>ポルシェ・カイエン関連

カーレックスがポルシェ・カイエンの内装をカスタム。ブラックにアシッドグリーンのアクセント

投稿日:2016/12/29 更新日:

おなじみカーレックスがポルシェ・カイエンの内装をカスタム。
基本的にブラックとなりますが、各部が鮮やかなアシッドグリーンに変更されています。
内装のカスタム手法としては、内装のカラーそのものを変え広い面積でアピールする方法や、このカイエンのようにアクセントカラーを強調するパターンがあると思いますが、後者のほうがまだコスト的には安いのかもしれません。

ただしこのカイエンについてはシートも全て張り替えられており、かなりコストがかかっているのは想像に難くないところ。
シートはブラックレザーにアルカンタラ、そしてグリーンのパイピングとステッチですね。

シートベルトもグリーン、内装の樹脂パーツも一部グリーン。

エアベントもグリーン。
ステアリングホイールのスポーク部やダッシュボード上のスポーツクロノウォッチ(ベゼル)もグリーンにペイントされています。

センターコンソールはカーボンパーツ+グリーン。

アルカンターラ部はパーフォレイト仕上げ(穴空き)のようですね。

ここまでやるのにはいったいいくら必要なんだろう、と思います(ぼくは内装カスタムに強い興味を持っており、できることなら一度はこういったカスタムを行ってみたい)。


関連投稿:Carlexがポルシェ911カブリオレの内装をカスタム。画像を公開

内装スペシャリスト、カーレックスがポルシェ911カブリオレの内装をカスタムした画像を公開。

例によってほぼ全部張り替えたもので、かなり手が込んでいますね。
それなりに費用は必要だと思われますが、内装は常に手に触れる/目に入る部分でもあり、お金をかけただけの満足は得られそうです。

関連投稿:内装スペシャリスト、Carlex Designによるマカンのインテリア

Carlexデザインによる、ポルシェ・マカンの内装カスタム。
以前に紹介した日産GT-Rもそうでしたが、赤と黒を使用することが多いようですね。

独特のデザインで、チューナーのようにカーボンに偏らず様々な素材を使用しているところは非常に面白いと思います。
方向性についても、やたらとレーシーな方向ではなく独自性があって良いですね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

こちらもどうぞ。人気記事

1

| 乗ってゆくクルマでディーラーの対応は間違いなく変わる | 高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、 ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

この記事のもくじ この2年ほどでニュルブルクリンクのラップタイムは大きく短縮それではニュルブルクリンクのラップタイム「トップ100」を見てみようこちらもオススメ、関連投稿10選 この2年ほどでニュルブ ...

4

スーパーカーを購入したことで何かが変わったか? 最近ふと「スーパーカーを購入して変わったこと」について考えることがあります。 まず、スーパーカーを購入して何かが変わったかという問いに対しては、間違いな ...

5

さて、ランボルギーニ・ウラカンの12ヶ月点検が終了したということもあって、ここでこれまでの点検やメンテナンス、税金、保険、カスタムにかかった費用をまとめてみたいと思います。こうやって見ると「毎年けっこ ...

->ポルシェ・カイエン関連
-, , , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.