ad-728

>ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど >ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA) >フェラーリ(Ferrari) >その他ポルシェ関連/ニュース

2015年、自動車メーカーでもっとも検索されたのは「ホンダ」。ランボルギーニは4位、その他は?

2017/01/03

Pocket
LINEで送る

Googleが2016年にアメリカで最も検索された自動車メーカーのランキングを発表。
これによると1位はホンダ、次いでテスラ、メルセデス・ベンツ、ランボルギーニ、ボルボ、フォード、ジャガー、ベントレー、マセラティ、ロールスロイス。
つまりホンダが一番人々の興味をそそった、ということになりますね。

そしてもうひとつ興味深いのは「ランボルギーニ」。
フェラーリやポルシェ、マクラーレンがベスト10に入っていないにもかかわらず、4位にランクインしています。
チェンテナリオの発表が影響しているのかもしれませんが、フェラーリもラ・フェラーリ・アペルタほかニューモデルも多く登場しており、意外な結果ではありますね(調査会社による”ブランドバリュー”ではフェラーリが自動車メーカーではブッチギリでトップ)。

なお、下記は日本における「ランボルギーニ、フェラーリ、ポルシェ」の検索トレンド(Google Trend)。
ブルーがランボルギーニ、レッドがフェラーリ、イエローがポルシェの検索トレンドそれぞれを表しています。

2012年の1月からの表示となりますが、2012年1月と2016年12月との比較だと、ランボルギーニは180%、フェラーリは100%、ポルシェは87%。
つまりここ3年位でランボルギーニで検索した人は1.8倍、フェラーリは変わらず、ポルシェは10%くらい減った、ということに。
ランボルギーニは地味ですがジワジワとその検索ボリュームを増やしており、いつの日かフェラーリを逆転する日が来るかもしれませんね。

->ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど, >ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA), >フェラーリ(Ferrari), >その他ポルシェ関連/ニュース
-, , , ,