミッションの引き下げを行うことができそうですね。

->アストンマーティン(Astonmartin), >フェラーリ(Ferrari)