>BMW(ビー・エム・ダブリュー)

やはりBMW 8シリーズは大人気!またまた納車がはじまっていないのにチューナーが「621馬力チューン」を公開

マンハートは「マンハートらしい」ブラックとゴールドで攻めてきた まだ納車が開始されていないにも関わらずチューナー各社がチューニングメニューを発表しているという異例のニューモデル、「BMW 8シリーズ」。エンジンやトランスミッション含むドライブトレーンが既存モデルと共通ということからチューン/カスタムの予測を行いやすいためだとも思われますが、やはりその人気の高さがこれらチューナーを動かしている、と言えそう。 BMW 8シリーズはBMWにとって久々のラグジュアリークーペであり「ビッグネームの復活」。メルセデス ...

ReadMore

>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) >レンジローバー/ランドローバー(RangeRover)

メルセデス・ベンツのトラック「Xクラス」が6輪化!外装フルカーボン、ブレーキはカーボンセラミック

内装チューナーがトラック専門ブランドを立ち上げ。メルセデス・ベンツXクラスをハードにカスタム 内装スペシャリスト、「カーレックス」が新たにトラックにフォーカスしたチューニングブランド「ピックアップデザイン」を立ち上げ。そして今回その第一弾としてメルセデス・ベンツ初のピックアップトラック「Xクラス」のカスタムを公開しています。 ただしその内容は「ただのXクラスのカスタム」ではなく、なんとメルセデス・ベンツG63 AMG 6×6ばりに「6輪化」。たしかに以前カーレックスはXクラスのカスタムカーを公開していたも ...

ReadMore

>マクラーレン(McLaren) ■ニュース

【動画】1000万円チョイで格安のマクラーレン12Cを購入した男。トラブルを乗り越えて幸せになれるか?

| トラブルを承知で格安マクラーレンを購入したユーチューバー。果たしてどうなる? | ユーチューバー、Tyler Hoover氏が格安のマクラーレンMP4-12Cを購入。 MP4-12Cはマクラーレンの市販車部門、マクラーレン・オートモーティブ初の量産ロードカーで2011年に発表されています。 発表時は「MP4-12C」という名称で、その後スパイダー版が2012年に登場した際に「12C」へと改名。 そして650S登場にあわせて生産の一時休止が発表され、そしてそのまま「二度と戻らぬ人」となっています。 なお ...

ReadMore

>マセラティ(Maserati)

その名は「高貴」。マセラティがギブリ、レヴァンテ、クワトロポルテに貴族的なスペシャルモデルを追加

| マセラティが見るからに高貴なスペシャルエディションを発表 | 残念ながら北米市場専用にはなるものの、マセラティがギブリ、クワトロポルテ、レヴァンテに対してスペシャルモデル「Edizione Nobile(エディツィオーネ・ノービレ)」を設定。 これは高級グレードの「グランルッソ」のみに選択可能なオプションという扱いになるようですが、これを選ぶとボディカラーは3層コートの「Blu Nobile」、20インチホイール、シルバーのブレーキキャリパーが専用装備として与えられることに。 こちらもオススメ、関連投 ...

ReadMore

>BMW(ビー・エム・ダブリュー) ■ニュース

内装チューナーがBMW M3をカスタム。非レザーを使用した新感覚インテリアに

内装だけじゃなく外装もしっかりカスタム ブルガリアの内装スペシャリスト、VilnerがE30世代のBMW M3の内外装をカスタム。Vilnerはリマック・コンセプト・ワンの内装を担当するなどその高い技術が認められたショップですが、外装をカスタムするケースは非常に希。しかしながら内装で培った高いカスタムセンスが遺憾無く発揮され、外装も非常に美しい仕上がりに。 こちらもオススメ、関連投稿BMW135iにM3のV8エンジンを積んだ挙句ボアアップしたツワモノ登場(動画あり)BMW M3に超アメリカンな30周年記年 ...

ReadMore

>フォード(FORD) ■ニュース

現代風にカスタムされた初代フォードGT。ハードカスタムで1000馬力を発生

フォードGTの発売は意外と新しくて2005年だった 先代フォードGTはアメリカ初のミドシップスーパースポーツとして知られますが、その生産は1,500台のみという希少車。ただし、それでもフォードGTをカスタム/チューンするオーナーは多く、このオーナーもその一人、ということになりますね。 なお、フォードGTについては、クライスラーにて「ヴァイパーのミドシップ化計画を進めていた人物がフォードに移籍して実現させたプロジェクト」である、という衝撃の事実も明かされています。 知られざる過去。ダッジ・ヴァイパーもミドシ ...

ReadMore

>アストンマーティン(Astonmartin) ■ニュース

内外装はモノトーンで統一。世界で28台のみ、アストンマーティン・ヴァンキッシュ・ザガート・スピードスターが2億円で販売中

| あまりに美しいアストンマーティン・ヴァンキッシュ・ザガート・スピードスター | アストンマーティン・ヴァンキッシュ・ザガート・スピードスターが中古市場に登場。 走行わずか17キロの個体がJames Editionに登録されていますが、その価格はなんと2億円。 アストンマーティン・ヴァンキッシュ・ザガート・スピードスターは「クーペ」「ヴォランテ」「シューティングブレーク(ワゴン)」とともにリリースされた限定シリーズのひとつで、その中でも最も少ない限定台数「28台」を誇るレアカーです。 「2億円」というと ...

ReadMore

■その他自動車関連ニュース・ネタなど ■近況について ■駄文(日々考えること) ■ニュース

ボクがよくみる車の夢「狭い路地」「ぶつける」「やたら小さい車に乗っている」の意味を調べてみた!こんなことを暗示していたぞ

ぼくは自分の見た夢を克明に記憶している さて、ぼくは自分の見た夢をかなり正確に記憶しており、かつそれを思い出すことが可能。よって色々と思い起こしてみると「いくつかのパターン」に分類されますが、「クルマ」に関する夢は大別して下記の三つ。 大きなクルマに乗る羽目になり、車庫入れや狭い路地で苦労する自分が運転している車をぶつけたり破損してしまうなぜか、やたら小さな車に乗っている こちらもオススメ、関連投稿こんな夢を見た。「猫と銭湯に」「ただ穴を掘る」「宝探しで小判を探し当てる」ポルシェ718ケイマンのキーホルダ ...

ReadMore

>その他アメリカ車 ■ニュース

こういったジープもアリ!2ドアクーペのアクティブなオフローダー、「ジープ・フリーダム・コンセプト」

ジープがこれからシェアを広げようとすると、今と違うデザインの別ラインを投入するしかない レンダリング・アーティスト、アントニオ・パリア氏が作成したレンダリング「ジープ・フリーダム・コンセプト」。文字通りジープのコンセプトカーとなりますが、なんとボディ形状は「2ドアクーペ」。かつ、これまでのジープにはない(違う意味で)エッジの効いたデザインを持っています(7つのスリットをモチーフにしたフロントグリルは健在)。 こちらもオススメ、関連投稿ジープが自ら7つのカスタムモデルを公開。スピード系、レトロ系、「Gクラス ...

ReadMore

>BMW(ビー・エム・ダブリュー) ■ニュース

明るいカラーの大型セダンは魅力!BMWアブダビがイエローのカスタムM5を公開

BMWアブダビは派手なボディカラーを持つサルーンが好み いつも様々なカスタムカーを公開するBMWアブダビが、今回オースティン・イエローのBMW M5コンペティションを公開。この「オースティン・イエロー」はBMWがもともと持っているボディカラーではありますが、M5には標準で設定されておらず、それを正規ディーラーであるBMWアブダビが、BMWのカスタム・プログラム「インディビデュアル」を使用して特別にオーダーした、ということになります。 なお、BMWのボディカラーは「フェニックスイエロー」「ダカールイエロー」 ...

ReadMore



>ランボルギーニ・アヴェンタドール関連

【まとめ】ランボルギーニ・アヴェンタドールのカスタムにはどんなものがある?個人によるカスタム系

更新日:

ランボルギーニのフラッグシップ、「アヴェンタドール」。
フェラーリでは(V12モデルより)V8モデルの方が人気が高いもののランボルギーニだと(V10モデルより)V12モデルの方が人気が高く、予定していた台数をはるかに超えて生産されています。

そのために多くのオーナーが存在しカスタムも多種多様ですが、ここでアヴェンタドールのカスタムについてどういったことをしている人がいるのか、をまとめてみました。
ここでは「(チューナーではなく)個人」が行なっているであろうカスタム/チューンを取り上げてみます。








ロンドン・ナイツブリッジが大騒ぎに。派手なラッピングのアヴェンタドール他

なにかのイベント?ロンドンはナイツブリッジに集合した車たち。
派手なラッピングのランボルギーニ・アヴェンタドール、珍しいクリーム色のフェラーリF12、ブルークロームのマセラティ・グランツーリズモ など。

ランボルギーニ・ニューポートビーチにてハードにカスタムされたアヴェンタドールが販売中

ランボルギーニ・ニューポートビーチにて、ハードにカスタムされたアヴェンタドール・ロードスターが販売中。
リバティウォークのフロントバンパーはじめフルエアロ状態で、カーボンパーツも満載。
ホイールはジョバンナ製で、車体に合わせてペイントされています。

内装はほぼ純正のままかと思いますが、おおよそぼくが注文したウラカンと同じ配色(黒ベースにシートとセンターコンソール、ドア内張りの一部が白)なので、自分もウラカンも内外装含めてこんなイメージなんだろう、と想像したりします。

ちなみに価格は邦貨換算で5400万円ほどなので、現地の新車価格よりも高価なのだと思います。
日本では(売却時、中古車販売時に)カスタム分はほとんど加味されませんが、彼の地ではそれが評価されるのか、もしくは北米でもアヴェンタドールの需要が供給よりも高く、新車と中古車価格との逆転現象が起きているのかもですね。

オランダより、カモフラージュ柄のランボルギーニ・アヴェンタドール

迷彩柄のランボルギーニ・アヴェンタドール。
ラッピングによるものを思われますが、パターンが小さく、けっこう間がかかっていそうです。なお、外装にもカーボン製オプションパーツが入っており、もともとかなりお金がかかっていそうですね。
迷彩はもともと「目立たなく」するためのものですが、自動車の場合、そして街なかだと逆に目立つのに使える、という逆説的なところも面白いと思います。

最高のマッチング。赤いランボルギーニ・アヴェンタドールに黒いホイール

レッドのランボルギーニ・アヴェンタドールに黒いホイール。
黒いホイールはたしかアヴェンタドールの2年目に鍛造ホイールとともに追加されたオプションだと記憶していますが、それにしても似合いますね。
ウラカンも同様に、ビジネスイヤーが切り替わった頃に(つまり今ですが)黒いホイールが追加されるといいなあ、と考えています。

なお、注目したいのはサイドステップなのですが、ときどきこのサイドステップを装着したアヴェンタドールを目にします。
見たところガヤルドと同じもののように見えますが、アヴェンタドール用にこういったパーツがあるのか(純正ではないはず)、ガヤルド用を流用しているのかは不明です。

マットパープルのラッピングが施されたランボルギーニ・アヴェンタドール

これは珍しい、マットパープルのランボルギーニ・アヴェンタドール。
もとはマットブラックだそうですが、後にマットパープルにラッピングされたようです。

15743302

この色分けは新しい。ゴールド&ブラックのランボルギーニ・アヴェンタドール

この色分けは新しい、ランボルギーニ・アヴェンタドールLP700-4。
もとはマットブラックと思われますが、その上にゴールドのラッピングを施したものでしょうね。GAMBALLなどラリーイベントの影響でどんどん派手な車が増えていったり、派手な車に対して耐性がついてきたような気がします。

lamborghini-aventador-lp700-4-c157215072014055455_8

lamborghini-aventador-lp700-4-c157215072014055455_9

これほどゴールドの似合う車も他にない。クロームゴールドのアヴェンタドール

ゴールド&ブラックのアヴェンタドール。昨年はスキーボックスをルーフに装着し、BAPEカモのラッピングを施していた個体が衣替えした模様。
しかしアヴェンタドールほどゴールドカラーの似合う車も無いように思います。

ヘビ革ラッピングが施されたランボルギーニ・アヴェンタドール。ホイールのカラーも秀逸

CL Auto Decorationによる、ヘビ革風ラッピングが施されたランボルギーニ・アヴェンタドール。
ホイールのカラーまできっちり合わされており、黒と青い部分とのバランスも秀逸であります。

かなり再現性の高い、50thアニヴェルサリオ風ランボルギーニ・アヴェンタドール

ランボルギーニ・アヴェンタドール50thアニヴェルサリオ風のカラーリングを身にまとったアヴェンタドール・ロードスター。ランボルギーニはパーツの境界とプレスラインが明確なので、こういったカラーリングがよく似合いますね。
先日のアストン・マーティンとは、また別のカスタム方法がランボルギーニには似合うわけですが、自動車メーカーによって似合うものが分かれているのは非常に面白いと思います。

ランボルギーニの場合、このようなカスタムを行おうとすると、「パーツ単位」で行えるので、比較的容易かつ費用が抑えられるかもしれません(アストンやポルシェのガルフ・カラーに比べると)。

それにしてもなにか新型が出ると、すぐに同様のカスタムが出てきますね。

マクラーレンっぽいカラーのランボルギーニ・アヴェンタドール

マクラーレンっぽいカラーリングのランボルギーニ・アヴェンタドール。おそらくもとの色はブラックで、それにシルバーとレッドのラッピングを施したものと思われます。
シルバーの部分はよく見るとステンレスやアルミのヘアライン仕上げ風ですね。

最近は単に色を変えるだけではなく、金属調や皮革調、ベルベット調など、素材感まで変えることができるラッピングが増えており、カスタムの幅が広がりましたね。

なお、パーキングセンサーが付いている車両はラッピングが非常に困難であるように思えます。
(実際には可能だと思いますが、非常に手がかかりそう)

これはこれでシック。ゴールドのランボルギーニ・アヴェンタドール

ゴールドのアヴェンタドール。
ただしこちらはクロームではなく、落ちついたゴールドです。
これはこれで、また似合いますね。

ドアを開けた画像を見ると、ドアの内側がブラックですので、もとはブラックの車両にゴールドのラッピングを施したのかもしれませんね。

これは見事。キャリパーまでピンクな、ランボルギーニ・アヴェンタドール

これは見事な、ピンクのアヴェンタドール。
以前も英国でピンクのアヴェンタドールが紹介されましたが、あちらはマット仕上げでしたね。
こちらはグロス仕上げで、キャリパーまでピンク。

最近はこういったスーパーカーのカスタムが増えてきており、見ているだけで楽しいですね。

ランボルギーニ・アヴェンタドールとストームトルーパーズ

ランボルギーニ・アヴェンタドールとストームトルーパーズ。

1426413_646268848773133_1374527855_n

もしランボルギーニ・ウラカンを購入することがあれば、ボディカラー候補として黄色、オレンジ、白と考えていますが、こういった画像をみると「やっぱ白だよなあ」と考えてしまいます。

ぼくは比較的白いボディカラーが好きなのですが、ストームトルーパーの影響もあってか、「青白い」タイプの白が好きなのですね。

ポルシェで言えば、キャララ・ホワイトよりもグレッシャー・ホワイト派です。

ちなみにアウディは同じ「白」でもけっこうバリエーションが多く、青白っぽい白やグレーっぽい白がありますね。

美しいグリーンのランボルギーニ・アヴェンタドール in ドバイ

美しいグリーンのランボルギーニ・アヴェンタドール in ドバイ

鮮やかなブルーやレッド、イエローというものはコンパクトカーにもよく見られますが、グリーンというのは意外と設定が少ないですよね。

黒とオレンジ。コントラストの強いカラーリングのランボルギーニ・アヴェンタドール

オーストラリアにて、やたら格好良いランボルギーニ・アヴェンタドール。

lamborghini-aventador-lp700-4-c556302122013094008_1

リヤのランボルギーニ文字までオレンジにペイントするなど、細かいところまで手が入っています。

lamborghini-aventador-lp700-4-c556302122013094008_3

ナンバープレートも黒オレンジとなっていますが、公道を走行しているところを見ると、合法にこういったものが選べるのでしょうね。

アヴェンタドールは意外とこういった感じで手を入れている個体がネット上に出てきますね。

これはムルシエラゴ時代にはあまり見られなかったことで、ラッピングの普及によるところも大きいのかもしれません。

スキーボックス付きのランボルギーニ・アヴェンタドール

スキーボックスを取り付けたランボルギーニ・アヴェンタドール。

ヨン・オルソンのものではないですが、それを連想させますね。

なお、取り付け方法は一般的に見られるキャリアを改造して取り付けているようで、さらにはポールでボックスを支えています。
この点、ヨン・オルソンのものは美しいステーで支えられており(ムルシエラゴのウイング用ステーを流用?)、完成度が高いと思います(かかった金 額もケタ違いと思いますが)。

なお、ぼくはガヤルドのトンネルバック部に車体とデザインを合わせたジェットパックを装着したいなあ(ガヤルドはものを収納する場所が少ないので)と考えたことがあります。
トンネルバック部はその段差がジェットパックを装着するのにちょうどいいのですね。

違和感なし。クロームゴールドのランボルギーニ・アヴェンタドール

Lamborghini photo at LamboCARS.com

ゴールドカラーのランボルギーニ・アヴェンタドール。
まったく違和感なくまとまっているのがアヴェンタドールのこれまたすごいところだと思います。
普通に考えるとトンデモナイ色なのですが、アヴェンタドールの形状そのものも現実離れしているためか、素晴らしいマッチングだと思います。

ラッピングの技術も進化し、こういったクロームなど塗装では実現できなかったカラーが表現できるようになったのは良いことですね。

"ブロンゾ・マサル”のランボルギーニ・アヴェンタドール・アニヴェルサリオ・ロードスター

”Bronzo Masaru"という特殊カラーにペイントされたLamborghini Aventador LP720-4 50th Anniversario Roadster。

日本での納車ということですが、カラー名はおそらくオーナーさんの名前なのでしょうね。

なんとも上品な色で、室内もシックだと思います。

アヴェンタドールLP720-4アニヴェルサリオは日本にも何第可能社されていますが、黄色、青、黒は今まで報道されていますね。

ついに完成。マクラーレン風?なランボルギーニ・アヴェンタドール

以前も紹介したマクラーレン風カラーリングのランボルギーニ・アヴェンタドール。施工中であったものが仕上がったようですね。

シルバーに見えるところはヘアライン風になっており、各部の色分けやロゴなど、かなり凝った仕様になっています。

今度はアド・ペルソナム。DJアフロジャックのランボルギーニ・アヴェンタドール

DJアフロジャックのアヴェンタドール。
以前はマットブラックのアヴェンタドールに乗っており、それを売りに出したことが報じられていましたが、今回はアド・ペルソナムによってカスタムされたアヴェンタドールのようですね。

ドバイにて、ランボルギーニ・アヴェンタドールLP720-4ロードスター 50thアニヴェルサリオ

ドバイにて、ランボルギーニ・アヴェンタドールLP720-4ロードスター 50thアニヴェルサリオ。
サイドステップ、ホイールが交換されているようですね。周辺の車もドバイならではと思いますが、それにしてもドバイはSLS AMGが多いように思います。

中国ではなくカナダから。「ギャラクシー」ラッピングのランボルギーニ・アヴェンタドール

カナダより、ランボルギーニ・アヴェンタドール・ロードスターの「ギャラクシー」ラッピング。
中国はじめ、一部では見られていたものですが,今回はカナダのDelux Supercar Clubによるものです。

オランダにて、カモフラージュ柄のランボルギーニ・アヴェンタドール

オランダにて、カモフラージュ柄のランボルギーニ・アヴェンタドール。
マットブラックの上にグリーンやブラウンなどのカモ柄を貼っているようですね。
良く見るとカーボンの外装パーツが装着されており、けっこうオプションが装着された個体のようです。

何度見てもナイス。グレー×赤×ブラックの色分けが施されたランボルギーニ・アヴェンタドール

何度見ても素晴らしい、3色使い(ブレーキキャリパーを入れると4色)のランボルギーニ・アヴェンタドール。
通常「3色」を使うのは難しく、しかしこれはアヴェンタドールのボディラインにあわせて見事に色を切り替えています。なお、グレーの部分はステンレス風のヘアライン仕上げになっていますね。
ドアミラーのラインは単純ですが面白く、ぼくも裏感が納車されたらドアミラーに(ブレーキキャリパーと同じイエローの)ラインを入れてみようか、と考えたりします。

lamborghini-aventador-lp700-4-c525807072014212900_5

lamborghini-aventador-lp700-4-c525807072014212900_6


関連投稿:一体何台保有?DJアフロジャックのランボルギーニ・アヴェンタドール・ロードスター

何台持っているのかわからないほどランボルギーニ・アヴェンタドール大好きのDJアフロジャック。
今回はアヴェンタドール・ロードスターですね。

日本的感覚だとDJでそこまで稼げるとは思えないのですが、国が違うと稼げる職業もずいぶん違うものだと思います。
なお、プロボクサー、プロスキーヤーも同様で、日本ではなかなか稼げませんが、欧米ではかなりの高収入を得ることができるようですね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



->ランボルギーニ・アヴェンタドール関連
-, , , , , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.