ad-728



>フォード(FORD)

フォードGTの一号車が完成したよ。フォードが内外装、エンジンルームなど動画で公開

2017/05/22

Pocket
LINEで送る

フォードが「GT」の生産をカナダにて開始し、その最初の一台がラインオフ。
ブラックにオレンジのラインを持つ、なんともインパクトのある車両ですね。
なお、フォードGTの第一号車は快調であるビル・フォード氏のものとされていますが、これがその車両かどうかはわからない、とのこと(別に製造されているかもしれない)。

ほかにもレッドやブルーの個体がラインオフする様子が確認できたり、

ヘッドライトが光る様子や室内の一部、エンジンルームも動画では確認できます。

それにしても車体後部の形状は独特で、とうてい公道を走ることができる車とは思えないほど。
フォードGTは年間の生産が250台(営業日を考えると、1日1台くらい?)となっており、4年で1000台を生産する予定。
ですが、途中で「生産ペースが上がった」等の理由で増産を行う可能性もある、と考えています。

関連投稿:フォードGTの製造が開始に。工場の画像が公開されるも作っている人が楽しそう

フォードGTの生産が開始に。
2年かけて250台づつの生産予定のところ人気が高く、さらに生産を2年延長して合計1000台を生産する予定ですが、カナダはオンタリオにある工場で生産されている、とのこと。

フォードGTは3.5リッターエコブースとエンジンを搭載し600馬力を発生(ツインターボとはいえ3.5リッターエンジンからこの馬力とは驚愕)するスーパーカーですが、価格は未公表。
第一次となる500名の当選者については当選方法や当選通知がなされていますが(これには6506名の応募があった)、その後の500名については選考方法などアナウンスがなく、どういった状況なのか今のところ不明です。

なおフォードGTは価格を公表していませんが、「ランボルギーニ・アヴェンタドールと同じくらい(4200万円くらい)」と言われ、さらには高額なカーボンファイバー製ホイールなどがあり、購入総額はかなりの金額となる模様。

画像を見ると、製造しているオッサンがやたら楽しそうですね(ぼくもこの車の製造に関われるとなると同じ表情をすると思う)。

関連投稿:フォードGTのカラーコンビネーションは5600通り。同じ仕様はまず作られない?

ford-GT-66-Heritage-Edition-7

フォードGTのカラーバリエーションはブレーキキャリパーやストライプ、ホイールを含めて全部で5600通りある模様。
年間の生産は250台なので、まず同じ仕様に出会う確率は極めて低いと言えるでしょうね。

現在フォードは申し込みのあった購入希望者を選別中だと思われますが、どういった人々が選ばれるのか、選定後に基準など公開して欲しいところですね。

->フォード(FORD)
-, , ,